【マナバーガーズ】100%植物性のヘルシーハンバーガーが激ウマすぎた!@たまプラーザ

mana burgers

【現在、諸事情によりマナバーガーズは一時閉店中です。再開の情報が入り次第、当ブログでもお知らせします。】
 
 
ベジタリアンが食べている100%植物性のハンバーガーがこんなに美味いなんて!
 
 
今から5年ほど前に僕が福岡市内で出会ったマナバーガーを食べた時の感動は今でもリアルに憶えています。そんなマナバーガーズがたまプラーザに完全復活しました(´¬)
 
 

Sponsored link

大豆で出来たお肉、ふんだんに使われた有機野菜、もっちもちの天然酵母バンズ、ボリューム感バツグンのトッピング..マナバーガーズの魅力はまさしく「ナチュラルジャンク!」
 
 
mana burgers

東急田園都市線たまプラーザ駅の北口に下りて徒歩3分でマナバーガーズに到着!
 
駅からまっすぐなので迷子になる心配はありません。
 
 
mana burgers

びっくりするほどインテリアにこだわっていて、バーガー屋さんとは思えないとってもステキで居心地がいい店内では明るいスタッフさんたちがテキパキと働いています!
 
ちなみに今回の写真はすべてプレオープンで撮影したものなのでお客様もスタッフさんもすべて顔出しOK!となっています(´¬
)
 
 
mana burgers

お店に入ると、レストランのように最初にテーブルへ案内してくれます。
 
 
マナバーガーズ MANA BURGERS公式サイト

 
mana burgers

■Mana Burgersたまプラーザ店

場所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-21-12
電話: 045-901-1599
平均予算:1000〜2000円
営業時間: 11:00~22:00(LO/21:30)
定休日:年中無休
駐車場:
アクセス:東急田園都市線たまプラーザ駅北口から徒歩3分
 

 
mana burgers

皆さん、楽しそうに食べたりお友達とおしゃべりしています。
 
スタッフさんたち皆さんがウェルカムオーラに満ちていて、品があって上質な空気感、間違いなく居心地がイイお店です。
 
 
mana burgers

このハットをかぶったジェントルマンがマナバーガーの社長さん。以前、取材させてもらった時からお世話になっています。
 
今回はブロガー代表としてプレオープンに招待していただき、社長さんから色々と商品の説明をしていただきました。
 
 
mana burgers

インテリアがとても細かいとろこまでこだわっています。
 
豚さんとウサギさんのフィギアが楽しそうに遊んでいるのは、お肉お魚類をいっさい使っていないピースフルのお店を表現しているようです。
 
 
mana burgers

友達同士、家族同士、恋人同士、そしてひとりでも気軽に来れる雰囲気です。
 
カフェとしてもじゅうぶんに利用できそうです。
 
 
mana burgers

キッズスペースまであって小さいお子さんはここで遊べるようになっています。
 
ここまで配慮したお店ってなかなかありません。
 
 
mana burgers

席についてメニューを決めたらカウンターに来て注文をします。
 

■オーダーのやり方

1・お店に入ったら席に案内してもらう
2・席でゆっくりメニューを見て決める
3・決まったらカウンターにきて注文する
4・商品が出来上がったら席まで持って来てくれる

 
 
mana burgers

マナバーガーズのハンバーガー類や料理はすべて植物性(一部乳製品)ですので、ベジタリアンの人はもちろんのこと、健康意識が高い人、ダイエット中の人まで幅広いニーズに対応できています。
 
もちろんお店でひとつずつ丁寧につくられています。
 
 
mana burgers

メニューは「ビーガン(完全植物性)」「ラクトベジ(乳製品仕様)」で分かれていて、ちゃんと印がついています。乳製品(チーズなど)を抜いて欲しいと注文すればちゃんと対応してくれますのでヴィーガンの方でも安心です。
 
メニューは → ここをクリック!
 
 
mana burgers

ジャンクなバーガーにかかせないのが炭酸飲料ですよね(笑)
 
マナバーガーズではオーガニックなソーダ系ドリンクがあります。
 
さらにこれまたオーガニックなビールやワインも飲むことができます(´¬)
 
 
mana burgers

僕がおすすめバラデンコーラ!
 
