あまりにも便利すぎるぞ!「ホテル ザ・ビー」に泊まってみた!@京王八王子駅

ホテルザビー

先日、京王八王子駅そばのホテル ザ・ビーに泊まり、部屋で朝まで仕事をした僕(@ka__zz)です!
 
 
翌日にせまった講座に使う資料を作るために利用したのですが、思いのほか仕事に集中することができました。そして何よりも便利極まりない立地がサイコーでした。
 
ということで、チェックインからチェックアウトまでの様子とホテルの情報をレポートします。
 
 

Sponsored link

真夜中午前1時から朝7時までに20ページにおよぶ資料を作るというチャレンジ。
 
作成するために僕が選んだ場所が、京王八王子駅から徒歩1分にあるホテル ザ・ビーの部屋。
 
 
八王子駅

この日、府中でセミナーを受講した後に仲間たちとファミレスで夜食を食べて八王子駅に着いたのが午前0時半(´Д`)
 
 
ホテルザビー

当初の予定よりも1時間半遅れでホテルに到着。

改札出て徒歩わずか2分にある立地は疲れた身体にとって何より嬉しいこと。なにせ迷子になって余計に歩かなくて済むので(笑)
 
 
ホテルザビー

■ホテル ザ・ビー八王子

場所:東京都八王子市明神町4-6-12
電話:042-646-0111
チェックイン/アウト:15:00 / 11:00(プランによって異なります)
価格目安:シングル 5000〜10000円
無料WiFi:各部屋にあり
レストラン:カフェバー「モータウン」
その他施設:宴会場、会議室、フィットネスジム、マッサージ
アクセス:京王八王子駅から徒歩1分、JR八王子駅から徒歩7分
駐車場:有(1000円/泊)
 

 
ホテルザビー

深夜のチェックインにもかかわらず丁寧な対応とシックで大人な雰囲気に癒されます。
 
 
ホテル ザ・ビー 八王子 公式サイト | 京王八王子駅より徒歩1分のホテル | イシン・ホテルズ・グループ

 
ホテルザビー

今回の予約は楽天トラベルにて。
 
・スタンダードシングル 13㎡ 素泊まり 5300円(税込)
 
12月の平日ですがこの駅前でこの価格ならまあまあリーズナブルといえるでしょう。
 

【ホテルのご予約はこちらからどうぞ】

ホテルザビー

フロントにある無料の珈琲マシーンでアメリカンをいただいて部屋へ向かいます。
 
朝までデスクワークをすることになるのでカフェインの注入です。
 
 
ホテルザビー

部屋もシックな色合いと照明でかなり落ち着きます。
 
ダブルベッドルームかツインルームならデートでも使えるクオリティです。
 
 
ホテルザビー

部屋の広さは13㎡、コンパクトゆえにデスクワークに集中できます。
 
資料作成に入る前にシャワーを浴びてかるくリラックスタイム..
 
 
ホテルザビー

Sponsored link

必要十分な収納。
 
 
*高尾山まで30分、登山の前泊ホテルとしても利用できます。

Amazon まるごと! 高尾山こだわりガイド
 
ホテルザビー

サニタリールームは標準的なユニットタイプ。
 
すみずみまで行き届いた清掃で清潔感はバッチリです。
 
 
ホテルザビー

真夜中1時半過ぎ、資料作りの始まり。
 
果たして朝までに終わるのだろうか..
 
 
ホテルザビー

眠くならないように苦めの珈琲を飲みながら。
 
カフェインがきれたら1階フロントへいって珈琲をもらえるので安心です(笑)
 
 
ホテルザビー

部屋にもポットとお茶セットがあって..
 
 
ホテルザビー

3種類ものお茶があるのが嬉しいところです。
 
途中、何度か眠気に負けそうになりながらも、なんとか資料を完成することができました。
 
 
ホテルザビー

ホテルの目の前にあるセブンイレブン。実はザ・ビーの1階にはLAWSON、隣がファミマというコンビニ天国な立地なのでした。
 
午前6時前、完成した資料をネットプリントでプリントアウトとコピーをして..
 
 
ホテルザビー

人間やればできるもんです(笑)
 
講座のための20ページにおよぶ資料をひと晩で仕上げるという無謀な挑戦をして、無事に完成させることができました!
 


【ホテルのご予約はこちらからどうぞ】

ホテルザビー

朝7時、さすがに完徹は身体が持たないので1時間半ほど仮眠して8時半起床。
 
目を覚ますために熱いお風呂に入ってから9時チェックアウト。
 

 
というわけで八王子駅周辺でホテルを探すならザ・ビーをおすすめします。
 

Sponsored link


ホテルザビー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士
 
iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。
 
野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。