【マジで運気を上げるおみくじの読み方】恋愛運も金運も上昇させる秘伝の方法。

おみくじ

僕たちが神社でひくおみくじ・・占い感覚でわりと気楽にひくじゃないですか。大吉が出たら喜んで、出なかったらシュンとしながらサラッと読んで木にしばって帰ってくる・・
 
 
心当たりのある人いますよね?
 
でも、残念ながらそれは“おみくじ-お神籤”じゃなくて、ただの占いです。なので、いくらおみくじをひいても人生何も変化しないし運気も停滞したままでしょう。
 
とか、見ず知らずの僕に言われても、はぁ( -3-)y-〜? ってなるのは分かっています。しかし、あなたがこの記事にたどり着いたってことは、読む必要があるとご自身が思っているからです!
 
 
「人生をよくしたい、恋愛を成就させたい」と思っている人は、10人中10人でしょう。
 
そして「何かに迷っている」人が、進むべき方向を見つけるためにおみくじをひきます。
 
というわけで、簡単にわかりやすく”人生や恋愛を発展させるおみくじの読み方“を伝授します!
 
読めば、確実に変化が起こりますよ。
 

Sponsored link

正しいおみくじの読み方と引き方で運気を上昇させる3ステップ!

おみくじ

僕たちは、何かに迷ったり、判断ができない時に、何かにすがりたくなります。
 
そんな時、手軽に助けてくれるのが神社(神さまがいる社)であり御神籤(おみくじ)です。
 
 
おみくじは、神様からのお告げであり助言です。
 
占いではありません。
 
偉そうな口調になってしまいましたが、それが事実です。
 
 
ですので、おみくじには・・
 
現在のあなたにとっていちばん必要な言葉が書いてあります。
 
 
寒川神社

そんな神様からのお告げを、ただの占いとして読んで一喜一憂するだけでは、本当にもったいない!
 
そこで、おみくじを長年研究してきた僕が、
 
確実に人生が良い方向に変化する”おみくじの読み方”をお伝えします!
 
かなり簡単、シンプルなのにパワフルな方法なんです。
 
なので、誰でも1〜2回やれば実践できるようになるでしょう。
 

ステップ1・おみくじの正しい引き方

神社

おみくじは正しい読み方をするまえに、
 
正しい引き方があるんです。
 
方法は、とても簡単です。
 
 
おみくじを引く前にココロの中で神様にお願いをします。
 
 
「どうか、今のわたしの◯◯に関していちばん必要な言葉とアドバイスをください。」
 
◯◯の部分は、今のあなたがいちばん悩んでいたり気になっていること・・つまり恋愛、仕事、受験、転居、健康・・などです。
 
アドバイスをいただくのは、現時点であなたがいちばん気になったいる項目ひとつだけに集中しましょう。恋愛と仕事・・のように複数ではなく、ひとつに絞るのがポイントですね。
 
人生が停滞している時、恋愛でも仕事でも引越しでも、何かひとつがうまくいけば、他もうまく流れるようにできているので、アドバイスをいただく項目はひとつで十分なのです。
 
 
そして、
 
“真剣に真面目に”お願いするのが唯一のコツです。
 
番号が書いてある棒をひくタイプでも、箱の中に手を入れて選ぶタイプでも同じです。
 
くじを選ぶ時に迷っても大丈夫、真剣にお願いをしたことで、あなたに必要なおみくじを引かせてくれるでしょう。
 
 
▼もっと詳細を知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ

ステップ2・必要なところだけを読む

04-veg-20160722-omikuji

おみくじに書かれている神様からのメッセージの大切なポイントは2つあります。
 
最初に重要なことを言うと「全部読んではいけない」これポイントです!

Sponsored link

①運勢からアドバイスを受け取る

おみくじでいちばん最初に気になるはやっぱり大吉・小吉・凶などの運勢ですよね!
 
ここは現在あなたの状態を表すものなの大事な部分ではありますが、人生は山あり谷ありですから、僕たちが自分で運勢をコントロールするのは不可能なことです。
 
ですので、大吉がでればやっぱり嬉しいですが、大事なことではありませんし、凶が出ても今が底だからあとは昇るだけ・・みたいにムリに意味付けしなくても大丈夫です。
 
 
では、何が大切なのか・・?
 
