牛肉もどきが登場!「ビヨンドミート」ビル・ゲイツが出資したベジタリアン専用肉の新商品。

ビルゲイツ、そしてTwitterの創設者ビズ・ストーン、ブログサービスの生みの親エヴァン・ウィリアムズなど大富豪たちが出資して開発されたベジタリアンミート(肉もどき)の【ビヨンドミート】から牛肉もどきが発売されました。
 
 
Windowsで世界一の富豪になった彼が、なぜベジタリアンの食材に出資しているのか?その謎もふくめてレポートします!
 
 

Sponsored link

06-veg-20140419-beyondmeat

ビル・ゲイツが危惧している(危惧している振りをして大儲けを企んでいる!?)のが、近い将来に訪れると予測されている世界的な食料事情の悪化と肉食による環境破壊です。
 
 
最初にビル・ゲイツ自身のブログ「ゲイツノート」から引用すると..
 
 
・2050年の地球の人口90億人になり、食料事情は悪化する
・畜産によって地球環境が悪化している
・上記2つの理由で食肉は持続可能な食料ではない
・ベジタリアン食が環境保全と健康にもつながる
・しかしベジタリアン食をすべての人に強要できるものではない
・ならば植物性の材料で肉と同じくらい美味い食材を作ってしまおう!
・そのために3つの会社に出資をして研究開発を行っている
・1→お肉もどき、2→卵もどき、3→塩もどき
・結果、開発に成功して売り出しにかかかっている

 
 
Future of Food
ビル・ゲイツのブログ「ゲイツノート」

 
地球的な人口増にともなう肉食増加による環境破壊、それによって食料が大幅に不足することを予測したビル・ゲイツ。ビズストーンとエヴァンは共に動物の生きる権利を尊重するヴィーガニズムの見地からこのプロジェクトを支援したようです。
 
 
05-veg-20140419-beyondmeat

ビヨンドミート社の企業理念
 
 
■OUR MISSION
 
We believe there is a better way to feed the planet. Our mission is to create mass-market solutions that perfectly replace animal protein with plant protein. We are dedicated to improving human health, positively impacting climate change, conserving natural resources and respecting animal welfare. At Beyond Meat, we want to make the world a better place and we’re starting one delicious meal at a time.
 
 
■私たちの使命
 
私たちは、地球をよい環境にする方法があると信じています。私たちの使命は、食べ物の世界市場において、植物性タンパク質と動物性タンパク質を完全に入れ替えるための解決策を創造することです。私たちは、人間の健康を増進、そして天然資源を節約して地球環境を守り、動物の権利を尊重することに専念します。ビヨンドミートで、私たちは世界をより良い環境にしていくことと、美味しい食事とることを同時に実現します。
 
02-veg-20140419-beyondmeat

Sponsored link

今回発売された牛肉もどきは2種類で、
 
Beef Free Crumbles-Fiesty
Beef Free Crumbles-Beefy

 
当然ながらNON-GMO、グルテンフリーです。
 
さて、この食材を使ってどんな料理が出来るかは、公式サイトのレシピ集をご覧ください。
 
 
(*)ビル・ゲイツとTwitter創設者が出資して作ったベジタリアンミートが肉すぎる!と米国で話題に。 | ベジップルズ❥**

 
01-veg-20140420-beyondmeat

公式サイトのレシピ集からメキシカンタコス!これは美味そう!
 
 
02-veg-20140420-beyondmeat

これも同じくメキシカンの料理、かなりジャンキーな雰囲気ですよね。
 
僕自身もビヨンドミートのチキンを食べたことあるのですが、不気味なくらいに肉でした(笑)チキンのスモーク味だったのすが、あまりにもリアルすぎて食べるのをためらったくらいです。
 
 
03-veg-20140420-beyondmeat

これはビーフパイもどき。とりあえず見た限りかなり肉らしい感じです。
 
ビヨンドミートと、日本でもふつうに買える大豆タンパクのお肉もどきとの違いは、最初から下味(肉の味)がついているところ。
 
 
01-veg-20140419-beyondmeat

現時点で、最初に発売されたチキンと共にまだ日本では発売されておりません。以前、ビヨンドミート社に問い合わせた時は、まだ日本での発売は未定とのことでしたが..
 
 
欧米を中心とする菜食ムーブメントを考えると、何年か遅れて日本のスーパーマーケットでふつうに買える日が来るのではないでしょうか。
 
 
今後も草食男子として「世界市場において、植物性タンパク質と動物性タンパク質を完全に入れ替える」と目標をかかげたビヨンドミート社を全面的に応援したいと思います。
 
 
Beyond Meat®

ビヨンドミートの公式サイト、参考にどうぞ。
 

Sponsored link


共感したらシェアしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

職業→カウンセラー・WEBライター・自分メディアクリエイター・ブロガー・瞑想トレーナー   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェにでかけたり旅に出たりしている。インドの聖地をうろちょろするのが趣味。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。