初心者向け「パソコン使わずにiPhoneをバックアップ」する方法!

iphone7

iCloudを使えばパソコンがなくてもだいたい元の状態に戻すことができる!
 
 
大切なiPhoneを失くしたり恋人とケンカして破壊されてもw【バックアップ】さえしていれば、直前とだいたい同じ状態にさくっと復元できちゃうからとっても便利。
 
 
今回はパソコンを使わずに「iPhoneだけ」で簡単にデータをバックアップ(保存)する方法を、図解でわかりやすく説明してみました!
 

Sponsored link

パソコンを使わないでiPhoneをバックアップできる!

iPhoneを失くしたり壊したりする可能性って案外高いですよね!(個人差ありw)
 
 
約4年使っている草食男子もこの間、幾度かiPhoneが不調になったり壊れたことがありましたが、その都度【バックアップからの復元】を利用することで、壊れる直前の状態に戻すことができました!(失敗したこともあったけどw)
 
 
■最初は、バックアップできる環境を整えるところからスタートです!
 
 

iPhoneだけでバックアップできる条件と特徴

・Wi-Fiが使える場所(無線インターネットのこと)
・無料Wi-Fiが利用できるスタバがおすすめ
・iPhoneのバッテリーはなるべく多い状態がいい
・30〜90分くらい時間がかかる(通信速度によって変わる)
・バックアップ中は放置なので他の作業をしてもOK!
・一度設定すれば、その後は自動でバックアップしてくれる

 
*スターバックスのWiFiは混雑ですとすぐに切れてしまうのでオススメでなくなりました(2017年2月に追記)
 
 
上記の条件が整ったらさっそくバックアップを試してみましょう!
 

バックアップできるデータ

・メール(SMS・MMS)
・アプリ(設定も含む)
・リマインダー
・カレンダー
・設定(アラームや、その他iPhoneの設定)
・メモ
・写真
・連絡帳

 
*iTunesで購入した音楽データは再ダウンロード可能。
*その他アプリのデータもバックアップできる
※パソコン(iTunes)を使えばさらに多くのデータを保存できるので、写真を撮りまくったりアプリをたくさん入れて使っているヘビーユーザーはiCloud+パソコンの両方でバックアップしておきましょう。
 
 
02-veg-20130713-iphone

ここで予備知識をひとつ、今回iPhoneをバックアップするために【iCloud】(アイクラウド)というサービスを利用します!これは今後iPhoneを使っていく上でとても大切なので、しっかりと憶えておくといいでしょう。
 
 
「iCloud」っていうのは?iPhoneのデータをアップル社のサーバー(データを保存するところ)に保管してくれるサービスのことで、5GBまでなら無料で利用することができます。
 
 
さらに、iPhoneの他にMacやiPadを持っていたりすると、写真や音楽などのデータが自動的に同期されてしまう!とても便利なサービスなのです。例えばiPhoneで写真を撮ると、そのデータがiCloudを通して自動的にMacとiPadにも反映されているっていう仕組みです。
 
 
01-veg-20130713-icloud

さっそくiCloudをいじってみましょう。
 
 
※「iCloud」の設定をまったくしてない方、もしくはアタマの中が「?」な方は下記のリンクを参考に、まずは設定を「ON」にしておいてください。
 
 

iCloudの設定方法

設定はとても簡単なので、iPhoneを使いはじめたらすぐにこの機能をONにしておきましょう。
 
 
アップル – iCloud – あなたのすべてのデバイス上でiCloudを設定する方法。
iCloudの公式ページ、参考にどうぞ。

 
 
もうひとつ超わかりやすく説明してくれているブログ「iPhone女史」さまのリンクです。
 
 
iCloudとは?iCloudの設定方法と使い方 – iPhone女史

 
ここまで設定ができたら準備完了です。
 
 
iCloudの設定をONにできたらいよいよバックアップをしてみましょう!
 

実際にバックアップしてみる

 
iphone buckup
 
・設定(歯車のアイコン)をタップ(指でクリックすること)して下にスクロール。
 

Sponsored link


 
iphone buckup
 
・「iCloud」をタップする(サインインしている状態)
(サインインされてない場合は、前述したiCloudの設定からやりなおす)
 
 
iphone buckup
 
・バックアップ(保存)したい項目を「オン」にする。
 
※僕の場合は、やたらと写真を日々撮影しているためデータ量が5GBをあっさり越えてしまうので写真はオフにしてあります。
 
 


 
iphone buckup
 
・[バックアップ]をタップする!
 
 
iphone buckup
 
・スイッチをONにする
↓ ↓
・[OK]をタップ!
 
 
iphone buckup
 
・この画面が出たらスタンバイ開始!
 
*ここでWi-Fiに接続されていればスタートできます。
*できれば90〜120分くらい時間にゆとりを持って実施することをオススメします。
*途中でWiFi環境から離れてしまうとバックアップも途中で終わって最初からになる可能性が!
 
 
iphone buckup
 
・Apple IDのパスワードを入力して承認がとれたらバックアップのスタート!
 
あとは美味しい珈琲でも飲みながらのんびり待ちましょう…
 
 

starbucks

これで、iPhoneが万が一の時でも復元できますね!
 
 
実際に作業された人、大変お疲れさまでした。
 

Sponsored link


iphone7

3 件のコメント

  • おはようございます
    ネットでバックアップのパソコンなしのやり方を見て、凄く気になったけど、先週俺の5Sを濡れて、ボタンおかしくなって、カメラのキタムラに相談に乗って本体交換の結果になったけど、バックアップまだ取ってないとうちのパソコンの調子悪いと復元したら勝てに初期化されると凄く面倒くさいです
    バックアップの勉強とてもいいその情報ですけど、バックアップ終わって、本体の交換しても復元はどうすればいい
    ですか?
    方法を教えてください、よろしくお願いします

  • こんにちは
    バッテリーなどの調子が悪いのでリセットしようと思いパソコンなしでバックアップする方法を探していました。
    この方法をしてみようと思いますがiPhoneでバックアップしてもリセットすると消えてしまいますか?
    ほかのアプリなどの復元は出来ますか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。