簡単になのに旨い!苓々菜館ママの「台湾素食」レッスンに参加してきた。

庄司いずみ

野菜料理家・庄司いずみ先生のベジタブル・クッキングスタジオで行われた、台湾素食のレッスンに参加してきた僕(@ka__zz)です!
 
 
今回は、あまりにも有名すぎる錦糸町は苓々菜館の芳苓ママから、麻婆豆腐と青椒肉絲など、ふだんお店で出している料理をそのまんま教わってきました!
 
しかも、ふだん忙しい主婦の皆さんでもちゃちゃっと作れてしまえるくらい簡単な方法で。手の込んだ料理が苦手な僕でも、確実に再現できるほどシンプル、なのにお店の味なのですからビックリを通りこして感動しました。
 
というわけでレッスンの様子をレポートします!
 

Sponsored link

“苓々菜館”芳苓ママの「台湾素食」レッスン@庄司いずみベジタブル・クッキングスタジオ

料理教室(レッスン開始前に芳苓ママを紹介する庄司いずみ先生)
 
プロがお店で出している麻婆豆腐と青椒肉絲を作れるようになって(しかもビーガン!)、男子力がいちだんとパワーアップしてしまい完璧すぎる僕(@ka__zz)に、さらに女子が近づきにくくなってしまったかと心配してしまうくらい、最高なレッスンでした。
 
 
いいんです!それで。人生は美味しいものをたくさん食べた者が勝ちなんですから(笑)
 
 
庄司いずみ(ママ(右)のデモンストレーションがスタート。左が庄司いずみ先生)
 
そんな素晴らしい料理教室が行われたのは、代々木上原にある野菜料理家・庄司いずみ先生のベジタブル・クッキングスタジオで、毎回プロの料理人や講師を招いてバラエティ豊かな野菜料理のレッスンを受けることができるんです!
 

プロフィール

野菜料理家/講師/コンサルタント
 
野菜を愛して野菜を料理しています。野菜をたくさん食べてほしくて簡単でおいしく、野菜だけでも満足できる野菜料理を提案しています。
 
「どこの店でも1、2品は植物性100%、野菜たっぷりのメニューがある」、それがあたりまえのことになるようにと願って活動中。現在70冊以上のレシピ本を執筆、新刊が間もなく発売予定。NHKきょうの料理講師出演等。
 
▼発売から売れつづけているいずみ先生のレシピ本

料理教室(てきぱきと分かりやすくユーモアを交えてデモンストレーションをするママ)
 
台湾から日本へやってきた芳苓ママは、実家が八百屋さんということもあって、子供の頃から野菜ばかり食べていました。ところが大人になってお肉を食べるようになった体調が悪化。再び菜食に戻したところ体調もよくなり、以降オリエンタルベジタリアンの生活を送っています。
 
ママの年齢を聞いて参加者の全員がびっくりしたほど、若く見えるしお肌もツルツルで美しいのは、食べ物のおかげであるとおっしゃっていました。
 

苓々菜館

錦糸町駅北口の高架下にある台湾素食店で、ベジタリアン料理とは思えないほどパンチが効いてボリューミーで、なのに身体にはとても優しい台湾料理をいただくことができます。
 
台湾素食というのは中国の精進料理をルーツとする日常料理で、三厭(空中と地上と水中の動物)および五葷(ごくん→ねぎ、にんにく、にらなど臭気の強い5種の野菜)を用いないのが特徴。
 
苓々菜館の食べログ
 
 
ルクルーゼ(緑豆のおしるこを仕込んでいるル・クルーゼ)

この日の教わった料理は以下の通り。

レッスンのメニュー

・すぐ使える大豆ミート2種
・苓々菜館秘伝・基本のタレ
・麻婆豆腐
・青椒肉絲
・みどり豆のお汁粉
 
 
料理教室(一緒に参加した10年来の友人ふたりも一生懸命作りました。)
 
先生のデモンストレーションが終わると、実習のスタート。
 
あらかじめ用意されたピーマンとパプリカをカットする係になった僕。カットが終わるといよいよ調理に入ります。
 
 
07-veg-20160528-rinrin

Sponsored link

今回、というかいつもですがまたしてもミスをしました、しかも大きな(笑)

アクシデント発生!

僕が調理を担当したのは麻婆豆腐。
 
豆腐 500g
水 250g
 
とレシピに書いてあったところを、水500gを入れてしまったのです調理した秘伝のタレに。ここから、てんやわんや劇場で水を倍入れてしまい薄まった麻婆豆腐をちゃんとした味に戻すために、チーム全員(テーブルの4人)を巻き込んで大騒ぎ・・
 
 
料理教室

最終的になんとか味が整いまして、いよいよ盛り付けすることに。他のチームよりも可愛く素敵に盛り付けを競うのが楽しいのです。
 
我がテーブルは女子力が高いメンバーが揃っていたので、全部任せることにしました(笑)
 
 
09-veg-20160528-rinrin

出来たーー\(^o^)/
 
僕たちが作った4品にさらにママが作ってくれた特製レモンドレッシングと玄米ご飯をプラスして、麻婆豆腐&青椒肉絲プレートの完成です!
 
 
実は今回の麻婆豆腐と青椒肉絲は同じ秘伝のタレを使っているのです。麻婆豆腐のほうは豆板醤を入れて辛くなっていますが、基本同じ作り方なんですよ。お店でも使っているこのタレがあれば他にも麻婆茄子やチャーハンまで作れてしまう優れもので、このタレは本当一生使える最高の調味料になりそうです。
 
料理教室

出来上がった料理の撮影会が終わったところで、ママと庄司いずみ先生を囲んで食事会のスタートです。ママが医食同源の話や、お店を出した時の苦労話などを話してくれてかなり勉強になりました。
 
そして、なんと言ってもママの人柄が素敵でした。
 
 
▼参加者募集中の超おすすめクラス!

ルクルーゼ
KAZUAKI tani
実は今回のクラス、調理時間の予定が40分ほど早く終わってしまいました。これだけ何品も作ったのにです。その理由は、ママの秘伝のレシピがシンプルだから。それなのにお店と同じ味になるなんてアメイジングです。
 
ということで、8月に開催が決定した苓々菜館ママのレッスンに参加決定です♫
 
 
クラスの確認とレッスンの申込み、問合せは公式サイトへ。

庄司いずみベジタブル・クッキングスタジオ

場所:東京都渋谷区大山町45-4
公式ページ:http://shoji-izumi.tokyo/
レッスン:クラスの確認は→スケジュール
駐車場:無(近くにコインP有)
アクセス:小田急線・千代田線代々木上原駅北口より徒歩2分
 

 
【関連】野菜だけでふわふわのオムライス!庄司いずみ先生の洋食レッスン参加レポート。
【関連】野菜料理を習うなら庄司いずみ先生のクッキングスタジオがオススメな理由。
 

それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!
 

Sponsored link


庄司いずみ

共感したらシェアしよう

ABOUTこの記事をかいた人

職業→カウンセラー・WEBライター・自分メディアクリエイター・ブロガー・瞑想トレーナー   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェにでかけたり旅に出たりしている。インドの聖地をうろちょろするのが趣味。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。