僕が実践する【白砂糖を口にしないための簡単な5つの方法】をまとめてみた!

白砂糖

ここ最近、白砂糖(精製砂糖)が健康にも美容にも相当やばいぞと、たくさんの人が話題にするようになりました!
 
 
とは言っても日本全体でいうと、まだまだ一部の人たちだけの話なので、ほとんどのお店で白砂糖がたっぷり入ったお菓子や料理が溢れかえっているのが現実です。なので、ちょっと油断すると白砂糖入りの食べ物を口にしてしまうことってよくありますよね(´Д`)
 
 
ということで今回は、白砂糖入りの食べ物を口にしないための簡単で具体的な5つの方法を皆さんに伝授します!
 
 

Sponsored link

僕たちが大好きなアイスクリーム、ケーキ、プリン、パンケーキ、和菓子!これらにはもれなく砂糖が入っています(´¬`)それも、健康と美容の大敵として広く認知されるようになった上白糖やグラニュー糖などが大量にッ(´Д`)
 
 
白砂糖

白砂糖に関しては今更ここで言うまでもなく万病の元、メタボの元、美容の大敵..として多くの人がその危険性を本やネット上で発信しています。白砂糖がヤバいのは作られる過程で多くの化学物質や骨粉が使われること、中毒性があること、そして大企業・マスコミ・メディアがその危険性をほとんど認知していない(知っていてもスルー)ために、世界中ありとあらゆる所で白砂糖をつかった食べ物が流通していること。
 
ケーキ屋に並んでいる色とりどりのスイーツの中に動物の骨粉ですよ(´Д`;)、もうこれ聞いただけでドン引きで食べる気が無くなりますが..
 
 
とか言っている僕も、今年の1月までは白砂糖が危ないことを殆ど知らないで普通に口にしていたのですが、血液検査をして自分の血液のドロドロの原因(+ソマチッドが少ない)が砂糖だと分かってから極力白砂糖入りの食べ物をさけてきました。それ以来、身体が軽く感じたり疲れにくくなったり、お肌のコンディションが抜群にいいのです(もうイイ歳ですがw)
 
 
ということで僕が実践している白砂糖を口にしないための5つの方法を解説していきます。スイーツ中毒に近かった僕がしっかり今でも継続できている方法なので、どれも簡単でシンプルなものです。
 
 
白砂糖

1・コンビニ、スーパー、洋菓子店でお菓子を買わない

コンビニ、スーパーマーケット、さらにはケーキ屋、和菓子屋に売っているお菓子の99.9%はもれなく白砂糖がたっぷり使われています。つまり、街でお菓子を買わないことが白砂糖を口にしない上での基本中の基本になります。
 
 
【大切なこと】は、自分だけではなく家族にも白砂糖が身体に良くないことを丁寧に説明することです。お子さんやご主人にはもちろんのこと、親にも頭ごなしではなく優しく話をして家族全員で白砂糖を食べないことを共有していきましょう。
 
 
実際、この説得の段階がいちばん大変です。なにせ白砂糖はふつうに食べるもの、と洗脳されているような状態なので。ということは、家族の理解が得られれば90%クリアしたようなものですので、根気よく会話を重ねてがんばりましょう。
 
 
*大手デパートやナチュラル系のスーパーや一部コンビニなどでは、白砂糖不使用でオーガニックな食べ物の取り扱いが増えて来ております。
 
 
ファミレス

2・一般的なレストラン、カフェでスイーツを食べない

一般的なレストラン、カフェのスイーツにも当たり前のように白砂糖が使われていますから極力食べないようにしましょう。ここで問題になってくるのは様々な「付き合い」です。例えば、仕事の同僚とランチでイタリアンレストランに行って注文したセットにティラミスがついてきたとします。
 
少量なら神経質にならずに食べてしまって構わないと思うのですが、どうしても口にしたく無い場合は注文時に「ティラミスは要りません」としっかりとスタッフさんに伝えましょう。
 
・注文する前にメニューをちゃんと確認すること
・お店の方としっかりとコミュニケーションをとってスイーツを食べないことを伝える

 
この時に、絶対にNGなのが「白砂糖が入っているから食べれない」と正直に言ってはいけませんw(´Д`)お店のスタッフさんと、同席している人が気分を害します。楽しむために食事をするのですから、場の雰囲気を壊すような自己アピールは必要ありませんよ(笑)
 
