【新横浜ラーメン博物館】が超本格的ベジタリアン向けラーメンを6種類も売り出したニュース。

 
ラーメン大好きな草食男子、女子はとりあえず横浜へひろみGO!
 
 
B級グルメのミュージアムのさきがけ「新横浜ラーメン博物館」が来館する外国人旅行者、中でも急増しているベジタリアン(ビーガンにも)に対応するための植物性ラーメンや宗教的な制約に配慮したラーメンを6種類も発売したというニュースをまとめてみました。
 

Sponsored link

01-veg-20130628-ramen

まずはラーメン博物館の公式ページのニュースを読んでみると、かなり驚きの内容でした。
 

日本の食文化としてのラーメンが物凄い勢いで世界に広がっていると同時に、様々な国々の外国人観光客もラーメンを目的に訪日するようになりました。特にASEANの経済成長や円安の影響から東南アジアの訪日外国人客は堅調に伸びております。
 
 
また、欧米からの個人旅行者も飛躍的に伸びております。そんな中、「イスラム教徒向けのメニュー」及び「ベジタリアンメニュー」に対するリクエストが急増しております。
 
 
今、海外では1,000軒を超えるラーメン店が存在しますが、どの国も当たり前のように「イスラム教徒向けのメニュー」及び「ベジタリアンメニュー」を用意しておりますが、日本での対応はほとんど皆無です。ラーメンが本当の意味でグローバル化していくうえで、これらのメニューを準備することが必要不可欠となります。

 
グローバルスタンダードラーメン ~ムスリム、ベジタリアンに向けた世界基準メニューを発売~ – 最新情報 – 新横浜ラーメン博物館
博物館の公式ページ。

目を疑ったのが下の写真(上記公式サイトから転載)なんだけど、チベットかタイあたりから来たと思われるスワミ(お坊さん)の団体さんがラーメン博物館に行列を作っている様子。
 
 
05-veg-20130628-ramen

たぶん草食男子と同じように偏食している方々(しかも神様に仕えているお仕事)が、なにゆえわざわざラーメン博物館に来るのだろうとビックリしたのですが、それだけ日本のラーメンって今や世界で人気だということでしょう。
 
 
■さらに公式サイトから抜粋してみると..
 

ASEANの経済成長により、タイ、マレーシア、インドネシア等からの訪日旅行客が急増しております。中でもイスラム教徒は世界人口の約1/4を占め(16億人)、そのうちの約14%となる2.2億人はマレーシア、インドネシアです。
 
 
イスラム教徒では、豚肉やアルコール等、禁忌とされている食材があり、ハラールというイスラム法で認められた食材・環境で提供される料理を求められます。しかし、インドネシア旅行業者協会よると、インドネシアのムスリムのうち7割はリベラル派で、3割が厳格派と分析。特にジャカルタ等の大都市圏においては、リベラル派が多いといわれています。
 
 
また、日本の外務省プログラムで東南アジア諸国から学生に訪日をアレンジした日系旅行会社によると、インドネシアは、豚そのものを出さなければよいといったスタンスでした。
 
 
新横浜ラーメン博物館では、ハラール認定食材は使用せず、豚肉やアルコール等の禁忌食材を使用しない「ムスリムフレンドリーメニュー」の提供を7月1日(月)よりスタートします。

 
 
うーーん、かなり本格的に食事に制約がある方々に対して細かく対応していてスゴい!
 
 
それではさっそく発売するラーメンをいくつか紹介してみましょう。
 
 
04-veg-20130628-ramen

Sponsored link

最初は【麺の坊 砦】価格は900円
 
種類:ベジタリアン、種別:オボ・ベジタリアン、味:味噌、食材:野菜・卵(麺)
 
これはたまに卵を食べている、草食男子にはうってつけです。
 
03-veg-20130628-ramen

次が【支那そばや】で価格は950円
 
種類:ノンポーク、種別:ムスリム対応、味:塩、食材:野菜・卵(麺)・鶏/魚介(タレ)
 
これは、鶏と魚介でダシを取っていますが豚肉無しなのでイスラム教の方向けということでしょうか。
 
02-veg-20130628-ramen

最後はきたよコレ、つけ麺!【IKEMEN HOLLYWOOD】で価格は900円
 
種類:ベジタリアン、種別:ラクトオボ、味:味噌クリーム、食材:野菜・乳製品・卵白
 
 
これも乳製品(つけ汁)と卵(麺)以外は植物性です。
 
 
写真にはありませんが、しっかりとビーガン(完全菜食)にも対応したラーメンもあるとことで、さらに今後メニューは増えていくらしいです!
 
 
偏食がすぎて肉魚類を食べなくってから新横浜ラーメン博物館には、もう二度と行かないと思っていた僕(@ka__zz)ですが、これは絶対に足を運んでしまいそうですね!
 
ホントにありがたいことだと思います。
 
01-veg2-20130628-ramen

【新横浜ラーメン博物館】

場所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503
入場料: 300円(団体割引有り)
平均予算:1000円〜2000円
営業時間: 月〜土11:00~24:00、日/祝10:30〜24:00
定休日:無休
駐車場:
アクセス:詳しくはここをクリック→新横浜駅(JR東海道新幹線・JR横浜線・横浜市営地下鉄)より徒歩5分。横浜市営地下鉄8番出口より徒歩1分。
 

大きな地図で見る
 


  – ホテル予約に便利すぎる楽天カード
   ←買い物でも旅行でもポイントが貯まる!



Sponsored link



*初心者向けオンライン投資講座キャンペーン*

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・Wordpressエディター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。