房総半島の日帰り温泉「ごりやくの湯」山の中にある露天風呂に癒された@養老渓谷

ごりやくの湯

九十九里の先輩と一緒に房総半島をドライブしてきた僕(@ka__zz)です!
 
 
房総半島といえば海ですが、今回の旅で「山」も素晴らしいことを実感!先輩の車で連れて行ってもらった養老渓谷は山の魅力がたっぷりで絵に描いたような絶景ポイントでした。
 
というわけでお昼ご飯で食べた絶品の蕎麦と癒しの温泉「ごりやくの湯」を紹介します!
 

Sponsored link

ドライブ中に立ち寄れる大多喜温泉「ごりやくの湯」が癒しスポット。

お世話になっている先輩信太郎さんと、外房のいすみ市から車で走ること1時間。
 
美しい渓谷、雄大な滝、美味しい空気..ドライブしているだけでも来て良かった!と思える養老渓谷にやって来ました。
 
 
ごりやくの湯

今回紹介する日帰り温泉「ごりやくの湯」は養老渓谷を代表する名所「栗又の滝」から車で3分ほどの場所にあります。
 
お昼時に到着した僕らは温泉の前に、館内にある「旬味処 大多喜」でランチをすることに。
 
 
ごりやくの湯

養老渓谷付近は水が綺麗ということで蕎麦の名店が多く、ごりやくの湯でも美味しいお蕎麦をいただくことができます(´¬`)
 

適当に注文した蕎麦が大当たりだった!

御嶽山(信太郎さんの新聞、この日の前日に大噴火した御嶽山)

注文したのが、
 
先輩は ざる蕎麦 650円
僕は冷やしごりやく蕎麦 900円

 
山の緑に囲まれた席で新聞を読みながら待ちます。
 
 
ごりやくの湯

先輩のざる蕎麦がこれ!
 

旬味処 大多喜

場所:ごりやくの湯内
平均予算:1000〜3000円
営業時間:ランチ11:00~15:00 夕食16:00~18:00
 
お蕎麦の他にも御膳や定食、寒天やソフトクリームなどがあります。
 
*公式ページ:http://www.goriyakunoyu.jp/
 
ごりやくの湯

Sponsored link

僕の冷やしごりやく蕎麦がこれ!
 
 
ごりやくの湯

トッピングは大根おろし、かいわれ、海苔、そして餅の天ぷら。
 
 
ごりやくの湯

つゆを自分でぶっかけて出来上がり!
 

▼オススメ絶景スポット。ごりやくの湯から車で60分。

ごりやくの湯

蕎麦好きな僕でも納得の美味さ(´¬`)
 
餅の天ぷらも思いのほか蕎麦に合っていて大満足です。
 
 
ごりやくの湯

お腹が満たされたところで、温泉に入ることに。
 
タオルは館内で貸し出し(200円)してくれますが、持参してもOKです。
 
 
ごりやくの湯

木製の内風呂、そして山々に囲まれた露天風呂にサウナ。風にそよぐ樹々、鳥たちの鳴き声、青い空を温泉につかりながらゆったりと味わうことができました。
 

滝見苑けんこう村 ごりやくの湯

場所:千葉県夷隅郡大多喜町字ヤシウ176
電話:0470-85-0056
入泉料:大人1080円(18時以降は800円)・小学生660円
入浴時間: 10:00~20:00(受付19:00まで)
泉質:弱アルカリ泉(炭酸水素ナトリウムメタケイ酸)
効能:リュウマチ、腰痛、冷え症、肩痛
設備:旬味処 大多喜・個室休憩室
定休日:年中無休
駐車場:
アクセス:東京湾アクアライン木更津東ICから約40分、館山自動車道市原ICから約60分、圏央道市原鶴舞ICから約30分
 

 
養老渓谷

あまりにも居心地がよくて2時間あまり温泉に入った僕らは、美味しいお蕎麦と自然のパワーにすっかり癒されてリフレッシュすることができました。
 
 
それでは皆さん、楽しい旅を!
 


Sponsored link



*初心者向けオンライン投資講座キャンペーン*

ごりやくの湯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・Wordpressエディター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。