ダイエット女子に朗報!森永「マクロビ派ビスケット」がバター・白砂糖不使用で美味いらしい。

マクロビ派ビスケットが製菓メーカー森永より全国発売されました!
 
 
バターやマーガリンなどの動物性食材はもちろんのこと白砂糖も使わず、ビスケットの素材もオーガニックにこだわっているようです。身体に優しいのはもちろんのこと、低カロリー低脂肪なのでダイエット中でも気兼ねなく食べることができそうです。
 
 

Sponsored link


01-vgpls-20140410-morinaga

まずは、このビスケットが買えるお店ですが友人からの情報で確認できたのがファミマとLAWSONは間違いないということです。その他、コンビニやキヨスクでも買えるという情報も入っていますので確認がとれ次第、TwitterやFacebookでお知らせします。
 
コンビニもお店によって売っている店と無いお店があるようです。
 


 
◆森永からのプレスリリースより
 
 
森永製菓、植物性の原料だけで焼き上げた自然派のビスケット「マクロビ派ビスケット」を発売!
 
 
マクロビ派ビスケット│森永製菓
公式ページです、参考にどうぞ。
 
バター・マーガリン・白砂糖不使用!
自然素材にこだわった新機軸の食事系ビスケット
カラダうれしい「マクロビ派ビスケット」
4月8日(火)発売
~手軽な’マクロビスタイル’を提案~

 
 
01-vgpls-20140411-morinaga

森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・新井徹)は「マクロビオティック」の考え方に基づいて白砂糖やバター、マーガリンなどを使わずに植物性の原料だけでシンプルに焼き上げた自然派のビスケット「マクロビ派ビスケット」を、2014年4月8日(火)より発売します。
 
 
自然の栄養をなるべく残したままの10種類のマクロビ素材を使用(小麦全粒粉、レーズン、食用なたね油、アーモンドパウダー、砂糖(てんさい糖)、オーツ麦フレーク、メープルシロップ、米あめ、ひまわり種子、食塩)。ナッツやドライフルーツ、シリアルをぎっしり入れた食べごたえのある品質となっています。
 
 *商品画像は添付の関連資料を参照
 
 ※マクロビとは…「マクロビオティック」の略で、穀物や野菜中心の自然と調和した食事を取ることにより、健康的なライフスタイルを目指す考え方のこと。
 
 
03-vgpls-20140410-morinaga

Sponsored link

●商品概要
 
 商品名:マクロビ派ビスケット
 名称:ビスケット
 原材料名:小麦全粒粉、レーズン、食用なたね油、アーモンドパウダー、てんさい糖、オーツ麦フレーク、メープルシロップ、米あめ、ひまわり種子、食塩、バニラ香料
 内容量:4枚(2枚パック×2袋)
 参考小売価格:180円(税抜)
 発売日:2014年4月8日(火)
 発売地区:全国/CVS・鉄道売店限定
 
 
●商品特徴
 
「マクロビオティック」の考えにもとづき、原料にこだわって作りました。

 
植物由来の原料のみで焼き上げ、白砂糖・バター・マ―ガリンといった動物性脂肪のほか、乳製品や卵なども使っていません。
 
<「マクロビ」要素にこだわった10種の素材>
 
(1)穀物:小麦全粒粉(国産)とオーツ麦をベースに使用。
 
「一つの食品は丸ごと摂取することが望ましい。」というマクロビの考え方に基づき皮付きのままの小麦を挽いた小麦粉と、ミネラル・タンパク質・食物繊維豊富なオーツ麦をつぶして焼いたフレークで穀物の栄養をまるまる摂ることができます。
 
製造においては、小麦ふすま(表皮部分)には水分が多いため焼き方も通常のビスケットとは異なる調整が必要。3~4倍の時間をかけて低温でじっくりと焼き穀物の香ばしさ、味わいを引き出しています。

(2)具材:レーズン・アーモンド・ひまわり種子を使用。
 
「天然のスイーツ/サプリ」ともいえる栄養豊富で食べごたえのあるドライフルーツやナッツをぎっしり使用。ドライフルーツは(白)砂糖漬けで加工されているものが一般的ですが、マクロビの「白砂糖はなるべく控える」考え方に基づき、白砂糖を使わずに加工されたフルーツ(レーズン)を選択。
 
ドライフルーツを焼菓子に使用する時には、焦げやすかったり、焼き加減に気を付けないとフルーツの風味が飛んでしまったりしやすいのですが、フルーツの味わいを生かすこと、サイズ的な食べやすさを考慮し小粒タイプのレーズンにこだわりました。(通常の約半分程度)。アーモンドとひまわりの種にはオレイン酸が多く含まれる上に噛みごたえがあって満足感が得られます。
 
 
02-vgpls-20140410-morinaga

(3)甘味:砂糖(てんさい糖)、米あめ、メープルシロップを使用(一番使用量が多いのはてんさい糖)。
 
てんさい糖は北海道産のものを使用。体にやさしい糖分です。
 
 
(4)つなぎ:なたね油を使用。
 
動物性脂肪を避けるため、通常の焼き菓子では欠かせないバターやマーガリン・ショートニングを使っていません。植物性のなたね油を使用することにより、ビスケットの生地としてはつなぎが弱くなる傾向があり、焼く時に崩れやすいなど扱いにくい点もありますが、マクロビとしてこだわりのポイントであり、かつ油の使用量も少なくてすみます。
 
 


大手メーカーから健康と環境にしっかりと配慮した商品が発売されるなんて、とても価値があることだと思います。この流れがどうかこれからも拡大していきますように!
 
 

Sponsored link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士
 
iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。
 
野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。