ちゃんとお店とスタッフさんに敬意をもって話をすればスイーツの代わりにフルーツを出してくれた、そんな体験もありますから、あくまでその場を楽しむことを大切にしてください。
 
 
メープルシロップ

Sponsored link

3・メイプルシロップを持ち歩く

基本、甘い物が大好きな僕は小瓶にメイプルシロップを入れて携帯しています(笑)主にスタバでチャイティラテを飲む時に活躍します。仕事で疲れた時などにどうして甘い物が欲しくなってしまい、そんな時はメイプルシロップを入れて飲んでいます。
 
メイプルシロップ以外にも黒砂糖やローシュガー(精製度が低い砂糖)などを持ち歩いてもいいでしょう。黒砂糖などはチョコレートが食べたくなった時などにも代わりになるのでオススメです。
 
■おすすめシロップ カドデュケベック メープルシロップ(カナダ NO.1 ミディアム) 330g
■おすすめローシュガー 鹿児島県喜界島産 さとうきび 100%使用 喜界島粗糖 500g×3袋 (創健社 自然食品 きび糖 きび砂糖)
■おすすめ黒糖 オーガニック黒糖400g(オーガニックファーマーズクラブ)
 
 
白砂糖

4・8割できればOK!

仕事づきあい、友人づきあい、親戚づきあい、近所づきあい..生きていると様々な付き合いがあります。例えば、しばらくぶりの地元の友人が美味しいどら焼きをお土産に持って来てくれました。さあ、あなたはどうしますか?もちろん白砂糖が生地にも餡子にもたっぷり入っています。
 
あなたのことを思ってわざわざ遠くから重い荷物と一緒に持って来てくれたお土産ですから有り難くいただきますよね。つまり、社会生活をおくっている限り100%白砂糖をさけるということはとても難しい世の中なのです。
 
 
ということでガチガチに100%を目指すのではなく80〜90%口にしなければOKとしてみてはいかがでしょうか。少し心理学的なお話になりますが、この「ゆるみ」はとても大切なんです。100%を目指そうとすると常にあなたは白砂糖に意識が向きますよね。いついかなる時でも「白砂糖を食べる訳にはいかない」という意識が働いて細かいことまで疑ったり..
 
そして完璧を目指す人はもれなく周囲の人たち(家族、友人)とのバランスが崩れ始めます。さらにそれが進むとせっかく健康的な食生活を心がけているのに、自分の心と身体のバランスを崩して色々な問題を招く傾向があります。もっと言うと、白砂糖をさけることを過剰に意識しすぎることで「白砂糖」を引き寄せまくってしまい(物質化する)ずっと白砂糖につきまとわれるのが宇宙の法則です(笑)
 
80%でよしとしていれば、もし不意に白砂糖を口にしてしまっても「まいっか」で軽く流せるし、ふだん白砂糖を意識しなくなりますので結果として白砂糖があなたの目の前に出現しなくなり、完璧主義よりも楽に白砂糖をさけることができるでしょう。
 
 
10-vgpls-20140218-sasayacafe

5・時々ガッツリとスイーツを食べる

なんだかんだで甘いスイーツを食べると幸せな気分になります。自宅で手作りお菓子を作れればいいのですが、僕のように独身で彼女もいないと(笑)もっぱら外食に頼る他ありません。近頃は、健康意識が高い人やベジタリアンの皆さんが通うオーガニックなカフェやレストランが増えていきており、白砂糖を使っていない美味しいスイーツを食べることができます(ちゃんと甘いので安心)
 
ということで、たまにはお洒落なオーガニックカフェで好きなだけスイーツを楽しんで欲を満たしてあげましょう。食材が植物性(乳製品・卵不使用)で低脂肪低カロリーなので、ダイエット中でも遠慮なく食べることができます(´¬`)
 
 


 
白砂糖を口にしないための僕(@ka__zz)的工夫はいかがでしたでしょうか。これから白砂糖に対する皆さんの意識が高まっていけば、マーケットも僕らのニーズに答えるカタチで、オーガニックなスイーツがたくさん出回ってくると思います。
 
皆さんのヘルシーライフの参考になりましたら幸いです!
 
 
image:David Photo Studio

Sponsored link


白砂糖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士
 
iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。
 
野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。