これかれら三峯神社で山籠り、僕たちは自分に戻るために瞑想をするんです。

三峯神社

今年も三峯神社にこもる時がやってきた・・
 
関東を代表する聖地で二日間にわたる神聖な時間。
 
今朝は、地元群馬県のバスが渋滞にはまり、いつもより一本遅い西武バスで神社へ向かうことになりました。
 
いつもならバスの中で一緒に瞑想する仲間たちとおしゃべりしながら向かうのですが、今回はひとり静かに短い旅を満喫しようと思います。
 
 
秩父線(いまだ紙の切符な秩父鉄道)
 
現在、秩父鉄道でお花畑駅へ向かっています。
 
絵に描いたようなローカル線・・毎年この電車に乗って秩父へ行くのですが、車両には僕ともうひとり新聞を読むOLさんしかいません。
 
車窓から見える景色は、低い雲に覆われた山と樹々の緑。
 
 
おむすび(お花畑駅にある駅蕎麦でいつもおむすびを仕入れていきます)
 
今年は関東が梅雨入りしましたが、今日の天気は曇りで時折晴れ間ものぞきます。
 
例年でいうと雨。
 
個人的には長い瞑想に入る前に、雨によって浄化される気分を味わいたかったりしますが、晴れたら晴れたで気持ちいいものですね。
 
 
三峯神社(2015年、三峯神社前のバス停にて)
 
関東屈指の聖なる地で、世界でも貴重なカタチで瞑想を指導していただきながら、この世という幻想から離れてきます。
 
僕がなぜ瞑想をするかというと・・
 
 
三峯神社
 
「自分に戻るため」
 
なんです。
 
 
三峯神社

Sponsored link

日常によって混沌とした自分から、本来在るべき自分に戻るために、僕たち人間が何千年もの間、試みてきた科学的手法が瞑想です。
 
仏陀、キリスト、空海にスティーブジョブズ・・
 
歴史に名を刻んだ人たちは、瞑想によって人生を切り開いてきたと言われています。
 
 
三峯神社(2014年の三峯神社、霧につつまれる拝殿)

現在、上長瀞駅を通過・・
 
お花畑駅まであと少し。
 
そこから西武秩父駅まで歩き、路線バスに乗って三峯神社へ。
 
 
これから2日間はモバイルの電波が届かないため、
 
情報も遮断して、ひたすら自分の内側を旅してきます。
 
 

Samastha lokah sukhino bhavantu.


Sponsored link



三峯神社

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。