【節約】「ICカードと切符の運賃が違う」差額を活用して年間いくら節約できるか計算してみた。

消費税があがったことで電車の運賃も上がり、SuicaなどのICカードでは一円単位になりました。さらにICカードと切符の料金が距離によって安くなったり高くなったり..
 
 
例えば3km区間では切符のほうが安くて、の区間ではICカードのほうが安くなります。というわけで節約派の皆様に、同じ区間を切符を買って乗車した時に1年間でどれだけお金が浮くか?いろいろ検証してみました!
 

Sponsored link

「ICカードと切符の運賃が違う」のを利用して年間いくら節約できるか計算してみた。

消費税があがまる前はたいしたことないと思っていた僕(@ka__zz)ですが..いざ増税となった現在、あらゆる商品、サービスが値上がりしたことを実感。給料があがらないのに税金だけ上がっているも多いのではないでしょうか(´Д`)!
 
 
生活のベースとなる電車、その運賃は「区間によってカードが安い場合と、切符が安い場合」があります。時々しか利用しない人なら特に考える必要はありませんが。あと、定期券で通勤している人も。
 
 
今回の検証は、定期券を持たずに頻繁に電車を利用している向けのものとなります!
 
 
01-vgpls-20140330-suica

上の表を見ると..(詳細は公式ページの資料を参照してください)
 
1〜3km区間と16〜20km区間で切符のほうが安くなっています。この距離を定期的に頻繁に利用している人は、ICカードを持っていても切符を買った方が節約になるのは明らかでしょう。この区間以外は、逆にICカードの方が安くなります。
 
 
今までICカード(pasmoやSuicaなど)を持たなかった人はこれを機会に作っておくといいでしょう。自分が往復で利用する区間の運賃が、切符とカードどっちが安いかは乗換案内アプリを使うと簡単にわかります。
 
 
Yahoo!乗換案内 無料の時刻表、運行情報、乗り換え検索アプリ App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料

 
 
06-vgpls-20140330-suica

Sponsored link

差額を計算してみた

1〜3km区間だと一回の乗車で切符のほうが4円安くなるのを例にしました。
 
・4円×2回=8円(往復分)
・8円×20日=160円(一ヶ月)
・160円×12ヶ月=1920円(年間)

 
 
同じ電車に乗ったのに、一回4円の節約が、ちりが積もって年間1920円も節約できます!例えば、パートで働いた2時間分の給料に相当します。2時間、働くってけっこう大変なことですよね!
 
*月に18〜20日以上往復する人は定期券を買ったほうが安くなります。
 
 
01-veg-20140422-suica[超お得]サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×24本(206円/本)
 

1920円で買えるモノたち

・ランチ3回(640円×3)
・ガリガリ君30個(64×30)
・カラオケ2時間
・缶ビール8本
・ブラックサンダー54個
・立飲み居酒屋一回分

 
 
などなど1920円あれば、かなり人生をエンジョイできますよね!ICカードを切符にするだけでもこれだけ節約できるわけですから、他にも探せば色々と節約につながることが出てきそうです!
 
ただし、切符を買う手間を考えるとICカードのメリットは高いです。
 
上手に楽しく節約をしてこれからくる大増税を乗り切っていきましょう!
 

 
[節約] All About|省エネ・節水・お得な買い方など節約術を紹介

切符とICカードの使い分け節約術まとめ

・電車を頻繁に利用する人はICカードを作っておく
・近距離の1〜3km区間は切符、その他はカードを利用する
・ICカードでも切符が買える(小銭がたまらない)
・自分が頻繁に利用する区間の距離を把握しておく

 

それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!
 

Sponsored link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。