ベジタリアン味噌ラーメンが美味い「無垢」さすがドイツの行列店@新横浜ラーメン博物館

ベジラーメン

話題のラーメン店「無垢-MUKU」は、日本ではなくドイツの都市フランクフルトで創業、その美味しさからまたたく間に大繁盛..
 
 
そんなジャーマンドリームな無垢が期間限定で新横浜ラーメン博物館にやってきました。しかも日本をはじめ欧米で増え続けるベジタリアン向けのラーメンまでラインナップ!
 
ということで、草食ライフな僕(@ka__zz)がベジタリアン味噌ラーメンを食べた様子をレポートします(´¬`)
 

Sponsored link

日本においてフードテーマパークの先駆けとなった新横浜ラーメン博物館。
 
 
ラーメン博物館

開業して20年になるという現在、美味しいラーメンを求めて日本はもとより海外からも大挙してお客さんが押し寄せている。
 
 
ラーメン博物館

その人気の秘密は、日本各地に存在するラーメンの名店が期間限定の入れ替わりで出店するので何度行っても飽きがこない。
 
そして、人気に奢ることなく毎日行われるイベントや斬新な企画などで、ラーメンファンに話題を提供している。
 
 
無垢

横浜での仕事が終わって地下鉄で新横浜までやってきた僕(@ka__zz)の目的がこれ!
 
ドイツから逆輸入された無垢-MUKU-ツヴァイテは、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」で、約1700軒もあるフランクフルト市内のレストランで、ラーメン店でありながらTOP10入りを果たしたすごいお店。
 
 
無垢

券売機でチケットを購入してカウンター席に案内される。
 
平日だというのに満席に近い、そしてスタッフさんの元気な声がけがお祭りのようで楽しい。
 
 
無垢

ラーメン屋にザワークラウト!?
 
 

ドイツビール

さらに本場ドイツの麦酒を飲めてしまう。
 
観察しているとお客さんの半数以上が出来上がるラーメンを待ちながら、美味しそうに麦酒を飲んでいた。
 
 
ベジラーメン

僕が注文したのがコレ!
 
・ベジタリアン味噌ラーメン 900円
 
 
欧米でも特にドイツではベジタリアンが多く、現地のラーメン店では必ずといっていいほどメニューにベジタリアン向けラーメンがあるらしい。
 
 
ベジラーメン

Sponsored link

▪︎ラーメン博物館公式ページより
 
日本は島国で移民を受け入れていないこともあり、欧米のように様々な人種や宗教が混じりあっていない国です。欧米のラーメン店ではほとんどのお店でベジタブルラーメンが存在します。
 
日本の食文化としてのラーメンを世界に広げることを使命とする当館では、日本のスタンダードと世界のスタンダードとのギャップを縮め、可能な限り全てのお客様に美味しいラーメンをお召し上がりいただくために「グローバルスタンダードラーメン」の提供をしております。
 
日本の精進料理の技法を活かした「ベジタブルラーメン」を是非お召し上がりください。
 
 
引用:ベジタブルラーメン – 新横浜ラーメン博物館

 
 
ベジラーメン

濃厚こってりな味噌スープは肉、魚のダシを封印し植物性のみ。具も野菜のみ、麺に卵が練りこんである。
 
 
9-veg-20150424-muku

これがピザ用の小麦とパスタ用のデュラム小麦で作られた無垢特性の麺!
 
ドイツではラーメンの麺に合う小麦が無いらしく、材料を現地調達する中で生まれたらしい。
 
 
ベジラーメン

植物性で作られたとは思えないくらいコテコテなスープ。
 
野菜の旨味が濃縮されていて、癖になるほど美味しい。
 
 

ベジラーメン

看板メニューの無垢ラーメン(とんこつ、魚ベース)を食べる人が僕の隣にいたので比較したところ、ベジタリアン味噌のスープのほうが濃くてビックリ!
 
あえてそうしたのか..大きなチャレンジスピリットを感じました。
 
 
無垢

無垢-MUKU-ツヴァイテ

場所:横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B2
電話:045-471-0503
平均予算:900〜1500円
営業時間: 11:00~22:00(土曜のみ〜22:30)
出店期間:2014年6月〜2016年1月
定休日:年中無休
駐車場:有 30分250円
アクセス:JR新横浜駅から徒歩5分、地下鉄新横浜駅8番出口から徒歩1分
 

 
ラーメン博物館(一風堂の創業者、河原成美氏の名前を冠したお店がもうすぐ卒業..)
 
スープも残さず完食、大満足の一杯でした!
 
あれだけガッツリ食べたのに胃とカラダのすっきり感はベジタリアンラーメンならではでしょう。
 
 
starbucks

新横浜駅に向かう途中にあるスターバックスで余韻を楽しみつつアイス珈琲でブレイクタイム。
 
無垢ツヴァイテは2016年1月まで、まだの方はぜひ行ってみてください。
 
 

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士
 
iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。
 
野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。