「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観てきた!衝撃の内容。しかしマリ・イラストリアスがかっこ可愛いすぎる!

 
みなさんこんにちは〜(´▽`)ノ♪

ヱヴァンゲリヲンの最新作を待ちに待って待ちくたびれていた草食男子のKazzくんです。

いざ公開となって速攻行きたかったのですがバタバタ、しかし先日友人Hide氏を誘ってようやくエヴァの新劇場版:Qを友人と観てきました!

Sponsored link

 
日本中のエヴァマニアたちが待ちに待った続編に、全国的にお祭り騒ぎ。
 
 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式サイト
公式サイト、参考に。

 

僕自身も前作「破」のラストで使途に融合されてしまった綾波を助け出したもののサードインパクトが発動してしまった、その続きがとても気になっていただけに先週末「序」を観直し、昨日「破」を観直して万全の準備をととのえて「Q」にのぞんだ次第です(笑)
 
eve
 
観終わった感想はというと、、

興奮と寂しさと期待がアタマと感情に渦巻いた感じかなぁ。

まずは「破」のラストで発動されたと思われたサードインパクトはカヲルくんが乗るエヴァが投げたロンギヌスの槍によって、どうやら途中で止まったみたい。「Q」はその後の話なんだけど、おなじみのミサトさんやアカギ博士、そしてアスカなどからケチョンケチョンに叩きのめされるシンジ君

そしてただでさえ暗かった綾波がさらに暗く..
 
 
– ヱヴァンゲリヲン:Q ブルーレイ版発売中 –

 
などなど人間の葛藤や悩みをさらに深〜くまで描写。

Sponsored link

緊迫感がつづく内容がずっとつづく感じでした。

今までだと、激しい戦闘が終わったりするとミサトさんが「ぐびぐびぐび、ぷは〜〜ッ」と缶ビールを豪快に飲んで酔っぱらったりして緊張感を和らいでくれるのですが、そんな酒豪ぶりはいっさい無しのツンツンっぷり。

エヴァに乗るチルドレンたちからその他登場人物、そして地球と人類の運命が予想もできない展開に。そのカギを握るのは、シンジ君の父であり人類補完計画の指導者ゲンドウ氏なのであります。僕ら人類の魂の進化にとって一度、全人類が肉体から離れる、という話もわからなくもないけど、もう少し自分の息子に優しくしてやってちょうだいよゲンドウさん(笑)

 

さてラストはネタばれになってしまうので詳しくかけませんが、どん底まで堕ちたシンジ君とたくましく生きるアスカ、そして謎だらけの綾波の3人のシーンで終わりました。

僕にとってはとても面白く楽しめた内容でしたが謎が多く残ったので早く続きが知りたい!

– Commercial –

 
「破」から登場した真希波マリ・イラストリアス、僕が好きなキャラなのですが今回も大活躍。しかし謎の多い彼女の正体も結局は謎が増すばかりの展開でした。
 

 
いろいろ気になる!気になるー!

次回はいよいよ最終章(だと思う)、公開が待ち遠しい!

 

って、ことで早く庵野さんにがんばって制作していただきたいと心から願います♪

 



Sponsored link



共感したらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhoneSEとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。