「天岩戸神社のアクセス方法と参拝ガイド」宮崎が誇るパワースポット@高千穂

天岩戸神社

日本神話で有名な天照大神が岩戸の中に閉じこもった「天岩戸神社」を参拝してきたベジタリアンな乙女男子(@ka__zz)です!
 
 
とにかくすごい場所でした!行ってよかった!地元に帰ってきた今でも目の前に広がる光景がリアルに浮かんでくるほどインパクトがある神社でした。
 
ということで、これから初めて行く人にためにアクセス方法とお参りのポイントを紹介します。
 

Sponsored link

2泊3日九州聖地巡り乙女旅と題して宮崎県の奥深くにある聖域”高千穂”に行ってきました。
 

 
高千穂峡

この日、熊本の幣立神宮→高千穂峡散策→ボート漕ぎ→高千穂神社を参拝した僕らはレンタカーで移動すること15分、天岩戸神社の西本宮へやってきました。
 
 

レンタカー

今回は友人たちと3人旅だったので福岡からレンタカーでしたので移動は楽チン!
 
ひとり旅や運転免許がない方は公共交通機関になりますが、2005年の台風で鉄橋が流されて以来、高千穂までの鉄道がお休みのままなので事前にしっかりとルートや時刻を確認しておきましょう。
 
 

天岩戸神社

九州各地から高千穂の路線バスの拠点”高千穂バスセンター”までの案内をまとめてみました。
 

高千穂へ電車・バスでくる場合

・博多・天神駅→高速バスで約3時間30分→料金と時刻表はここ
・熊本駅→特急バスで3時間→料金と時刻表はここ
・宮崎駅→JR特急で1時間→延岡駅→路線バスで1時間30分→時刻表はここ
・大分駅→JR特急で2時間→延岡駅→路線バスで1時間30分→時刻表はここ
・鹿児島中央駅→新幹線で45分→熊本駅→特急バスで3時間→料金と時刻表はここ
 
*「高千穂バスセンター」から路線バス”ふれあいバス”に「岩戸線」に乗り換えて天岩戸神社へ行けます。
*料金と時刻表は→ここをクリック!
 
 
天岩戸神社

おすすめコースとしては、
 
・各地から高千穂バスセンター着
↓ ↓(徒歩10分)
・高千穂神社参拝
↓ ↓(徒歩15分)
・高千穂峡
↓ ↓(徒歩25分)
・高千穂バスセンターまで戻る
↓ ↓(バスで20分)
・天岩戸神社参拝
 
*高千穂バスセンター⇄天岩戸神社のバスは1日8本しかありません。時間の計画をしっかりと立てて移動しましょう。
 
 
天岩戸神社

Sponsored link

高千穂バスセンター

場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井804
電話:0982-72-4133
営業時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
アクセス:バス停「高千穂バスセンター」すぐ
 

 
天岩戸神社

天岩戸神社は、
 
・東本宮(天照大神)
・西本宮(大日孁尊→アマテラスのこと)
・天安河原宮(八百万の神が集まった場所)

 
の3つのお宮があります。
 
そして天照大神が閉じこもった天岩戸を拝観するには社務所への申し込みが必要になります。
 
 
天岩戸神社

天岩戸を拝観する方法

1・社務所に申し込む
2・神主さんが天岩戸に案内してくれる
3・お礼を渡す
 
*お礼については金額は決まっておりませんが、一般的には2000〜3000円をお渡しているようです。
 
 
天岩戸神社

おすすめ参拝ルート

・西本宮
↓ ↓
・東本宮
↓ ↓
・社務所に申し込み
↓ ↓
・天岩戸を拝観
↓ ↓
・天安河原宮
↓ ↓
・カフェでスイーツ
 
*すべて参拝して1時間30分〜2時間ほどかかります。
 
 
天岩戸神社(天岩戸神社そばにあるカフェにて)
 

天岩戸の神話

昔、天照大神が、弟の素戔鳴尊の乱暴を怒って天の岩屋へお入りになってしまわれました。世の中は真っ暗闇になり、いろいろの悪い神々が出てきて、恐ろしいことや、悲しいことが次々におこりました。
 
 
 大勢の神様たちは、岩屋の前に集まって、天照大神に岩屋から御出でになっていただくにはどうしたらいいだろうかと、相談をしました。その時、戸隠神社の中社にお祀りされている天八意思兼命が「良いことを思いついた。私たちが岩戸の前で踊ったり歌ったりして楽しそうにしていると、きっと天照大神様は、”あの者たちは何をしているのだろう”とおのぞきになるにちがいありません…」と知恵をしぼって考えをだされました。
 
 
天安河原

 天八意思兼命のお考えにもとづいて、神様たちは準備をしました。まず鶏を沢山集めて鳴かせました。火之御子社に祀ってある天宇受売命は大変踊りの上手な神様ですが、この神様が伏せた桶の上にのって足拍子も面白く「とんとん、とととん、と」と踊りました。大勢の神様も「やんや、やんや」と手拍子をうってこれに応えました。
 
天八意思兼命が「コケコッコー」と長鳴鶏の鳴き声をまねると、沢山の鶏は一斉にコケコッコーと鳴きだしました。天鈿女命の踊りがあまりに面白いので、神様たちも「わっははは」「おっほほほ」と笑ったりつられて踊りだしたりしました。
 
 
 岩屋のなかの天照大神は何事がおきたのかと、そっと岩戸をあけて外をご覧になりました。その時岩戸のかげで待ち構えていた天手力男神(奥社にお祀りしてある神様)が岩戸に手をかけ一気にガラガラと渾身の力を込めて、岩戸をあけてしまわれ、天照大神を岩屋からお出ししました。
 
世の中は再び明るくなり、悪い神々は、にげ去りました。天手力雄命は、また天照大神が岩戸にお入りになってはたいへんと、岩戸を「エイッ」と持ち上げ下界へなげすてて仕舞われました。岩戸は宙を飛んで日本のだいたい真ん中に落ちました。
 
 
天安河原

天岩戸神社

鎮座地:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字天岩戸1073-1
電話:0982-74-8239
御祭神:西本宮・大日孁尊-おおひるめのみこと、東本宮・天照皇大神
社格:旧村社・別表神社
創建:不明
ご利益:心願成就
受付時間:社務所 8:30~17:00
駐車場:
 

 
天安河原(天岩戸神社すぐそばにある絶景のカフェで食べたアイスクリーム)
 
さあ、この後は八百万の神が集まって天照大神を岩の外に出すために会議をした場所、「天安河原編」もぜひご覧ください。
 
それでは皆さん、どうかよい旅を!
 

Sponsored link


天岩戸神社
このブログを書いている僕が自らカスタマイズします!
アメブロ カスタマイズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

職業→WEBライター・自分メディアクリエイター・カウンセラー・ブロガー・瞑想トレーナー   iPhone5SとMacBookPro11を持ってカフェにでかけたり旅に出たりしている。インドの聖地をうろちょろするのが趣味。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。