残念なお知らせ「スターバックス」のディカフェが50円追加されることになった。

デカフェ

スターバックスの珈琲って、日替わりのドリップを皆さん飲んでいる方が多いと思うのですけど、自称違いがわかる僕(@ka__zz)的に「KOMODO DRAGON」ていうディカフェ用の豆がすっごく美味しくていつも飲んでいるのです。
 
 
スタバのドリップコーヒーって、なんかどれを飲んでも微妙に「ん?」てなってしまうのですが(味覚は個人差があるのであくまで僕の主観です)、DRAGONに関しては「うんまい!」と素直に思えるほど美味しいのです。
 
ところが・・・!
 
今日スタバへ行ってデカフェを注文したら、50円値上げになっていました!
 
突然のことでかなりあせりました。
 

Sponsored link

スターバックスのデカフェが50円追加になってしまった件。

太宰府 スタバ

ディカフェはメニューの分類でいうとドリップコーヒーなんですけど、カフェイン抜きというある意味面倒くさいコーヒーなのでストックされておらず、注文するごとにわざわざ淹れてくれるのです。それなのに価格はドリップと同じなので、どことなく特別感を味わうことができました。
 
ところが、本日1日ぶりにスターバックスへ行ってデカフェを注文しようとしたら「追加で50円いただきますがよろしいですか?」とレジのスタッフさんが言ってきたではありませんか!?!?
 
なにか勘違いをしているのだと思い、指摘をしようとして、念のためにメニューを見ると書いてあるではありませんか!
 
「ディカフェは50円追加です」と・・・!!!
 
一瞬、我が目を疑いましたが紛れもない事実です。

スタバのデカフェが進化したのが値上げの理由。

スターバックス

デカフェの意味?

デカフェは、カフェインを除去したコーヒーです。カフェインを飲むと眠れなくなる人や、身体に影響がある人でもコーヒーを飲める、それがデカフェです。スターバックスのデカフェはカフェインが除去されていると言っても、素人ならふつうの珈琲と味の違いはわからないほど、ふつうにコーヒーです。
 
ここ最近の健康志向の高まりや、スターバックスの客層が拡大しているために、カフェインレス珈琲(ディカフェ)の需要が増えてきているようです。
 
そのために、今回のメニュー改定でデカフェメニューが充実しました。
 
さらに、新しい技術を取り入れてデカフェがさらに美味しくなったようです。

コーヒーの香りや味わい、風味はそのままにカフェインだけを取り除く、化学物質を使わない除去方法CO2 Method(二酸化炭素抽出法)を採用しました。
 
このCO2 Methodによって、カフェイン除去率99%を実現しながらも、これまでと変わらぬ味わいをお楽しみいただけます。
 
スターバックス公式ページより

 
あ、ちなみにデカフェの言い方なんですけど日本では・・
 
・デカフェ
・ディカフェ
・ディカフ

 
の3つがあって、ネイティブに近いのがディカフです。

スターバックスではディカフェと表記しています。
 

さらにエスプレッソでもデカフェが可能なんです。

レシート

今回は、今まで通りにドリップコーヒーでデカフェが飲めるほか、エスプレッソビバレッジ(エスプレッソを使ったメニュー)はすべてデカフェ対応になります。
 
・デカフェラテ
・デカフェキャラメルマキアート
・デカフェモカ
・デカフェホワイトモカ
・デカフェカプチーノ
・デカフェアメリカーノ
 
といった具合にこんなにもデカフェメニューが増えました。

Sponsored link

それでもやっぱりコモドドラゴンが美味い!

スターバックス

ドトールよりもタリーズよりもスタバのデカフェが美味い。

日頃、カフェで過ごすことが多い僕(@ka__zz)なので、ドトールやタリーズでもデカフェを飲みましたが、まだまだオマケ的な扱いで、味はいまひとつです。
 
マイノリティーな商品によくある、とりあえずラインナップしておけ的な。
 
その点、スターバックスは以前からデカフェに本腰を入れています。
 
今回、スタバのレジスタッフさんがやたらとデカフェに詳しくて、さらにやたらと親切で、いろいろと教えてくれたり、さらに試飲までさせてくれました。ドリップのデカフェをいただいたところ、カフェイン入りのふつうのドリップよりも癖がなくて飲みやすい印象でした。
 
だいぶあっさりした味わいで個人的には好みです。
 
そしてその後、KOMODO DRAGONを飲んだところ・・
 
やっぱり、こっちのほうが美味いです!

50円追加。いわゆる値上げなんですが・・

個人的には、一杯ごとに抽出するのであれば50円追加もやむを得ない、という気持ちで逆に今までKOMODO DORAGONが日替わりドリップと同じ価格だったことが消費者からすればラッキーですが、お店側からするとナンセンスな設定なんだと思います。
 
まあ、突然の50円アップは衝撃ですけど。
 
いずれにしても、お金を払って珈琲を飲むわけですから、自分が納得できる珈琲をチョイスするのがベターです。幸いスターバックスは細かいニーズに対応してくれますから、せっかくの珈琲ブレイクですので、ぜひご自身のお気に入りのドリンクを見つけてみてください。
 

KAZUAKI tani
ディカフェにしても豆乳にしても身体に負担がかからない飲み方のほうが50円増しということを考えた時に、このあたりの企業努力が出来るかどうかが、今後スターバックスが発展できるかどうかのキーポイントになるのではないでしょうか。
 
デカフェやソイミルクのニーズが増えていることからもわかるように、日本人の健康意識は確実に高まっていきますから。
 
 
【関連】
「スターバックス」でお肉もどきな大豆ミートを使ったホットサラダラップが登場!
オーガニック化こそスターバックスが成長するための重要な戦略になる。
スタバのベジなサラダラップ「冬野菜&ソイカレー」が低脂肪なのに美味いんです。
 
 

それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!
 

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

職業→カウンセラー・WEBライター・自分メディアクリエイター・ブロガー・瞑想トレーナー   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェにでかけたり旅に出たりしている。インドの聖地をうろちょろするのが趣味。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。