「野菜だし-10倍濃縮タイプ」植物性100%で無添加が全国発売されるぞ!

野菜だし

“牛角のタレ”で有名なフードレーベル社から、動物性食材と化学調味料をいっさい使っていない「野菜だし」(10倍濃縮の液体タイプ)が全国発売されることになりました!
 
 
これはとても嬉しいニュースなのでさっそく詳細をまとめてみます。

Sponsored link

動物性食材と化学調味料不使用の野菜だし

一般的な旨味のタレというのは動物と化学調味料をたっぷり使っていますが、日本人の健康意識の高まりに対応するために、この商品は野菜のみそして無添加!

和食と洋食どちらの料理でも使える万能ダシで、さらに10倍濃縮の液体タイプということで経済的にもお得な商品のようです!
 
 
野菜だし

野菜だしの特徴

タマネギ、キャベツ、人参、ニンニク、白菜、セロリなど野菜の風味を活かし旨味を引き出している。うどんやお蕎麦のつゆとしてはもちろん、煮物や炊き込みご飯のような和食だけでなく、スープやピラフなどの洋風料理にも活用できる。
 
 

野菜だしの概要

商品名 :野菜だし
内容量 :500ml
参考価格:850円(税抜)
発売日 :2015年8月24日
賞味期限:6ヶ月
原材料名:還元水飴、食塩、オニオンエキス、糖類(水飴、砂糖)、キャベツエキス、酵母エキス、人参エキス、発酵調味料、ガーリックパウダー、白菜エキスパウダー、セロリエキスパウダー、ソルビトール、アルコール、(原材料の一部に小麦を含む)
 

Sponsored link

無添加って素晴らしい!

市販のダシやタレにはこれでもか!というほどたくさんの化学調味料が使われています。はっきり言ってしまえば、化学調味料を食べているようなものです。
 
僕自身も極力、化学調味料が入っていない食生活を送っているので、時々食べる化学調味料入りのものを食べるとダメージがすごいんですよ身体の。舌はしびれる、怠くなる、気持ち悪くなるの大騒ぎです(笑)
 
嘘だと思う人がいたらぜひ3週間ほどでいいので無添加生活でデトックスをした後に、化学調味料入りの食べ物を食べてみてください。
 
 
稲庭うどん(うどんのつゆも植物性のみで簡単につくれる)

手軽に簡単に料理できる

 
「野菜だし」の原材料を見ると、気になるのは人工甘味料のソルビトールくらいで、ほぼ無添加といっていいでしょう。保存が6ヶ月できて全国規模の販売を考えると、相当な企業努力があったことでしょう。
 
ふつうなら手間がかかる”だし”を取る作業が、身体に優しい植物性なのにさくっと簡単にできてしまうこの商品。
 
・うどん、蕎麦のつゆ
・炊き込みご飯
・てんぷらのつゆ
・ラーメン
・パスタ
・煮物
・炒め物
・お鍋
 
などなど様々な料理に使えそうですね。
 
 
▼植物性の菜食つゆの素はこちらをどうぞ!

おすすめ野菜系の無添加だし

 

 
それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!!

Sponsored link


野菜だし

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。