「自分にとって都合が良い意見」だけを簡単に集められるインターネットの甘い罠。

アメブロ カスタマイズ

人は自分の意見や考えが正しいと思いたい生き物なんだな、とつくづく思う。
 
その思い込みが事実であれば何の問題もないのですが、最近でいうとトランプ大統領に関する数々の報道。大統領選挙の当日まで、ヒラリーさんが当選確実の報道をしていたメディア、そして評論家の先生たちはことごとく的がハズレました。
 
日本のメディアも「ヒラリーさんに当選してほしい」「トランプさんは悪だ」という思い込みというか希望を証明するために、アメリカの報道機関(CNN,NYTなど)から流れる、自分たちにとって都合がいい情報だけを鵜呑みにしていた結果、トランプ大統領誕生後も、自分たちを正当化する報道スタイルを必死に貫いています。
 

Sponsored link

自分の都合を正当化できる情報だけを簡単に集められるインターネット。

福岡 カフェ

冒頭で述べたように、人は「こうだ」と思い込んだことを証明するための情報を収集する習性があります。もっとわかりやすく言うと、マクドナルドのハンバーガーは美味い、と信じる人たちは、マクドナルドのハンバーガーを美味い、と言っている意見や人をフォローして、心のなかで「ごもっともだ」と思い安心感を得ています。
 
逆に、マクドナルドのハンバーガーはまずい、と信じている人たちは、マクドナルドのバーガーはまずい、マクドナルドはけしからん・・と言う意見や人に賛同して心のなかで「ごもっともだ」と思い安心しています。
 
「マックのバーガーは美味い」「マックのバーガーはまずい」とう人の意見を簡単に見ることができるのがインターネットです。
 
人は自分の正しさを証明するために、自分の意見と同じ、つまり「自分にとって都合がいい偏った意見や情報」だけを収集して、もう片方にある意見や考え方を否定します。
 
 
では、事実とはなんでしょうか?
 
 
それは、
 
マクドナルドが美味いかマズいかは人それぞれ
 
であって、ようはどっちでもいい話です。
 
 
なのに、自分にとって都合が悪い意見があると、それを受け入れようとしないで、ひたすら同意見だけに耳を傾ける・・その結果、トランプ大統領が誕生した時は、あたかも自分たちの責任ではないと、メディアは様々な言い訳に終始しています。
 
高学歴な自称ジャーナリストやメディア関係者だけでなく、社会的に立派な人たちと分類されている人でさえ、自分の意見が正しいと思いたいがために、その意見を証明する情報をかき集めているのですから、僕たち凡人であれば、なおさらその傾向は強くなります。
 
 
インターネットは簡単に情報を検索できるので同意見同士でタッグを組み、自分と同じ意見をいう人が正義、反対意見を言う人を悪・・と断じている人がとても多いのが現状です。
 
それどころか、本来であれば事実を伝えるのが仕事である報道機関が率先して「自分の都合」を流しているのが実情です。トランプ大統領にフェイクニュースとか人類の敵だと言わる始末です。
 

Sponsored link

自分と違う意見を言う人をジャッジしている人は要注意。

アメブロ カスタマイズ

自分と違う意見を見かけた時に、
 
「それは違うだろ」
 
とか、「自分のほうが正しい」
 
と、瞬間的に思ってしまうのが僕たち人間です。
 
そして、その次に・・
 
「あいつはバカだ」
 
とか、「あいつは分かっていない」
 
と、神様でも裁判官でもないのに相手に裁きをくだしています。
 
 
まあ、人間なので感情に触れたりした時くらいは、仕方ない時はありますが、結局のところ相手を裁いて苦しむのは自分自身なんですよね。そうなんです、相手を裁くとダメージを受けるのは自分なんです。
 
だって、あなたが裁いたことなんて相手はなんとも思っていませんから(笑)
 
 
なので、自分と違う意見を見た時、聞いた時は・・
 
「ふーん、そうなんだ」
 
と、かるく流したうえで
 
「そういう意見もあるんだね」
 
で終わりです。

コミュニケーションで大事なことは事実を捉えること。

三宅洋平

僕たちのコミュニケーションでもっとも重要なスキルは・・
 
事実を捉えて、事実を伝えることです。
 
同じ映画を観て面白いという人がいれば、つまらないという人もいます。
 
マクドナルドが、美味しいもマズいも人それぞれです。事実がだけがリアルで、自分の都合や思い込みを証明するための偏った情報にはなんの価値もありません。
 
自分の意見を持つことは必要なことですが、反対意見に接した時に感情だけでジャッジしたり、事実を確認しないでダメだと決めつけることは、結局のところ自分のプライドを守れても、あとからしっぺ返しが来ることになります。
 
そうです。
 
言い訳に終始して自分を正当化する見苦しいテレビニュースやワイドショーのように。
 
 

Sponsored link


アメブロ カスタマイズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。