【さくちゃん工房】麻炭バンズのベジバーガーが豪快すぎて美味すぎた!@板橋大山

さくちゃん工房

台風18号そして、たてつづけに19号が縦断した日本列島..すっかり秋が深まってますます食欲アップの僕(@ka__zz)(@vegepples)です!
 
 
今回は東京板橋区大山にある「Veganic CAFE&STORE さくちゃん工房」で、超こだわりのビーガニック(Vegan+Organic)なベジバーガーを食べたレポートです(´¬`)♪
 
 

Sponsored link

僕と先輩の信太郎さんと友人のM子は、この日友人のパティシエが開催したスイーツ教室に参加。その後、池袋駅から東武東上線に乗って3駅..「大山駅」で下りて南口改札から歩いて2分..
 
 
さくちゃん工房

閑静な路地にある「Veganic CAFE&STORE さくちゃん工房」にやってきました!
 
 
さくちゃん工房

お店は初めて来ると入り方がわからないと思うので解説すると、
 
1・メニュー看板が道に置いてあればOPEN中
2・右手をみると「Veganic Japan」の看板が!
3・門扉をあけて階段を上がっていく..
4・「こんにちは〜」と言いながら扉をあけて靴をぬいで上がる
 
*Veganic Japanがさくちゃん工房を運営している会社
 
 
さくちゃん工房

■Veganic Cafe&Store さくちゃん工房

場所:東京都板橋区大山町7-11-2階
電話:03-6795-9420
食事平均予算:1000〜2000円
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日
駐車場:無(すぐ近くにコインP有)
アクセス:東武東上線大山駅南口改札から徒歩2分
 

 
さくちゃん工房

以前は予約しないとご飯を食べることができなかったさくちゃん工房が、2014年9月から予約なしでもカフェとビーガニックな食材を買い物できることになりました!
 
 
さくちゃん工房

基本はオーガニックでビーガンでヘンプ(大麻)なデリと食材が買えるお店。運良くカウンター席があいていれば食事やお茶を飲むことができます(´¬`)
 
 
さくちゃん工房

■こだわり料理の特徴は

 
・野菜やお米、調味料に至る全ての素材が自然栽培、有機栽培、国内栽培の順に厳選
・種苗はF1種より固定種を優先
・調味料や海藻は伝統製法された物を使用
・化学調味料や着色料、保存料、人工甘味料などの合成添加物は不使用
・白砂糖は不使用、遺伝子組換えされた食材は不使用
・マイクロウェーブ不使用

 
上記の条件を満たした厳選食材とオーナーシェフであるヒロコちゃんの確かな腕によってほっぺが落ちるくらい美味しい料理をいただくことができます。
 
 
さくちゃん工房

世界中から集められたスパイスとハーブ、そしてヒロコちゃん。
 
「さくちゃん工房」の名前の由来は、ヒロコちゃんが昔一緒に暮らしていたプレーリードックの名前で、当時ブレーリーから大切なことをたくさん教わったことがビーガンとして生きるキッカケになったことから、さくちゃん工房にしたそうです。
 
 
さくちゃん工房

ヒロコちゃんはさくちゃん工房のオーナーシェフ兼一児の母。3歳になる息子はもちろん産まれてからずっとビーガン&オーガニックでわんぱくに育っています(´¬`)
 
さらに現在、月刊マクロビオティックで「我が子に教わる食養育」の連載の他、育児雑誌の「クーヨン」で記事を書いたり、食育に関する講演をしたり、とても多忙な毎日を送っています。
 
 
さくちゃん工房

カフェのメニューは日替わりのデリとスイーツ。
 
もっちもちに炊かれた玄米と、専属有機農家から届く季節の野菜と穀物をつかった料理が数種類、そしてケーキや焼き菓子など。
 
*メニューは→ ここをクリック!
 
