食べ過ぎ注意!【ナタラジ銀座店のビュッフェ】自然派インド料理ランチがお得。

死ぬ直前に食べたい料理と聞かれたらカレーと答える草食男子Kazzくんです。
 
 
今回は、念願だった「自然派インド料理店ナタラジ」の平日ビュッフェランチを食べることができました!サラダ、カレー、ナン、サフランライス、スイーツ、ドリンクが食べ放題で1100円、しかも銀座のど真ん中で(´▽`)ノ

Sponsored link

 
01-veg-20130412-nataraj

東京メトロ銀座駅A2出口を出たら、そこはもう絵に描いたような銀座の街。

みゆき通り方面に歩いて1分にあるビルの7〜9階に「ナタラジ」はありました。
 
13-veg-20130412-nataraj

ビルの7階〜9階をナタラジが独占しており、7階がビュッフェ会場となります。

はじめ9階→8階に行ってしまい(´Д`)?となってしまいました。
 
 
Indian Restaurant Nataraj 銀座トップ
お店の公式ページ、はじめてご利用される方は、フロア案内とメニューをチェック。

 
キレイな女子スタッフさんに案内されて席につくと、そこからビュッフェのスタート。
 
 
■ビュッフェランチ 1100円
 
※ビュッフェ以外にもランチメニューがあって注文することもできるみたいです。
 
14-veg-20130412-nataraj

メニューはサラダ、ドレッシング、日替わりカレー4種類、天然酵母のナン2種類、サフランライス、キール、珈琲、紅茶があって材料はぜ〜んぶ植物性です。
 
 
銀座店 メニュー・ランチ
公式ページのメニューです。

 
ちなみにビュッフェランチは平日のみですのでご注意ください、以前ビュッフェ目当てで土曜日に行ったしまったことがあるベジタリアンな乙女男子です(笑)
 
02-veg-20130412-nataraj

僕的なビュッフェの基本、最初はサラダをガッツリと食べます。

大皿の半分にサラダ、器には「ほうれん草と大豆ミートのカレー」と「南瓜のクリーミーカレー」を盛りました。
 
03-veg-20130412-nataraj

それではいただきます。

たっぷりのほうれん草大豆ミートがごろごろ入ってます。

サラダとカレーをそれぞれおかわりしたところでいよいよメインの盛りつけです。
 
05-veg-20130412-nataraj

ご飯×カップ2とほうれん草大豆ミートのカレー(気に入りました)と「ひよこ豆とにんにくのカレー」をお皿いっぱいに(笑)

それから、ふつうのナンと小松菜のナンを一枚ずつ、そしてサラダです。
 
08-veg-20130412-nataraj

草食男子オリジナルの2色カレー!

盛りつけは陰陽マークをイメージしました(笑)
 
07-veg-20130412-nataraj

Sponsored link

炭火で焼いた小松菜のナンは緑色、ほのかに葉っぱの香りがします。

これも食べ放題だなんて、しあわせですね。
 
09-veg-20130412-nataraj

やっぱりカレーにはご飯が合うなあ!

植物性のカレーということでコクがあるのにサッパリしています。
 
10-veg-20130412-nataraj

遠慮なく、食欲にまかせて自由な気分で食べられるのがビュッフェの素晴らしさ。

王様になった気分で、もりもり食べましょう。
 
 
(*)自然派インド料理「ナタラジ南青山店」でカレーバイキングを食べ損ねた週末のランチ。 | ベジップルズ-Vegepples
ナタラジ青山店で食べた週末ランチの記事、参考にそうぞ。

 
11-veg-20130412-nataraj

2つのカレーをミックスして味わってみました。

10人いれば10通りの食べ方が出来るのがビュッフェの楽しさですね。
 
12-veg-20130412-nataraj

お腹いっぱい、というか食べ過ぎました間違いなく(笑)

欲望にまかせ過ぎた草食男子は結局、夕食抜きでも平気なくらいたくさんいただきました。
 
15-veg-20130412-nataraj

食後はまったりと珈琲を飲みながら、キールをいただきました。

カラダ中の血液ぜんぶが胃にまわっている感じを味わいつつ食後のデザート。
 
16-veg-20130412-nataraj

キールはインドのデザートで米とココナッツミルクで出来てます。

かなり美味しいのですが別腹も満腹なのでおかわりは断念。

今度、ナタラジでランチする時は最初にキールを食べよう(笑)
 
 
ごちそうさまでした。
 
18-veg-20130412-nataraj

ナタラジ銀座店ビュッフェランチのまとめ

・地下鉄銀座線A2出口がいちばん近い
・7階がビュッフェ会場
・やたらとゴージャスなインテリア、デートでもいける
・ランチビュッフェの食材は100%植物性
・辛さは自分でスパイスを足して調節できる
・美味いので食べ過ぎ注意

 
 
場所:東京都中央区銀座6丁目9−4 銀座小坂ビル7~9F
電話:03-5537-1515
平均予算:1100〜2000円
営業時間: 11:30~23:00(LO/22:30)
ランチ: 11:30~15:00(ビュッフェは平日のみ)
定休日:年中無休
駐車場:
アクセス:東京メトロ銀座線A2出口から徒歩1分
 

大きな地図で見る

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

職業→カウンセラー・WEBライター・自分メディアクリエイター・ブロガー・瞑想トレーナー   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェにでかけたり旅に出たりしている。インドの聖地をうろちょろするのが趣味。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。