史上最強に旨いピザ「マリナーラ」を食べるとチーズはもはや不要なんですよ。

marinara

いきなりですが「ピザにチーズはまったく要らないんですよ」という持論を主張させていただいている僕(@ka__zz)(@ka__zz)です。
 
 
チーズがなきゃピザって言わねえだろ?と思った皆さま。この記事を読んだら確実にマリナーラを食べたくなりますって!そう、トマトとニンニクとオリーブオイルのピザを。
 
ということで今回は、本当に旨いピザっていうのがどういうものかを生意気ながら語らせていただきます。
 

Sponsored link

マリナーラは史上最古かつ最強のピザだ

ピザ好きな皆さんならマリナーラをご存知ですよね。たっぷりのトマトソース、ニンニク、そしてオリーブオイルのみのシンプルなピザで、僕にとってはたくさんある種類の中でいちばん大好きなピザです。
 
 
marinara

もともと僕はチーズが大好きでピザといえばマルゲリータでした。
 
 
窯で焼く本格的なナポリピザが普及し始めた12〜13年前から各地のお店で食べ歩き、ピザ食べ歩き専用ブログを書いていたほどハマっていました。僕にとってのピザはご馳走であり、食事を楽しむことの象徴的な食べ物で、焼きたてのピザを食べながら冷えた麦酒で乾杯をするのが、人生にとって大切なイベントになっていました。
 
 
ところがある時、体質の変化なのかチーズを食べると身体がだるく感じるようになってしまい大好きだったマルゲリータを食べる機会が減ってしまったのです。ああ、大好きなピザも卒業の時が来たのか..
 
 
そんなことがアタマをよぎっていた時、メニューにはあったものの「チーズがないピザなんてピザじゃないだろ」と思って食べていなかったマリナーラを食べてみたら..
 
これが飛び上がるほど美味しかったのです!
 
 

ピザとマリナーラの歴史

Pizza-ピザの始まりは、16世紀のイタリアにさかのぼり、当時パンの生地を薄く伸ばしたものにガーリック、ラード、塩を塗って焼いたものが原型(フォカッチオのようなもの)で、その後1760年頃にナポリの船乗りたちがフォカッチオにトマトソースを塗ってくれとお店に注文したものが、そのままメニューとなって大評判となりマリナーラが誕生。
 
1830年に初めてのピザ専門店(ピッツェリア)がオープン。現在、日本でも主流となったナポリピザはマリナーラとマルゲリータ、この2種類のみが正式メニューとなっている。
 
 
ウィキペディアで[ピザ]を参照する
 
 
olive oil

ここで改めてマリナーラの素晴らしさを語らせていただくと、ナポリピザの元祖がこの食べ方であったように、ピッツアとしていちばんシンプルな形であり、シンプル is BESTという言葉があるように、元祖がいちばん美味しいのです。
 
 
僕ら日本人にとって馴染みが深い宅配ピザのように、いろいろなトッピングをアメリカ的に楽しむのも有りなんですが、ピザの美味しさを追求していくと最終的には元祖ナポリピッツァのマリナーラに行き着くわけです。
 

マリナーラの魅力とは

マルゲリータはトマトソースとチーズが主役ですが、マリナーラは小麦とトマトが主役になります。小麦の芳醇な風味ともちもちの食感、それにトマトの酸味とジューシーさを味わう。それをさらに引き立ててくれるのがニンニク、そしてオリーブオイルなんです。
 
焼きたてのマリナーラに上質なオイルをたらすことで、チーズ以上に贅沢で豊かな味わいになります。ここで大事なことがあってマリナーラはシンプルなだけに素材の質に味が大きく左右されます。つまりはトマト、小麦、オイル、ニンニクの質が上がれば上がるほど、ダイレクトに美味しさも変わってくるのです。
 
 
marinara

Sponsored link

美味さの感じ方はもちろん人それぞれなんですが、僕個人的には「バランス」を味わっています。小麦の風味、トマトのジューシーさとニンニクの香り、それらを引き立てるオリーブオイル。バランスがとれたマリナーラは、口に入れた瞬間に「やった!きたー!」って感じになって至福にひたれます。結果、そのお店には何度も何度も通うことになります。
 
 
この記事で使った写真は熊本のピッツェリアで食べたマリナーラで、トマトソース+プチトマトというかなりジューシーな構成でした。お店によって工夫も様々で、それはバジルの使い方だったりトマトソースがマリナーラ専用だったり..
 
 
素材の質がそのまま美味さに繋がるマリナーラは、作る側にとってもごまかしが通用しない。ということは、マリナーラが美味しいお店は本物であるとグルメぶって勝手に思っているわけですが、実際にもっとも作るのが難しいメニューだと僕は思います。ただし、トマト+ニンニク+オイル=万能でもあるので、こだわりすぎなければ大抵どこのお店でも美味しいのも事実。
 
 
marinara

美味しいマリナーラの見つけ方

今までたくさんのマリナーラを食べてきましたが、美味しい時もあれば残念な時もあるものです。味覚はひとそれぞれなので、結論としては美味しいピザは自分で見つけるのが一番なんだと思いますが、一般的に美味しいマリナーラを出してくれるお店の見つけ方を参考に3つにまとめてみました。
 
 

真のナポリピザ協会認定のお店

イタリアのナポリにある真のナポリピザ協会、その日本支部が認定したお店。生地の作り方から焼き方まで細かい基準があって、それに合致してなおかつ美味しいお店では、しっかりとこだわりもってマリナーラを作っています。お店も全国に増えているので、ぜひ一度お近くのお店で召し上がってみてください。
 
 
▼公式ページでお店のリストを確認できます

窯があるイタ飯屋に行ってみる

真のナポリピザ協会認定のお店は確かに美味しい。しかし、近くになかったりけっこう高かったりする..そんな時は行きつけのナポリピザのピッツェリアもしくはイタ飯屋で、それも窯があるお店に行ってみましょう。
 
実際、僕が心底美味しいと思っているピッツェリアは協会認定ではなく、群馬の田舎にあるお店だったり熊本だったりします。あちこち食べ歩いている方なら、お気に入りのお店でぜひ一度マリナーラを食べてみてください。
 

食べ歩きサイトはあてにならない

個人的な意見としまして食べログは、カタログ的にお店を探す時には最高に便利なんですが、レビュー(批評)についてはまったく参考にしていません。中には感心するほど素晴らしいレビュワーさんもいるのですが、殆どが主観的すぎる自己アピールとなってしまっているので。
 

ネットでお店を検索する時の僕がやっている方法は食べ歩きブログです。ブロガーさんの感性やセンスでこれステキ!と思ったブログをブックマークしています。ただし、マリナーラの記事ってほぼありません(笑)なので生地、トマトソース、お店の雰囲気などから判断してお店選びの参考にさせてもらっています。
 
 
▼僕が参考にしているブログ

色々と書いてきましたが、ビールでも飲みながら気楽に食べるのが本来なんだと思います。いずれにしてもマリナーラの美味さに取りつかれると、その奥深さにとことんマリナーラにこだわってみたくなってしまうのです。
 
 
もし今までマリナーラを食べたことがない人は、ぜひ一度お試しください。
 

この記事も読んでみる

▼マルゲリータもマリナーラも美味い横浜のお店!

▼このピザ本がおすすめ!

 
それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!
 

Sponsored link


marinara

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。