スマホゲーム「キャンディークラッシュ」中毒から抜け出す5つの方法!

candycrush

1年前からハマっているスマホゲーム「Candy Crush」、現在ステージ323で手こずっている僕(@ka__zz)です!
 
 
このゲーム、相当面白くて気がつくとスマホを片手にキャンディー消しに夢中になっている..そしていつ止めていいのかわからない(´Д`)?僕と同じような症状にかかってしまっている人が多いのではないでしょうか(´Д`)
 
ということで今回は「Candy Crush」中毒から脱出する方法をお伝えします!
 

Sponsored link

キャンディークラッシュ中毒から抜け出すための5つの方法。

このゲームを考えた人はスゴい!そしてアップデートのたびに新しいステージが追加されてまったくエンディングのきざしがない(´Д`)!なので僕らはCandy Crushを止められないとまらない(´Д`)笑
 
 
candycrush

自分をコントロールできない僕のような人間がこのゲームに手を出してしまったのがいけなかった。こんなに面白いとは思わずに、氣づくと1年現在ステージ323。途中、3ヶ月ほどアプリをiPhoneから削除していたのにもかかわらず、やっぱりやりたい!(笑)
 
再びCandy Crushをやるなら生活と自分の精神に支障が出ないように、僕なりにルールを決めました。結果、わりとすんなり中毒症状から脱出。現在はわりと大人な感じでCandy Crushを楽しんでいます。
 
とういことで、さっそく中毒から抜け出すルールを見ていきましょう。
 


 
candycrush

1・ゲームをやる時間を決める

まるで子供のようですが、ゲームにはまる人は大人でも子供なんです(笑)なので、一日でゲームをできる時間を決めましょう!15分と決めたらそれ以上は絶対にやらない自制心が必要です..
 
しかし、その自制心がないからハマってしまうのでは(´Д`)?
 
そこで時間を制限してもルールが守れない人は2を参考にどうぞ。
 
 
candycrush

Sponsored link

2・ゲームをやる場所を特定する

僕の場合は電車で移動している時とトイレに入っている時、この2つの場所以外は絶対にゲームをしないと決めたところわりと上手くいきました!
 
人生は時間が限られています。時は金なりといいますが、時間の積み重ねでできているのが人生ですから「時は命なり」と自分に言い聞かせて、生活の中でスポット的にできるアイドルタイムを利用してゲームを楽しみましょう。
 
 
candycrush

3・5つのライフが終わったら止める

Candy Crushは時間が経つとライフが回復するシステムです。ライフは5つがマックスですが時間経過と、友達からのライフのプレゼントによって一日中遊べてしまいます。
 
そこで一日に5回と決めるのも有効です。
 
 
candycrush

4・思い切ってアプリを削除する

前述の3つの方法を試しても、ルールを破ってゲームをやってしまうあなたはCandy Crush中毒から抜け出すことはできないでしょう(笑)
 
ということでCandy Crushをスマホから削除することをおすすめします。このような人は(僕がそうだったw)スマホにアプリがあると無意識でCandy Crushを初めてしまうほど重症化しています。
 
思い切って削除しましょう( -3-)y-~
 
 
candycrush

5・開き直ってとことん楽しむ

ゲームにはまっている自分に自己嫌悪や罪悪感を感じている人は、Candy Crushのプレイに制限をかけるよりも逆に欲望のままにハマってしまうほうがいいでしょう。
 
僕の知人は転職するための求職期間にスマホ、パソコン、iPadにそれぞれCandy Crushをダウンロード(同じアカウント)して、5つのライフを使い切るとガジェットを切り替える方法で休み無く気が済むまでプレイしました(現在ステージ700手前!)
 
ここまで遊びきることで、自然とCandy Crushから卒業できる、満足感と達成感と共に..
 
 

KAZUAKI tani
ゲームにあるはずの終わり(エンディング)が見えないこのキャンディクラッシュ。この記事に辿りついて読んだ方は、少なからず中毒症状がある方です。
 
ぜひ、ひとつかふたつルールを実践して気持ちよくCandy Crushをプレイしつつ最後はしっかりとケジメをつけてくださいね( -3-)y-~
 
 

Sponsored link


candycrush

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。