女子旅で高千穂峡はかなり楽しい!真名井の滝でボートを漕いできた@宮崎

高千穂峡

宮崎県が誇る景勝地、そして日本神話において重要な役割を果たした高千穂峡を楽しんできた僕(@ka__zz)です!
 
 
見ているだけで癒されてしまう真名井の滝は、レンタルのボートを漕いであわや滝行か!というほど急接近できてしまうアクティブで楽しいスポットでした。
 

Sponsored link

2泊3日で九州聖地巡りの旅をしてきた僕(@ka__zz)と友達2人。
 
 
ピーチ

今回は友人のなおみん(@Naoming522)&N子と、福岡→熊本→宮崎→熊本というルートで神社、パワースポット、温泉などをまわってきました。
 
 

幣立神宮

初日、熊本市街のホテルに一泊した僕ら。
 
早起きして阿蘇の奥地にある神域「幣立神宮」を参拝した後、45分ほどドライブして高千穂峡に到着です。
 
ちなみに宮崎市街、熊本市街からだとどちらも車で2時間ほどかかります。
 
 
女子旅的に「熊本の聖地とパワースポット」を楽しむ方法。 | ベジップルズ

 
 
高千穂峡

季節外れの台風が過ぎた直後の五月晴れ!
 
サイコーの天気に恵まれて天国のような絶景にテンションMAXになる僕(@ka__zz)と仲間たち。
 
 
高千穂峡

実は真名井の滝。橋の上から見るだけでうっとり美しいのですが、なんとボートに乗って真下で眺めることが出来てしまうのでした。
 

真名井の滝 ボート乗り場

場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井
電話:高千穂町観光協会 0982-73-1213
平均予算:2000円/30分
営業時間:8:30~17:00(GW・夏休み期間7:30〜18:00)
公式ページ:http://takachiho-kanko.info/sightseeing/taka_boat.php
定休日:不定休
駐車場:御塩井(おしおい)駐車場 500円/1回
アクセス:宮崎市街、熊本市街から車で2時間
 

 
高千穂峡

ボートは手漕ぎ、ということでまずは腹ごしらえをして気合を入れる乙女たち。高千穂峡の遊歩道にあった木陰のテーブルで優雅なランチです。
 
博多駅で買ってきたエヴァダイニングのお弁当はマクロビオティック仕様で女子旅にぴったりです(´¬`)
 
 

美容にイイ!「エヴァダイニング」のマクロビ弁当がおすすめすぎる@博多

美味しいのに美肌効果!ダイエット効果!があると評判のマクロビオティック弁当を、博多駅ナカと天神大丸地下2階にある「エヴァダイニング」で買って食べたレポート。

vegepples.net

 
高千穂峡

Sponsored link

そして幣立神宮の前にある天然酵母パン工房 ヤマGENのベジバーガーもいただきます(´¬`)
 
女子旅なら当然のように、男子旅でもヘルシーで美味しいものを食べるのは旅の常識です(笑)
 
 

「天然酵母パン工房ヤマGEN」のベジバーガーがやたらと美味いよ!@幣立神宮

幣立神宮を参拝したら確実に立ち寄って欲しいオーガニックな天然酵母パン屋さん「ヤマGEN」でとっても美味しいパンとベジバーガーを食べた旅レポート。

vegepples.net

 
高千穂峡

お腹が満たされたところで、いよいよボート漕ぎといきましょう。
 
真名井の滝パーキングの奥にあるボート乗り場、階段で渓谷の下までおりていきます。ボートは安全性を重視して艇数が少ないため、週末や連休は1〜2時間の待ち時間があるようです。
 
この日は平日だったので待ち時間はありませんでした。
 
 
高千穂峡

救命胴衣をつけて受付と会計を済ませます。
 
・ボート 1隻 2000円/30分
 
きゃあきゃあいいながら揺れるボートに乗り込んで、いざ真名井の滝へ船出です!
 
 
高千穂峡

けっきょく僕が漕ぐ係になりました。
 
美しい景色にはしゃぐなおみん(@Naoming522)
 
高橋直弓 の ♡世にも感嘆なマクロビオティック♡

 
 
高千穂峡

さて、肝心のボート漕ぎですが初めはあっち行ったりこっち行ったりかなりぎこちない動きでしたが10分も漕いでいると慣れてくるものです。
 
自分の手足のように自由自在に操れるようになって楽しくなってきます。
 
 
高千穂峡

調子にのっていると滝の真下に来すぎてしまい、危うく滝行になる寸前で女子たちに怒られました(笑)
 
 

高千穂峡

高千穂峡を楽しんだ僕らは、さらに車で移動。
 
高千穂神社

天岩戸神社→天安河原

 
と3つの神社をお参りさせていただきました。
 
 
天岩戸

僕(@ka__zz)的あとがき

高千穂峡は阿蘇、宮崎を旅するなら欠かすことができないスポットです。デートでも友達同士でも楽しく過ごすことができるでしょう。ぜひ最低半日(5〜6時間)は滞在して聖地&パワースポットを堪能してみてください。
 
 
それでは皆さん、どうかよい旅を!
 

Sponsored link


高千穂峡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。