福岡で呑むなら元氣になれる絶好調な居酒屋【大名 陽なた家】で決まりだろ!

信太郎さん

福岡へ行くと必ずといっていいほど立ち寄る「大名 陽なた家」は僕(@ka__zz)(@ka__zz)お気に入りの居酒屋です!
 
 
もう6〜7年は通っていまして(年に2〜3回ですが)、ひとりで旅した時でもカウンターでちびちびと呑んでいる始末で、とにかく居心地よくて楽しいお店なんです(´¬`)
 
ということで陽なた家で呑んだ様子と魅力をまとめてみました。
 
 

Sponsored link

福岡で呑むなら元氣になれる絶好調な居酒屋「大名 陽なた家」がおすすめ!

福岡の魅力は何といっても独特の文化と空気感です!東京圏で生活をしていて、たまに行くから余計にそう感じるかもしれませんが、どこか懐かしいようなそれでいて新鮮な..僕にとって大好きな街のひとつです。
 
 
博多駅

日頃晩酌する習慣がない僕(@ka__zz)が夜の天神に出ると、どうしてもお酒を飲みたくなってしまうのです(笑)
 
その感覚は例えば新宿、大阪みなみ、名古屋の栄、札幌のすすきのといった日本を代表する繁華街では感じることはありません..
 
 
陽なた家

僕の私的な基準として「ついついお酒を呑みたくなってしまう街」が居心地のイイ場所であり、それはつまり安心してココロを緩ませることができるということになります。
 
ということで「大名 陽なた家」は福岡市の代表的な繁華街「天神」の近くにあります。天神駅から歩いて7〜8分、いちばん最寄りの駅は地下鉄の赤坂駅、バス停だと警固一丁目になります。
 
 
陽なた家

ひとりで行くとカウンターに通してくれます。友達同士とかでテーブルを使う場合はできれば予約をしていった方が確実でしょう。
 
 
陽なた家

大名 陽なた家

場所:福岡県福岡市中央区大名1-9-11
電話:092-731-2565
平均予算:3000〜4000円
営業時間: 月〜木18:00~24:00 金土祝前日18:00〜25:00
定休日:無休
駐車場:目の前にコインP有
アクセス:地下鉄赤坂駅から徒歩5分、警固一丁目のバス停から徒歩3分、天神駅から徒歩8分
 

 
陽なた家

陽なた家はお店のあちらこちらで楽しませてます。お客さんを喜ばせようとする意気込みがハンパなくて、そんなオーラがお店全体に満ちあふれています。
 
 
陽なた家

Sponsored link

このジョッキ最高でしょ!
 
居酒屋のジョッキを持ち帰りたいと思ったのは後にも先にもこれだけです(笑)
 
 
陽なた家

この写真はカウンターでひとり乾杯をした時のもの。
 
王様のチーズをさかなにワインを呑みながらまったりしたり、隣のお客さんたちや元氣なスタッフさんとワイワイとおしゃべりをしたり..ひとり旅ならではの自由な時間を優雅に過ごした夜。
 
 
陽なた家

メニューはかなり豊富で地元の新鮮な食材をつかってどれもこれも美味いのです(´¬`)
 
オススメは九州の野菜たち、味が濃いのなんの!九州なので肉、魚かと思って他のテーブルを見ると野菜料理を注文している率が高い!
 
陽なた家の野菜料理がよほど美味いということでしょう。
 
 
陽なた家

そしてぜひ食べてもらいたいのがたこ焼き「天だこ」です。陽なた家は元々大分のたこ焼き屋からスタート、そのたこ焼きが大名でも味わうことができます!
 
 
陽なた家の社長 永松茂久さんの公式サイト

 
 
陽なた家

僕の場合、粉とソースの組合せが大好きすぎてタコがジャマなのでタコ抜きで焼いてもらいました(笑)まわりがカリッ、中はトロッな極上のたこ焼きなんですが、陽なた家にとってこのたこ焼きはシンボルとも言える大切なメニュー。
 
そのたこ焼きをお客さんを喜ばせるためなら最重要な具であるタコを抜く、この気持ちと対応が最高に嬉しいのでした(´¬`)
 
 
陽なた家

この写真は先輩が国家試験に合格した時にサプライズでお祝いをした時のもの。そうなんです、千葉在住の先輩をわざわざ福岡まで連れてきて合格祝いしました(笑)
 
その理由は、スタッフさん全員がお店のお客さんたちを巻き込んで超全力なお祝いをしてくれるからなんです。それはもう初めはビックリなんですが、最後には感動して涙がでるほど。
 
ぜひ皆さんもお友達の誕生祝いや記念日を陽なた家でお祝いをしてみてください。
 
 
陽なた家

帰り際にもらえるバナナをかじりながらホテルへ戻る僕(@ka__zz)。
 
 
これから仕事や旅行で福岡へ行って、夜は居酒屋で一杯やろうと思っているはぜひ大名陽なた家で楽しんでください(´¬`)
 
それでは皆さん、よい旅を。
 
 

Sponsored link


信太郎さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。