自由が丘【Bake Shop】はティータイムがJazzyで落ち着く空間になる。

bakeshop

久々に自由が丘でランチした僕(@ka__zz)は、友人とのミーティングをかねて大好きな「BakeShop」でカフェしてきました。
 
 
ランチ、ディナータイムは行列ができるほどの超人気カフェの僕にとってのゴールデンタイムが15:30-17:30で、ピーク時が嘘のようにしっとりと落ち着いて過ごすことができます(´¬`)
 
ということでBakeShopのティータイムをレポートします。
 

Sponsored link

僕(@ka__zz)にとってのカフェは、賑やかさと楽しさを求める時と、しっとりと落ち着いた安らぎ..その2つを使い分けています。
 
 
bakeshop

皆さんご存知、自由が丘「ベイクショップ」は賑やか派のカフェとして僕の中でリストアップしてあるのですが、今回はじめてティータイムに行ってびっくり仰天(笑)
 
ピークが過ぎ去った店内は、さながら嵐の後の静けさで、僕好みのジャズが流れる最上級な空間となっていました。
 
 
bakeshop

自由が丘は、群馬県民の僕が都会人になったと錯覚できる場所(笑)
 
その中でもベイクショップはとんがった都会感ではなくナチュラルで居心地がいい感覚になれる貴重なカフェ。おかげで、友人との打ち合わせも楽しくできました。
 
 
ベイクショップ

16時近く、夕方特有のまったりした時間の流れ..
 
 

bakeshop

■自由が丘Beke Shop

場所:東京都目黒区自由が丘2-16-29 IDEE SHOP Jiyugaoka 4F
電話:03-3723-2040
平均予算:1500円〜2000円
営業時間:月〜金10:30~22:30、土日祝9:30〜22:30
定休日:不定休
駐車場:
アクセス:東急東横線自由が丘駅から徒歩5〜6分
 

 
bakeshop

17時を過ぎたところでキャンドルに灯をともり、しっとり感がさらに倍。
 
ディナー前ということでお客さんもまばらでとても静かになります。
 
 
自由が丘べイクショップ

 
 
慌ただしい日常から離れて、思考を休めることができるベイクショップのティータイム。
 
仕事や家事で疲れた人におすすめします(´¬`)
 

Sponsored link


bakeshop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士
 
iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。
 
野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。