「SEKAI CAFE」浅草にムスリムとベジタリアンに対応したカフェがOPEN!!

浅草にOPENした「SEKAI CAFE」がかなり良さそうなんです!
 
 
世界中から旅行者が集まる浅草なのに今までなかったビーガン&ムスリム&アレルギー&英語に対応したスペシャルなカフェなので期待はかなりおっきく膨らみます。
 
ということでお店の情報をまとめてみました。
 

Sponsored link

ムスリムとベジタリアンに対応したカフェ「SEKAI CAFE」が雷門すぐそばにOPEN!

海外から日本に訪れる旅行者にとって、ここ最近は浅草の人気が急上昇しているらしい。浅草寺そしてスカイツリーと新旧の日本を同時に体験できて、僕自身も浅草は好きな東京の街ベスト3に入っているほど。
 
 
雷門

ところが、食に関していうと大幅に外国人旅行者向けの対応が遅れてしまいっているのも事実。日本へ来る旅行者のベジタリアン比率は10%を超えると言われいますが、浅草にはベジタリアンやムスリム、ハラールなどの食習慣に対応できるお店がまったくありませんでした。
 

▼SEKAI CAFEオープン後のレポート。

SEKAI CAFE

今回紹介するSEKAI CAFEは名前の通りブローバルスタンダードな内容になっています。
 

SEKAI CAFEの特徴

・ビーガン対応
・ムスリム対応
・ハラール対応
・英語での接客対応
・アレルギー食材対応
・食材はオーガニック
・WiFiフリー
・電源フリー
・クレジットカード、ICカード対応

 
 
うーーん、すごい!
 
ここまで徹底したカフェは東京でも初めてではないでしょうか!
 
 
sekaicafe

セカイカフェへのアクセス

東武スカイツリーライン浅草駅、地下鉄銀座線浅草駅、都営浅草駅から徒歩5分。雷門から仲見世通りに入り、すぐ左手の裏路地に入るとあります。
 
 
sekaicafe

料理は、ベジタリアン料理の他にもお肉類もそれぞれの制限に応じて調理されているようです。

カフェのキャッチコピーとポリシー

「食のおもてなし 世界中の人が同じテーブルを囲んで楽しむカフェ」
 
「私達は、宗教やアレルギーなどで食に制限のある方にも、食を楽しんでいただけるよう努めます」

Sponsored link

世界中から訪れるイスラム教徒やベジタリアンでも安心して食事ができるSEKAI CAFE

SEKAI CAFE

ヤフーニュースでもピックアップされて話題になりました。

浅草雷門近くにハラールフード対応カフェ「セカイカフェ」(台東区浅草1、TEL 080-6812-8865)が11月11日の11時11分、オープンする。運営は日本SI研究所(墨田区江東橋1)。(浅草経済新聞)
 
 同店では、外国人観光客が食で困らないようにと、ハラールフードのほか、ビーガン(ベジタリアン)メニューやアレルギー対策メニューを全て手作りで提供する。メニューには肉や甲殻類、卵やそばなどの食材ピクトグラムでアレルギーと宗教戒律に一括対応しており、一目で「食べられるもの」が分かるようになっている。
 
 オープンする11月11日は世界平和記念日。「世界平和をテーマにオープン日を決めた。外国人観光客にもっと笑顔を」と店長の藤ヶ森彩さん。「今後はハラールやビーガンの他の宗教的な食習慣などにも対応して行きたい」とも。

 
 
SEKAI CAFE

世界中から東京へやってきた人々が肌の色、国籍、言葉、宗教に関係なくみんなが笑顔で美味しい食事を楽しむ光景が目に浮かぶようです(!)
 
2020年の東京オリンピックが近づくにつれて、間違いなくSEKAI CAFEのスタイルが東京基準となることでしょう。
 

▼東京スカイツリーのすぐそばにもSEKAI CAFEがオープン!

というわけで、近日中に取材へ行こうと思います(!)
 
どうぞ、お楽しみに!

SEKAI CAFE ASAKUSA

場所:東京都台東区浅草1-18-8
電話:03-6802-7300
平均予算:1000〜2000円
営業時間:8:00~20:00
ランチ:11:00~14:00
定休日:
駐車場:
アクセス:東武スカイツリーライン浅草駅から徒歩3分・都営浅草線浅草駅から徒歩2分・東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩3分
公式ページ:https://sekai-cafe.com/
 

 
All image:SEKAI CAFE FBページ,HALAL MEDIA JAPAN
 
*最新情報はSEKAI CAFE浅草のfacebookページ→ ここをクリック!
 

 


Sponsored link



ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhoneSEとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。