【蓮香齋】世界一のベジ料理ビュッフェが超絶に美味くて食い倒れた!@台北

蓮香齋

台湾素食ビュッフェレストラン「蓮香齋-リェンシャンツァイ」へ行けば、台湾がベジタリアン天国であることこを確実に実感できる!
 
 
肉・魚・五葷(ネギ、ニンニクなど)を使っていないにもかかわらず、圧倒的に美味しい200種類以上にもおよぶ台湾ベジ料理を、日頃はセーブしている食欲を全開放して食べてきました(笑)
 
ということで、レストランの情報と食べた様子をレポートします!
 

Sponsored link

台北101の89階から見下ろした台北の街..
 
 
taipei

2泊3日台湾食い倒れの旅をしてきた僕、ベジタリアンな乙女男子。
 
食い倒れ..と言ったものの、最初は腹八〜九分目くらいに抑えるオトナな旅になると思っていました。
 
が、しかし..
 
 
蓮香齋

「蓮香齋-リェンシャンツァイ」
 
このお店に行ったことで本当に!リアルに食い倒れることになってしまったのです(笑)
 
 
蓮香齋

台湾には素食(ベジタリアン料理)をビュッフェ形式で食べることができるレストランがけっこうありまして、蓮香齋はその中でもっとも有名なお店になります。
 
場所は南京東路5段にあるホテル「福華酒店」の地下にあります。
 
 
蓮香齋

巷では、世界一のベジタリアン料理ビュッフェと言われるこのお店、ランチもディナーもどちらも予約をしないと入れないくらい人気のレストランです。
 
僕らも旅の初日に予約をしてから2日目のディナー、3日目のランチで訪れました。
 
 

蓮香齋(自分でカスタマイズしてオリジナルの鍋料理を作れるエリア)
 
まずビックリなのがお店のデカさで、
 
客席がなんと700席近くあります(´Д`)!
 
標準的な日本のファミレスが70〜80人前後ですからその7倍の規模です。肉、魚がいっさい入らない精進料理のお店でこのスケールはさすがベジタリアン天国な台湾です。
 
 
蓮香齋

さらに驚くのがビュッフェ料理の種類が200種類以上!
 
伝統的な台湾精進料理の他、飲茶、中華、和食、洋食、スイーツまでこれでもかッというほど料理が並んでいます。
 
 
蓮香齋

お店は中国語と英語が通じます。日本人の旅行者も多いようで、スタッフさんによっては簡単な日本語が通じる場合もあります。
 

食事から会計までの流れ

1・事前に予約する
2・お店の入り口で受付する
3・席に案内される
4・ビュッフェスタート!(お皿をとって自由に盛る)
5・食べ終わったお皿はスタッフさんが片付けてくれる
6・食事が終わった頃に会計伝票を渡される
7・会計して退店する
 
 
vege 飲茶

台湾のベジタリアン料理は、三厭五葷(さんえんごくん)と言って肉、魚、鳥を食べない他、ネギ科ネギ属の植物であるネギ、ラッキョウ、ニンニク、たまねぎ、あさつきを一切使いません。
 
そして、日本では当たり前に使われている化学調味料や添加物類もいっさい使わずに作られています。
 
 
蓮香齋

ベジタリアン料理ですから肉魚類を使わないのは当然として、ネギやニンニクまで抜いて美味い料理ができるの?
 
っていう疑問は、ひと口食べればあっ!という間に吹き飛んでしまいます。
 
どの料理もまったくふつうに美味しい(´¬`)
 
 
蓮香齋

Sponsored link

そして皆さんに、このお店で確実に食べていただきたいのがラーメンなんです!!
 
このラーメンを食べるだけでもわざわざ台湾へ行く価値がある!と言えるほど美味しいのです(´¬`)
 
 
vege noodle

これがベジタリアンな乙女男子が超イチオシの台湾ラーメン。
 
すっかりハマってしまって今回の旅だけで6杯も食べてしまいました(´¬`)
 
200種類以上の料理があるにもかかわらず、このラーメンだけでお腹いっぱいになっても悔いがないほど美味しいのです!
 
 
蓮香齋

ビュッフェでラーメンてどうやって!?
 
そうなんです!実は、このラーメンはお客さんの注文に応じて一杯ずつ作ってくれるんです。
 
オーダーはこんな流れ。
 
・20種類ほどの野菜、きのこ類から自分が好きな具をチョイスしてラーメン担当さんに渡す
↓ ↓
・3種類の麺(全粒粉入りの平打ち、乾麺、春雨)から好きなものをチョイス
↓ ↓
・最後に具(ワンタン、パクチーやザーサイなど)とソース(醤油や辛味噌)を自分でトッピングして完成!
 
 
蓮香齋

日本のラーメンに比べるとかなりあっさりしているのですが、これがヤバいくらい美味くて、男子なら最低3杯、女子でも2杯は食べることができます。
 
 
taipei ramen

こんな感じで、毎回違う具をトッピングして自分だけのオリジナルラーメンを作ることができるから、飽きることがありません。
 
 

taipei vegetarian

パスタ・カレー・サラダなど西洋料理も充実しています。
 
写真にはありませんが、ハーゲンダッツも食べ放題です(ハーゲンダッツがこの店オリジナルの精進アイスを提供しています)
 
 
蓮香齋

もうひとつイチオシなのが飲茶!
 
作りたてで熱々の餃子、シュウマイ、ちまき、お饅頭などがすべて植物性というのだから驚きです。こんな料理があれば、この世から肉と魚が消えても豊かに美味しく生きていくことができますね(笑)
 
 
台湾 飲茶

蓮香齋

場所:台北市南京東路五段188号B1之1
電話:02-2761-2277
平均予算:ランチ660元・ディナー770元(月曜日が少し安い)
ランチ:11:30~14:00
ディナー:17:45~21:00
言語:中国語、英語
定休日:年中無休
アクセス:タクシーが便利・地下鉄「南京三民駅2番出口」から徒歩2分
 

 
台湾 素食

蓮香齋を楽しむためには?

・ひたすら腹ペコ状態で行こう!
・超人気店なのでランチ・ディナーとも前日までに予約しよう!
・ひとつの料理を少なく、たくさんの種類を皿に盛ろう
・ラーメンはパクチーなしが美味い!
・ラーメンはカスタマイズして好きな具を入れよう
・入り口周辺の臭豆腐は好みが分かれるが一度はチャレンジしよう
・料理の一部に卵、乳製品が使われているのでビーガンの人は注意(表示あり)
・食事時間を90分以上で計画してのんびりたくさん食べよう
 
 
taipei

とにかく美味しくてひたすら食べまくりお腹がパンパンになりました!僕の人生でいちばん食べた!と言ってもいいくらいです。
 
それでもさすがベジタリアン料理だけあってこれだけ満腹なのに胃とカラダがかるいかるい!その証拠に、この後すぐ別の店でケーキを買って食べました(笑)
 
というわけで、台湾へ旅する人はぜひ蓮香齋へ行ってみてください(´¬`)
 
 

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

職業→カウンセラー・WEBライター・自分メディアクリエイター・ブロガー・瞑想トレーナー   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェにでかけたり旅に出たりしている。インドの聖地をうろちょろするのが趣味。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。