和の極み「亀戸升本」のマクロビオティック弁当は世界に誇れる旨さだ!

好きな女性の手作り弁当を10年以上食べていない僕です。

そんな日照りつづきの僕ですが、先日東京は両国で参加したセミナーで出たお弁当が飛び上がるほど美味しかったのです!

ということで、都内では有名な老舗のお弁当屋さん『亀戸升本-ますもと』のマクロビオティック弁当を紹介します。

Sponsored link

亀戸升本(ますもと)の『和正食』は日本を代表するお弁当だ!

今年は群馬県から都内への引っ越しや、新しい仕事を始めるなど、チャレンジとチェンジの2016年。

大きな期待の分だけ大きな不安もありますが「何事も前進あるのみ」ということで、両国で開催されたセミナーに参加してきました!

腹が減っては勉強が出来ぬ。

この日の学びと同じくらい楽しみにしていたお昼の時間、待ってましたー!
 
 
今回のセミナーに参加したおよそ90名がみんな同じこのお弁当。

都内では有名な老舗のお弁当屋さん「亀戸升本」のマクロビオティック弁当『和正食』です!
 
 

オーガニックで純植物性のマクロビ弁当

和正食とは”和食による心と身体に良い正しい食べもの”で、オーガニックで植物性なのは当然のことながら、調味料も無添加。

さらに白砂糖、化学調味料、保存量もいっさい使っていない、超ハイスペックなお弁当です。
 
 

精進懐石料理のようなメニュー構成

丁寧なことにメニュー付きで、懐石料理のようなメニュー構成です。

伝統的な和のおかずは煮物、揚げ物、佃煮など。そしてご飯は黒豆玄米飯と、小豆玄米飯という豪華に二品。
 
 
いざ開封!

お弁当でいちばんテンションがあがる瞬間です。

Sponsored link

▶︎升本のマクロビ弁当「和正食」のメニュー
 
 

ご覧ください。

この色彩豊かな盛り付けを!
 
 
ご飯は手前が小豆玄米、奥が黒豆玄米です。

ちなみに升本のお弁当は都内各地の有名デパートや食品店で買うことができます。
 
 
花びらをかたどった人参と大根のお漬物。

味だけではなく見た目にもこだわって、食べる人を楽しませてくれます。

これぞ、もてなしの精神。
 
 

おかずは一品一品がとても優しい味わいで、ふだんはガツガツと飲むように食べてしまう僕が、ひと口食べては箸を置き、またひと口食べては箸を置いて味わいました。
 
 
これが意図的ではなく、自然とそんな食べ方になるのですから我ながら驚きです。

この日のセミナーでは、小さいことを大切にして丁寧に生きることを学びました。食べ方も同じように丁寧にいただくことを、このお弁当『和正食』から学ばせていただきました。
 
 

亀戸升本 本店

場所 :東京都江東区亀戸4-18-9
注文電話:: 03-5609-1898
平均予算800〜1500円/個
営業時間:店舗による、ネット注文は24時間OK!
定休日:各店舗による
アクセス:JR,東武線亀戸駅北口から徒歩7分

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。