南紀勝浦温泉リゾートホテル「越之湯」の夕食・朝食バイキングを食べ過ぎて確実に太った件。

「越之湯」のバイキングで食べ過ぎないわけがないッ!
 
南紀勝浦にある「越之湯」は一泊7800円で夕食・朝食バイキング&オーシャンビューな広い部屋、多様な温泉など魅力いっぱいのリゾートホテルに2泊した草食男子(僕)ひとり旅。
 
 
今回はホテル自慢の夕食・朝食それぞれのバイキングで美味しすぎてマジで食い倒れた僕の食べっぷりを紹介させていただきます。

Sponsored link

 
15-veg-20121030-koshinoyu

熊野三山めぐりをするために越之湯に2泊した草食男子こと僕Kazzくん。
 
■一泊7800円(2泊目はなんと連泊キャンペーンで3900円)
 
 
今回はホテルに直接電話で予約しました。
 
 
温泉|南紀勝浦温泉の宿 越之湯|湯快リゾート公式
公式ページ、参考にどうぞ。

7800円というリーズナブルな価格ということで食事の質については正直まったく期待してなくて、とりあえず食べられればいいや〜的な気持ちで初日の夕食会場に入った僕は大きな衝撃を受けたのでした!
 

■ホテルの検索はこちらからどうぞ

「楽天トラベル」で検索してみる
「じゃらん」で検索してみる
「Hotels.com」で検索してみる
「一休.com」で検索してみる
「るるぶトラベル」で検索してみる
 
 
   – 世界最大の口コミサイト – トリップアドバイザー
   ←旅行の口コミはこちらを参考にどうぞ。


 
 
(*)【熊野巡り】の宿泊ならリゾートホテル南紀勝浦温泉「越之湯」が絶景・美味い・安くてオススメ! | ベジップルズ-Vegepples
湯快リゾート「越之湯」の宿泊レポート、参考にどうぞ。

■部屋と温泉も素晴らしかった湯快リゾート「越之湯」宿泊レポートもぜひご覧ください。
 
11-veg-20121030-koshinoyu

■夕食バイキングはこんな感じ

 
席に案内された僕はさっそく料理を盛りつけに行ったそこで見たものが、
 
数えきれないくらいのごちそうの山!山!山!
 
偏食すぎる僕でも食べられる料理が山ほどあったのでした\(^o^)/
 
12-veg-20121030-koshinoyu

1日目の夕食、こんな感じで小分けできるトレイに盛り盛りしてきました!
 
草食料理6品+海老チリ+鯖-さば-寿司+焼きそば
 
我ながらオシャレな感じに盛りつけたと感心です(笑)
 
25-veg-20121030-koshinoyu

メインはお寿司をいただきました!
 
もちろん食べ放題なのでピョン吉のように食べまくることも可能ですが、時間が9時近かったこともあり1トレーで終了。明日はいっぱい食べるぞー。
 
08-veg-20121030-koshinoyu

とか言いながらカレーを発見したので小皿で食べました(笑)
 
カレーにサラダ用のブロッコリーとコーンを入れて即席野菜カレーの出来上がり!
 
13-veg-20121030-koshinoyu

さらに食欲が点火してしまいスイーツを2種。
 
勝浦温泉リゾートの海と夜景を眺めながら、珈琲を飲んでまったりです。
 
18-veg-20121030-koshinoyu

会場の客席はこんな雰囲気。
 
関西弁がばりばりに飛び交って皆さんとても楽しそうに食事されています。
 
26-veg-20121030-koshinoyu

Sponsored link

ハイこれが2日目の夕食です。
 
初日の経験を活かして、おかず9品+勝手に作ったマグロ海鮮丼とエビチリ丼(笑)
 
07-veg-20121030-koshinoyu

中華料理も充実したなかで偏食な僕が食べられる海老チリを炒飯の上に盛りました。
 
会場で海老チリ丼にして食べていたのはたぶん僕だけでしょう。
 
04-veg-20121030-koshinoyu

2日目の夜、基本のお惣菜は同じでしたが
 
お蕎麦料理や厚揚げ料理などがあり、日によっておかずも変化するようです。
 
20-veg-20121030-koshinoyu

南紀勝浦といえばマグロが超有名!
 
ということでこれもお刺身のマグロ+サーモンなどをご飯に盛って海鮮丼の出来上がり!
 
これにわさび醤油をぶっかけていただきました。
 
16-veg-20121030-koshinoyu

■朝食バイキングはこんな感じ

 
ふだん朝ご飯を食べないわがままボディーな僕(@ka__zz)ですが、旅先のモーニングは別腹wということで越之湯でもたくさんいただきました。
 
   – 世界最大の口コミサイト – トリップアドバイザー
   ←旅行の口コミはこちらを参考にどうぞ。


 
10-veg-20121030-koshinoyu

1日目の朝食、まずは軽くサラダとフルーツとクリームスープ
 
野菜不足(ビタミンと繊維)になりやすい、好きなものばかり食べる旅行の食事
 
サラダをがっつり食べるのは長旅で健康を保つ秘訣ですね。
 
02-veg-20121030-koshinoyu

サラダとフルーツをそれぞれおかわりして、
 
ご飯、お吸い物、卵焼き、きんぴらごぼう、焼き海苔を盛ってきました。
 
06-veg-20121030-koshinoyu

2日目の朝食は、こんな感じ。
 
これを盛りつける前にサラダとフルーツをいただいてます。
 
14-veg-20121030-koshinoyu

地元特産の青のりの佃煮、これが絶品でした。

それから金山寺味噌(トレー右上)も美味しかったので売店でお土産に買いました。
 
17-veg-20121030-koshinoyu

最後に、「バイキングの材料で勝手に作ったお茶漬けダシあおさ海苔うどん」
 
うどんにお茶漬けのダシをおつにかけてあおさ海苔を振りかけました。
 
我ながらとても美味しくてビックリ、将来自分のお店を持ったら商品化しよう(笑)
 
23-veg-20121029-koshinoyu

■湯快リゾート「越之湯」バイキングまとめ

・料理の種類がハンパなく多い!
・草食な人も肉食の人も大満足できる味!
・うどんは普通だが、ラーメンまで食べ放題(湯切りを自分でやる)
・バイキングの料理で勝手にオリジナル料理を作るのが楽しい!
・窓際の席で海を眺めながら食べると気分がイイ
・食べ過ぎに注意
・関西なので会場はまるでお祭り騒ぎで楽しい!

 
 
■湯快リゾート「越之湯」のデータ
 
場所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川1108
電話:0570-550-378
チェックイン/アウト:15:00 / 12:00
価格目安:大人1人・シングル7800〜12000円 (プランによって異なります)
アクセス:紀伊勝浦駅から送迎バス有、タクシー3分、徒歩15分
駐車場:いっぱい有
 

大きな地図で見る

Sponsored link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。