植物で卵を作る会社【ハンプトンクリークフーズ】から純植物性マヨネーズを発売!

100%植物でホンモノより美味くて安い卵を作ろうとしている、アメリカのベンチャー企業「ハンプトンクリークフーズ社」からいよいよ一般向け商品が発売されたようです!
 
 
第一弾はマヨネーズ「JUST MAYO」、日本でも経済誌で取り上げられるほど話題となっているので情報をまとめてみました。
 

Sponsored link

06-veg-20130806-justmayo

「植物で卵をつくる。本物よりも持続可能!安全!安くて!栄養がある!」
 
 
こんな、すんごいことを目標に掲げて日々研究に打ち込んでいるアメリカのベンチャー企業「Hampton Creek Foods」社から、市場向け商品がいよいよ発売になって、アメリカはもとより日本でも大手経済誌などで話題になっています。
 
第一弾として発売されたのが「JUST MAYO」という名前の植物から作ったマヨネーズ!
 
 
以前紹介した「ビヨンド・ミート」もそうですが、今回のマヨネーズを発売したHampton Creek Foodsもビル・ゲイツをはじめITの大物たちが投資をしている会社のひとつです。
 
 
(*)ビル・ゲイツとTwitter創設者が出資して作ったベジタリアンミートが肉すぎる!と米国で話題に。 | ベジップルズ-Vegepples
Future of Food …

 
ビル・ゲイツやTwitter創設者のビズ・ストーン&エヴェン・ウィリアムズなどが率先してベジタリアンフードに投資をしているニュースをまとめた記事。
 


 

【Hampton Creek Foodsって何?】

 
01-veg-20130328-eggs

社会起業家のジョシュ・テトリックが環境技術に注力するベンチャーキャピタルKhosla Venturesの投資を受けて、2011年に設立。以降、ホンモノの卵を越える植物性の卵Beyond Eggsを開発、現在も精力的に研究開発を進めています。
 
 
Humpton Creek Foods公式ページ → http://hamptoncreekfoods.com/
facebookの公式ページ → https://www.facebook.com/Hamptoncreekfoods
 
 
(*)ホンモノの卵より美味いらしい!?100%植物性な卵「BEYOND EGGS」がアメリカで発売された。 | ベジップルズ-Vegepples

 
植物で作った卵「ビヨンド・エッグ」についての記事、参考にどうぞ。
 
 
07-veg-20130806-justmayoHampton Creek FoodsのCEO Josh Tetrick(草食男子w)
 
◆ニュースマガジン「PUNTA」の記事から抜粋。
 

Sponsored link

テトリックはアフリカ諸国で社会事業に携わった経歴がある。「先進国が、開発途上国の飢えている人たちよりも、自分たちの食用の動物にたっぷり食べ物を与えているのはおかしい」と感じていた。
 
また、大量のCO2を排出する食肉生産のあり方を含め、「食のシステムは壊れている」と感じていた。自身はビーガン(絶対菜食主義者・純粋菜食主義者)である。
 
卵よりも持続可能で、安価で、栄養があって、コレステロールやアレルギーの心配がなく、おいしい。同社の製品「Beyond Eggs」には、いろいろな面で「卵を超える」という意志が込められている。
 
テトリックがTEDで講演した時は、社員がスクランブルエッグを舞台で作ってみせたが、見た目も味も食感も、本物の卵と遜色ないようだった。

植物で卵をつくる!「本物よりも持続可能で、安全、安価で、栄養がある」が目標 | ニュースマガジン PUNTA – プンタ|アクティブリッチの魅力あるビジネスライフと自分スタイルのために。
テトリックはアフリカ諸国で社会事業に携わった経歴がある。「先進国が、開発途上国の飢えている人たちよりも、自分たちの食用の動物にたっぷり食べ物を与えているのはおかしい」と感じていた。また、大量のCO2を …


 
詳しい情報はビジネスマガジン「PUNTA」をどうぞ。
 
 
08-veg-20130806-justmayo

 
「本物より美味くて安い卵を作りたい」という彼のビジョンと熱意が、IT業界の大物たちを動かし、多額の開発資金を獲得して今回のマヨネーズが誕生しました。
 
テトリックによると植物の92%が、どのように調理できるか不明の状態で、つまりは植物の残り92%が食べ物として大きな可能性を秘めている、ということのようです。
 
 
彼らの考え方の根底にあるのが、「ホンモノより美味しくて安くて健康にも良ければ誰だって買うべ!」というもの。まったくその通りで、超肉食の人々を巻き込んで大きなビジネスに仕立てようとしています。
 
03-veg-20130806-justmayo

【ビル・ゲイツのブログ「ゲイツノート」より】

 
「The Future of Food」と題したこのレポートには、ビルゲイツ自身が地球環境と食料事情について語り、そして今後のビジョンを図解と写真付きで詳細にプレゼンしています。
 
 
ぜひ、目を通していただきたいのですが英語なので遠慮します、という方はこちらで日本語に要約してあるので参考にご覧ください。
 
Future of Food
ビル・ゲイツの公式ブログより

最後に、この「JUST MAYO」ですがまだ日本で買うことはできません。先日紹介した肉もどき「Beyond Meat」も本社に問い合わせたところ、まだ日本での展開は考えていません、との回答(´Д`)
 
 
ということで、実食レポートはもう少し先になりますが必ず取り寄せるのでどうかお楽しみに。

Sponsored link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。