それが上の画像のように◯で囲ってある部分です。
 
「・・・なにごとも春の花が咲くように次第次第に盛えていく運です安心してことにあたりなさい」
 
“次第に盛えていく運”・・このおみくじを引いた僕に対してこの言葉をいただけたのは、努力をしてきたことに対する神様からの褒め言葉です。
 
運というのは、星の位置やカルマなど僕たちがコントロールできない領域と、努力や行動次第で変えることができる領域があります。
 
“安心してことにあたりなさい”・・仕事についてアドバイスをお願いした人は、努力をしてきた方向はまちがっていないから、今まで以上にがんばりなさいと、神さまが保証をしてくれていることを意味します。
 
 
このように、言葉の裏側にある意味まで読み取ることができれば、さらに有意義なアドバイスになるでしょう。
 
 
おみくじ

②お願いした項目のアドバイスだけを読む

おみくじを引く時に「◯◯に関していちばん必要な言葉とアドバイス・・」とお願いしましたよね。
 
ですので、お願いした◯◯だけを読みます。
 
 
願望・就職・商売・相場・待人・失物・入試・旅行・恋愛・・・など沢山の項目がありますが、読むのはステップ1でお願いした項目だけでいいのです。
 
おみくじの項目が10個あったとして、その10個ともあなたに合ったことは書いてありません。おみくじには”お産”という項目がありますが男子には関係ないですし、結婚している人には縁談は関係ありません。
 
ですので、他の項目に何が書いてあっても、それはあなたに対するアドバイスではありませんから、良いことが書いてあっても悪いことが書いてあっても意味はないのです。
 

ステップ3・素直にアドバイスを受け入れて行動に移す。

東京 神社

さあ、おみくじに書いてあったことが、あなにとって勇気になることでもショックなことでも、どちらも神様からいただいた大切なメッセージであり、今のあなたにとって「いちばん必要な言葉」なんです。
 
以前僕がひいたおみくじの例を話すと、
 
当時好きだった人がいたので、待ち人につていのアドバイスをお願いしました。
 
ちなみに待ち人の意味は、好きな人ではなく”人生を発展させてくれる人“が本来の意味で、それが恋人の場合もあれば、仕事の取引相手だったり友達の場合もあります。
 
そんなお願いをして本気でおみくじをひいた結果・・運勢は大吉!
 
そして、問題の具体的な項目は、
 
[待人]→来ないでしょう、あきらめなさい。
 
一瞬、凍りつきましたよ。大吉なのに待ち人が来ない、しかもあきらめなさいと単刀直入に書いてあるのですから(笑)
 

アドバイスに逆らわず素直に実践する。

 
その時、僕が好きだった女性と仮に付き合ったとしても人生は発展しないから、さっさとあきらめたほうが、別の女性が現れて幸福になりますよ・・という意味なのです。
 
その後実際に、好きだった女性をあきらめました。
(結果次の女性が現れたかどうかは秘密です・・)
 
 
実をいうと、僕自身がおみくじをひく前から、この女性を好きだけど何かが違う・・ということを、心の奥のほうでうっすらと感じていました。それでも、当時は意地というかプライドのようなものがあって、自分の本音を無視してその女性にアプローチしていたのです。
 
そんな僕の本音を神様はお見通しでした。
 
大吉という運勢で「あきらめなさい」と単刀直入に書いてあったことで、気持ち良くスッパリとあきらめることが出来たのです。
 
だって、もともと僕自身がその女性と付き合っても幸福になれないことを知っていたのですから。
 
神さまが、背中を後押ししてくれました。
 
おみくじをひいた時の最重要ポイントは”素直に受け入れて行動に移す”ことです。
 
 
神社 桜

さあ、3つのステップはこれで終わりです。
 
ここまで読んでくれたということは、近々神社やお寺に行く予定があるのでしょう。
 
人は自分の本心が見えなくなると、思考や過去のデータ(経験や他人の情報)を使って、どうしたらいいかを計算して判断します。
 
しかし、そのような判断は、損得や感情というエゴによって、本心とはまったく違う答えなので、それに従って生きていると、どんどん本当に求めている幸福からズレていくことになります。
 
道に迷った時は、本気で神頼みをしたほうが、自分の頭で考えることよりも、よりよい方向に人生を導いてくれるでしょう。
 
 
なぜなら、神頼みから導かれた答えこそ”あなたの本心”なのですから。
 
本心に従ってやったことは、成功しても失敗しても成長につながります。
 
 
ものは試しです、さっそく3つのステップを実践してみてください。
 
 
【関連】【おみくじの正しい引き方と重要な意味】神様からのメッセージを受け取る方法。
【関連】【神社で恋を叶える方法】参拝のやり方と縁結びの秘技を教えます!
【関連】「福徳神社」(芽吹神社)の参拝ガイド。宝くじ当選祈願とご縁結び!@日本橋
 
 

 
それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!
 
 


Sponsored link



*初心者向けオンライン投資講座キャンペーン*

おみくじ

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・Wordpressエディター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。