無添加つまり天然素材100%の安心コーラです。となりにちょっとだけ写っているバラデンチェドラータも天然柑橘ドリンクなのでバーガーとよく合います。
 
 
mana burgers

Sponsored link

マナバーガーズオリジナルグッズもいっぱいありました。
 
 
mana burgers

テイクアウト用のエコバッグ。
 
 
mana burgers

ノンカフェインのオーガニック珈琲。
 
他にもタンブラーなど、エコでヘルシーなグッズがもりだくさん。
 
 
mana burgers

元祖福岡のマナバーガーの産みの親アンナさんがたまプラーザ店のメニューを監修しています。僕が尊敬するシェフのひとり、人としてもリスペクトしている偉大な方です。
 
 
mana burgers

アンナさんがこだわった天然酒酵母で作られたバンズがこれまたスゴい!もっちもちで深みがある味わい、ひと口かじると感激するバンズです。
 
 
mana burgers

大豆で出来たパティを焼いているところ。
 
植物性なのでコレステロールがゼロ、健康にいいハンバーガーって素晴らしいですよね!
 
 
mana burgers

珈琲に入れる砂糖類もローシュガーとメープルシロップなど健康にイイものを使っています。マナバーガーズのすべてのメニューは添加物や化学調味料など一切使っていないから安心して食べることができます。
 
 
僕が実践する【白砂糖を口にしないための簡単な5つの方法】をまとめてみた! | ベジップルズ

 
mana burgers

お店を散策していると僕が注文したバーガーたちが出来上がってきました。
 
 
mana burgers

取材のためバーガーを2個注文(´¬)
 
・クラシックマナバーガー 680円
・マナドッグ 580円
・ポテトLコンボ 500円

 
上記に消費税を足して合計1900円のリッチな夕食です。ここで注意が必要なのはマナバーガーズのバーガーは一個がかなりデカいです。なのでよほど腹ぺこで無い限り一個食べればお腹いっぱいになります。
 
 
mana burgers

バーガーの大きさを実感できる写真(テリヤキマナ)
 
男性マネージャーさんの手に対してこの大きさなのでかなりデカいです。
 
 
mana burgers

これがマナドッグのケチャップをかける前。ザワークラウト(キャベツの塩漬け)がたっぷりのってて美味しそう。
 
このソーセージも実は大豆で出来ているのです(´¬)
 
 
mana burgers

もっちもちの酒酵母バンズに刻印されたMana Burgerのロゴ。
 
手が込んでいますね!
 
 
mana burgers

マナドッグやフライドポテトにかけるケチャップとマスタード(オーガニック)は自分で好きな分量をかけて食べます。
 
僕がお店にいった時はほとんどのお客さんがベジタリアンではない人たちでしたが、皆さん口々に美味しい!美味しい!と言いながらばくばく食べていらっしゃいました(´¬
)
 
 
mana burgers

どうでしょうこのジャンクな絵、これでヴィーガンです(笑)
 
味はもうびっくりするほどホットドックなので、本当に大豆で出来ているのか疑ってしまうレベルです。
 
 
mana burgers

ぺろりとマナドックを平らげて、いよいよクラシックマナを食べる時がきました。
 
久々のクラシックマナ、よだれが出るね(´¬)!
 
 
mana burgers

ちなみに初めてマナバーガーを食べる方は「オリジナルマナ(ヴィーガン)」をおすすめします。濃厚だけどさっぱりなトマトソースがたっぷりかかったバーガーです。
 
がぶっと豪快にかぶりついてもぐもぐしながらソーダで流しこむ。
 
これぞジャンクフード!そしてジャンクなのに健康にいいw(´¬
)
 
 
mana burgers

植物性バーガー専門店「Mana Burger」の登場で、安心してジャンクフードを食べられる時代が来たように思います。
 
好きなだけ食べても健康にいいハンバーガーなんですから。
 
 
まだマナバーガーズを体験してない皆さん、ぜひ一度食べてみてください♪
 
 


Sponsored link



ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。