都会的な雰囲気で気分がいい!ラグナスイート新横浜の朝飯レポ。

上質で落ち着いたホテル「ラグナスイート新横浜」に宿泊した僕(@ka__zz)。
 
 
このホテルに宿泊を検討している皆さんに、ぜひ朝食プランをおすすめしたいと思います!というわけで、シンプルなメニューと都会的なラウンジでいただいた朝食バイキングの様子をレポートします。
 
 

Sponsored link


07-vgpls-20140305-lagunasuite

新横浜駅から徒歩5分、繁華街の中にある大人の隠れ家的、そして都会的な香りただようホテル「ラグナスイート新横浜」に宿泊した僕(@ka__zz)。
 
 
▼宿泊レポートはこちら
 

07-vgpls-20140309-lagunasuite

ラウンジが朝食会場になります!ここがかなりセンスよくて、田舎者の僕が都会人になってしまったような、そんな錯覚におちいるくらい素敵な空間です。
 
 
ホテルの朝食は、一日の活動に必要なカロリーと共に、気持ちにゆとりと潤いを与えてくれる僕にとって大切な儀式のようなものなので、この空間にいるだけでテンションがあがります!
 

■ラグナスイート新横浜

場所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-6
電話:045-470-6677
チェックイン/アウト:15:00 / 11:00
価格目安:シングル/ツイン 5500〜10500円
WiFi:ロビーフロアに有・部屋はLANケーブル
アクセス:JR東海道新幹線新横浜駅(北口)/JR横浜線新横浜駅(北口)より徒歩5分・市営地下鉄ブルーライン新横浜駅(8番出口)より徒歩2分
駐車場:有(一泊1500円)22台先着順
 

 
03-vgpls-20140309-lagunasuite

今回の予約は一休.comにて
 
◆スタンダードシングル 15㎡ 6500円(朝食付き)
 
 
定価10500円の部屋がオフシーズンならではの価格で予約できました!広さ、設備、アメニティともテンションがぐんとあがるレベルです。楽天、じゃらんなど色々検索しましたが、このお得なプランは時期にもよると思いますが一休.comのみのものでした。
 
 
01-vgpls-20140309-lagunasuite

Sponsored link

バイキングのメニューはとてもシンプルですが、ウェディング主体のホテルだけあって一品一品にこだわりを感じます。
 
ひと皿目は、サラダとパンをトーストして盛ってきました。
 
 
05-vgpls-20140309-lagunasuite

つづいて和食で、ご飯、お味噌汁、おかずを盛ってきました。
 
 
04-vgpls-20140309-lagunasuite

野菜の煮物、高野豆腐、お漬け物、きんぴらごぼう、五目ひじき。
 
この他にも定番の納豆、海苔、焼き鮭やソーセージなどもちゃんとありました。
 
 
06-vgpls-20140309-lagunasuite

熱々のご飯にきんぴらごぼうを乗せていただきます!
 
シンプルな味わいながらとても美味しかったです。
 
 
18-vgpls-20140306-lagunasuite

食事が終わった後、居心地がいいラウンジでモーニング珈琲を飲みながらひと休み。
 
 
どうも、ごちそうさまでした。
 

検索はこちらからどうぞ

 

 
 

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士
 
iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。
 
野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。