心から美味しくて信頼できるヴィーガン飯!それが「にしまきごはん」です。

マクロビ

三軒茶屋にある超硬派ヴィーガンカフェ「from earth cafe・OHANA」のキッチンで腕をふるっている西真紀さんは、僕(@ka__zz)がリスペクトしている料理人のひとりです。
 
 
そんな彼女が主催する一日カフェ「にしまきごはん」で、めちゃくちゃ美味しいマクロビオティックでオーガニックなご飯を食べてきました!
 
結果を先にいうと大満足すぎるほど美味しかったので毎月参加すること決定です。
 
ということで、伝統的で新しくてウキウキしてホッとできる・・こんな不思議な形容詞が似合ってしまう“にしまきごはん”をレポートします。
 

Sponsored link

美味しさと一緒に安心感と楽しさを堪能できる「にしまきごはん」

三軒茶屋

西真紀さんが作るご飯だから「にしまきごはん」
 
とてもシンプルなネーミングのこのイベントは、月に1〜2回ほど開催されている一日限定のカフェなんです。
 
今回は、いつもの阿佐ヶ谷ではなくて三軒茶屋駅近くの素敵BARで行われました!
 
 
三軒茶屋 カフェ

道に迷うこと10分、昭和の香りがただよう裏路地に”にしまきごはん”の文字が書かれたメニューを発見しました、隊長ッ!
 
さて、ここからお店に入るまでがこれまた大変だったので解説をすると、7Fに行くためのエレベーターを探したら無いんですよ!それで、気合を入れて非常階段で7階まで登りました。はい、かなりのトレーニングになりました。
 
 
マクロビオティック

汗をぬぐいながらお店の入り口を探していると、エレベーターがちゃんとあるではありませんか(笑)
 
こんな僕のことを骨折り損のくたびれ儲けというそうです。
 
 
ぜーぜー息を切らしながら、ようやくにしまきごはんが行われている「Tuak jam」に到着すると、ちょうど腹ペコになっていたのでちょうど良かったのかもしれません。
 
 
にしまきごはん

午後2時30分、ようやくお昼ご飯にありつけます。
 
奥のキッチンで料理を作っているのが西真紀さん、品があるのユーモアもある素敵女子です。
 
 
▼西真紀さんが仕事をしている「ふろむあーすかふぇ・オハナ」


三軒茶屋 カフェ

今回、にしまきごはんの会場となった三軒茶屋のTuak jamは、青森ごはんと梅酒が美味しい、かなりイイ感じのBARなんです。そしてお店の雰囲気が隠れ家的というかアジト的で落ち着くんですよ。
 
都内に引っ越してきたら通うこと決定です。
 
 
Tuak jamのfacebookページ
 
マクロビオティック

にしまきごはんの献立

・塩麹漬け豆腐ステーキ葱塩かけ
・切り干し大根の梅酢和え
・ふきと油揚のさっと煮
・さつま芋のレモン煮
・ひじきと人参の塩麹ナムル
・大根とお揚げの味噌汁
・しいたけ昆布煮
・コシヒカリと七分づきごはん
 
これだけいっぱいあって1000円はプライスレスです。
 
これに瀬戸内産有機レモンのチアシード入りミニマフィン 150円と珈琲 250円をいただきました(´¬`)
 
合計1400円のプチ贅沢なランチになりました。
 
 
マクロビオティック

Sponsored link

オーガニックでヴィーガンな料理たち

日本でも有数な超硬派ヴィーガンカフェで腕をふるっている西真紀さん。彼女の料理は味の美味さもさることながら、ハイスペックな素材を使っています。無農薬、有機、自然農の野菜と穀物から調味料に至るまで、彼女が厳選しているから安心で安全なんですね。
 
 
ご飯 七分

コシヒカリと七分づきのご飯。
 
ひと粒ひと粒が艶っつやでしっかりと生きています。
 
女性向きの量でしたので、食いしん坊な僕は次回から大盛りをリクエストします。
 
 
豆腐ステーキ

塩麹漬けの豆腐ステーキ塩がけ。
 
にしまきごはんはをひと言で表すと「丁寧で優しい」です。
 
料理のひと品ひと品からそれが伝わってきて、ふだんガツガツと食べる僕が丁寧にゆっくりと食べてしまうのです、それも自然に。
 
 
マクロビオティック

そして食べすすめると、じんわりと心がほかほかしてくるんですよ。
 
これって料理が上手で美味しいだけではこの感覚って湧いてきません。
 
この現象は、作り手の人柄だったり素材のエネルギーだったり、目には見えない要素がしっかりと満たされている証拠です。
 
 
マクロビオティック

ふだんは飲むように食べているご飯もしっかり噛んで味わいます・・
 
 
マクロビオティック

美しい人参の色あい。人参とひじきの塩麹ナムル。
 
にしまきごはんを食べていると日本人に生まれてよかった、と素直に思えるはずです。
 

にしまきごはんはスイーツも美味い!

マフィン

この日、僕が楽しみにしていたチアシード入り瀬戸内産レモンのミニマフィン。
 
檸檬好きな僕のためにあるようなこのスイーツ、ひと口食べた時に広がる檸檬の香りと酸味にヤラれました。今回は遅かったために1個しか食べられませんでした次回は3つ食べて5つお土産で買って帰ります。
 
 
三軒茶屋 カフェ

にしまきごはん・・どこか懐かしくて新しい。
 
じんわりと染みこむように優しい味、間違いなく心と身体が喜んでいる。
 
 

KAZUAKI tani
「にしまきごはん」は月に1〜2回開かれているレアなイベントなので、事前にfacebookで情報をチェックしてください。ぜひ、たくさんの皆さんに味わっていただきたいと思います。 にしまきごはんのfacebookページ
 
味は僕(@ka__zz)が300%保証しますので!
 
 
そして今後の”にしまきごはん”は阿佐ヶ谷のカフェ&ギャラリー「イネル」で行われます。
 

[会場]あさがやイネル

場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷北 2ー12ー7
電話:03-6755-2839
平均予算:1500〜2000円
アクセス:JR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分
 

 
【関連】時代は変わったな!ローソンに「大豆のお肉」いわゆるベジミートが売っていた件。
【関連】三軒茶屋のビーガンカフェ「OHANA」でかなり美味いベジランチを食べてきた!
 


Sponsored link



*初心者向けオンライン投資講座キャンペーン*

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・Wordpressエディター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。