 
さくちゃん工房

僕のおすすめはセットメニューで、
 
・お好きなメイン料理2品 500円
・玄米+スープ系 500円
 
合計1000円の自分チョイスなマクロビご飯と、食後にスイーツとお茶系をひとつ追加するパターン(´¬`)
 
 
さくちゃん工房

写真は東京かぼちゃのマヨネーズ和え。
 
毎度ながらどんぶりで食べたい美味さ(´¬`)
 
 
さくちゃん工房

そして千葉の有機農家さんから届いたばかりの野菜を煮込んだベジポトフ(´¬`)
 
 
さくちゃん工房

Sponsored link

僕らがメインで注文したのは土日限定の麻炭パンのベジバーガー 880円
 
平日はバラエティに富んだデリと玄米ご飯、週末はぜひベジバーガーをお召し上がりください(´¬`)
 
 
さくちゃん工房

この日は運良くカウンター席があいていました。
 
出来上がるのを待つ先輩信太郎さん。
 
 
さくちゃん工房

ひとつひとつ丁寧に料理しながら、野菜のことやヘンプのことを語ってくれるヒロコちゃん、とっても勉強になりました。
 
いつ行っても気軽にお話をしてくれるので待つ時間も楽しい雰囲気に。
 
 
さくちゃん工房

これは信太郎さんが注文した車麩フライのてりやきバーガー。
 
すっごいボリューム感、そして麻炭を練り込んだバンズはその日の朝に焼いています。
 
ガツガツガツと食べてあっという間に完食(´¬`)さくちゃん工房に来る前は仕事で疲れていた信太郎さんでしたがバーガーを食べたら元氣になってしまいました。
 
 
さくちゃん工房

バーガーは季節季節の旬な野菜に、車麩や大豆たんぱくチキンのパティがサンドされたものが2種類。
 
僕が注文したベジチキンのビーガンチーズソースバーガーがこれ!
 
 
さくちゃん工房

目の前にバーガーが現れた瞬間に、すっごいテンションがあがります(笑)
 
ベジとは思えないビジュアルと楽しさは、「決して安くはない880円のバーガーを注文してくれたからには、それ以上の価値を提供して喜ばせたい」というヒロコちゃんの想いが現れています(´¬`)
 
 
さくちゃん工房

たっぷりかかったとろとろのチーズソース、香りも味もチーズそのもの(´¬`)
 
ベジチキンは揚げたてでサクサクッとした歯ごたえ、中はジューシーでかなり上質なチキン!と思えるくらいチキン感がハンパない!
 
 
さくちゃん工房

麻炭バンズをてっぺんにのせていただきます。
 
こうなったら行儀もへったくれもありません(笑)口をおおきくあけて豪快にかぶりつきましょう。味はもちろん最高級の美味さ、食べながら魂とカラダが喜んでいるのがわかります(´¬`)
 
 
さくちゃん工房

これだけジャンキーなのですから、オーガニックな炭酸ドリンクがおすすめ。
 
コーラとレモネード、どちらもお店の冷蔵庫にあるのでぜひご一緒にどうぞ(´¬`)
 
 
さくちゃん工房

食後はビーガニックな食材のお買い物タイム。
 
 
さくちゃん工房

小さいお見せながら、オーナー夫妻が自信を持って揃えた食材たちはどれもこれも買いたくなってしまうでしょう。
 
これを読んだ皆さんはぜひMyバッグを持参して買い物を楽しんでください。
 
 
さくちゃん工房

僕が購入したのは、有機うどんとインスタントの焼きそばなど。
 
この日九州から友人が来るのでお土産もいっしょに買いました。
 
 
さくちゃん工房

さくちゃん工房ではビーガニックなお弁当の大量注文も受けています(´¬`)
(デリバリーはしていないので当日お店に取りに行ってください)
 
写真は僕が実際に食べたもの。新鮮な食材をちゃんとした有機もしくは自然農家さんから仕入れるために4日前までにはご注文ください。お弁当の詳細は電話にてお問い合わせください。
 
*お問合せ→ 03-6795-9420
 
 
30-veg-20141014-sakukobo

これはさくちゃん工房のオーナー夫妻が立ち上げた会社Veganic Japanが発売する日本で初めての土に還る紙オムツ。赤ちゃんのデリケートな肌にも地球環境に優しいエコな紙オムツ、子育て世代の皆様は要チェックです。
 
 
土に還るおむつゴミ袋 – ビーミングベビー公式ページ

 
さくちゃん工房

というわけでビーガニックな美味しい食事と買い物がどちらも楽しめるさくちゃん工房。
 
おかげさまでカラダも心も元氣になって楽しい休日の午後を過ごすことができました(´¬`)
 
 

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

職業→カウンセラー・WEBライター・自分メディアクリエイター・ブロガー・瞑想トレーナー   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェにでかけたり旅に出たりしている。インドの聖地をうろちょろするのが趣味。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。