【リブマックス相模原】宿泊レポート!JR横浜線「淵野辺駅」近くリーズナブルなビジネスホテル。

仕事で大阪からのゲストを都内⇄相模原へ送迎することになり、僕もゲストと同じ「ホテルリブマックス相模原」に宿泊してきました。
 
 
夜11時チェックインの朝6時チェックアウトという短時間の滞在でしたが、とても快適に過ごすことができた宿泊した様子をレポートします。
 
 

Sponsored link

02-veg-20130927-livemax

週末に控えたイベントのゲストを都内から相模原まで送迎した草食男子。
 
 
翌朝、また都内に送るためゲストと一緒にそのまま同じホテル「リブマックス相模原」に宿泊決定したのが22時、次の日に着るシャツなどをコンビニで買い出してチェックインできたのが23時過ぎのことでした..
 
 
03-veg-20130927-livemax

1階がパーキングになっているので2階がエントランス。
 
入り口の手前には焼き鳥屋があり、かるく冷えたビールでも..と誘惑にかられてしまいましたが翌朝6時出発、さらに運転手なのであえなく断念。
 
 
04-veg-20130927-livemax

今回は急遽のことだったのでホテルに直接電話予約
 
◆シングル 1泊素泊まり 5500円
◆駐車場 1000円

 
合計6500円の宿泊となりました。無論、楽天トラベルやじゃらんで予約したほうがリーズナブルになりますが、電話予約はギリギリでも予約が取れるという利点があります。
 

【ホテルの検索はこちらからどうぞ】

「楽天トラベル」で検索してみる
「じゃらん」で検索してみる
「Hotels.com」で検索してみる
「一休.com」で検索してみる
「るるぶトラベル」で検索してみる
 


  – ホテル予約に便利すぎる楽天カード
   ←買い物でも旅行でもポイントが貯まる!


05-veg-20130927-livemax

【ホテルリブマックス相模原】

場所:神奈川県相模原市中央区淵野辺4-15-11
電話:042-704-3535
チェックイン/アウト:15:00 / 10:00
価格目安:シングル5000〜8000円 (時期によって異なります)
WiFi:ロビーに有り(au.softbank)
アクセス:JR横浜線「淵野辺駅」北口 徒歩2分
駐車場:12台(到着順)一泊1000円
 

大きな地図で見る
 
07-veg-20130927-livemax

Sponsored link

部屋はビジネスホテルらしい、一般的なつくりです。
 
シャワーを浴びて寝るだけのビジネスユースであれば何の問題もなく快適に過ごせると思います。掃除も行き届いており若干古さは感じるものの、とても清潔でした。
 
 
06-veg-20130927-livemax

デスクには液晶テレビ、ポット、コンセントなどひと通りそろっています。
 
とくにこれといった特徴はありませんが標準は満たしていました。
 
 
09-veg-20130927-livemax

ひとつ特徴をあげるとすると2ドアの冷蔵庫で、たとえば大量にビールを持ち込んで飲み明かしたりコンビニでアイスを買って冷凍庫に入れて置きたい人には喜ばれるかもしれません。
 
 
10-veg-20130927-livemax

サニタリーも一般的なユニットタイプで特に問題無し。
 
ハードワークで疲れた身体をシャワーを浴びてさっぱりしたところでベッドにごろんとした瞬間の幸せを味わうことができました。
 
 
12-veg-20130927-livemax

消灯は午前1時過ぎ..思いのほかベッドが寝心地よくて熟睡ことができました。
 
 
朝は5時15分起床、ポットでお湯を湧かしてホテルの正面にあるファミマで買ってきた珈琲を飲んで目を覚まし、6時過ぎ..ゲストを車に乗せて都内へ出発。
 
 
11-veg-20130927-livemax

【ホテルリブマックス相模原まとめ】

・駅から徒歩2分
・買い物と飲食には困らない
・朝食は近くの松屋を利用(朝食券付きプラン有)
・駐車状は台数が少ないので事前予約がいい
・コンビニで珈琲やお茶を買って持ち込むといい

 

【ホテルのご予約はこちらからどうぞ】

「楽天トラベル」で予約してみる
「じゃらん」で予約してみる
「Hotels.com」で予約してみる
「一休.com」で予約してみる
「るるぶトラベル」で予約してみる
 


  – ホテル予約に便利すぎる楽天カード
   ←買い物でも旅行でもポイントが貯まる!



Sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。