初心者向け【iPhoneのバックアップて何?】な人のための簡単マニュアル!

iPhoneを失くしてしまった!故障した!新機種に変更する..
 
 
そんなハプニングがあった時、新しくなったiPhoneを元の状態に戻すために大切なデータを保存するのが「バックアップ」です。
 
 
友達とのメールのやり取り、大切な連絡先、メモ、アプリなどを簡単に元のiPhoneに戻すためのバックアップの基礎とやり方を、超初心者向けにまとめてみました。
 
 

Sponsored link

06-vgpls-20140409-iphone

iPhoneを使いはじめたばかりだと、色々と戸惑うことや分からないことがたくさんあると思います!なにせ、あの薄いマニュアルしか入ってないのですから(笑)ショップで聞いた説明がちんぷんかんぷんな人も多いことでしょう(笑)
 
 
僕も最初、何もわからなくてネットで調べまくりながら試行錯誤でした。そこで初心者でも分かりやすいようにiPhoneで必ずやらないといけないバックアップと復元についてわかりやすくまとめます!
 


◆バックアップをする必要がある場面は、
 
iPhoneを新しく買い替える時、故障して修理に出す時は必ずバックアップをとります。また、仕事やプライベートで大切なデータをiPhoneにたくさん入れている人は絶対に必要です。
 
備えあれば憂いなし、バックアップをするための基礎を憶えましょう!
 


■バックアップするとこんなに便利

・メール、連絡先、パスワード、アプリ、写真、音楽などのデータが元通りになる
・iPhoneが故障したり買い替えて新機種にした時、データが元通りになる

 

■復元するバックアップ直前の状態に戻る

・バックアップしておけば、機種が新しくなった時に元の状態に復元できる!
・メール、連絡先、パスワードなどから、さらにアプリの配置まで元通り!

 
 
01-vgpls-20140409-iphone

■バックアップは2つのやり方がある

1・パソコンとiTunesを使う方法
 
パソコンが必要になります。最近のパソコンなら問題ありませんが、古いパソコンだとデータを記憶するメモリーの容量が少ないのでもしかしたらきびしいかもしれません。とりあえずチャレンジしてみてみましょう。
 
iTunesは、音楽を管理する以外にもiPhoneやiPadを管理することがでいる、いわばApple機器のコントロールセンターのようなもの。まだ自分のパソコンにインストールしていない人は→ここからダウンロードできます。
 
iTunesとパソコンがあればメールや連絡先などのデータ以外にもアプリ、iPhoneで撮った写真やCDからダウンロードしたアルバムまでバックアップ→復元することができます。iPhoneをデジカメとiPod代わりに使っている人はパソコンは必須です。
 
 
◆具体的なバックアップ方法は下記のリンクが詳しく説明してあるので参考にどうぞ。
 
iTunesを利用したバックアップ方法 | iPhone5s / iPhone5cのソフトウェアアップデート | iPhone5s / iPhone5c | iPhone

 
05-vgpls-20140409-iphone

Sponsored link

2・iCloudを使ってバックアップする
 
・パソコンがない人、iPhoneをヘビーユースしない人はiCloudが便利です(詳しくはここをクリック!)iCloudとは無料で使えるネット上のデータ保存BOXのようなもので、ネット環境(マックやスタバでもOK)があればバックアップから復元まで出来てしまいます。
 
・無料で使えるiCloudのデータ保存容量が5GBなので、連絡先、メール、カレンダー、メモ、パスワード、サファリのお気に入りはバックアップできますが、ミュージックの曲や写真や動画のデータは保存するとパンクしてしまいます。
 
・写真データや動画も保存したいという人には有料で15GBが2000円/年、25GBが4000円/2年、55GBが10000円/年で追加できます。iPhoneのハードユーザーでパソコンを持たない人は迷わず55GBでしょう。パソコンを買うより安いのでこの選択も有りだと思います。
 
iCloudを使うには初期設定が必要になります。→ 設定方法はここをクリック!
 
 
◆iCloudを使った実際のバックアップ方法は下記リンクの記事を参考にどうぞ!
 
(*)初心者向け「パソコン使わずにiPhoneをバックアップする方法」を図解でまとめてみた! | ベジップルズ-Vegepples

 
03-vgpls-20140409-iphone

■ネット環境は電源があるスタバが便利

iCloudを使ってバックアップするにはインターネットに接続できる環境と1〜2時間ほどの時間を必要とします。おすすめは電源が使えるスタバが便利です。
 
バックアップはiPhoneが動きっぱなしなので相当な電池を使いますので。
 
スタバは無料でインターネットに接続できるサービスがあるので利用させてもらいましょう。無料ネットに接続する方法は下記のリンクを参考にして、美味しい珈琲でも飲みながらのんびりバックアップ作業をしてください。
 
 
(*)【図解】スタバで無料のWiFiサービスをパソコンに接続する手順をわかりやすく解説します。 | ベジップルズ-Vegepples

 


■パソコンとiCloudをハイブリッドで活用する

パソコンを使ったバックアップは、わりと面倒なので一ヶ月に一回が目安で、写真、音楽など容量がデカいデータを保存します。
 
iCloudは容量が少ない分、ちょっとカフェしている間にバックアップできてしまうのが利点!というわけで連絡先・メール・カレンダー・サファリのお気に入り・ノートはiCloudでバックアップしましょう。 
 
 
02-vgpls-20140409-iphone

さあ、これで万が一に備えることができましたね!
 
仕事でもプライベートでもiPhoneには大切なデータがたくさん詰まっていますから、思い出の写真やメールなどを消さないためにも、バックアップはこまめにすることをオススメします。
 
 
それでは皆さん、素晴らしいiPhoneライフを!
 

Sponsored link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。