海が無い埼玉県の寿司組合が革命を起こす!「野菜すし」を100店舗でメニュー化へ。

野菜 寿司

埼玉県には海がありません・・その代わりに豊富な野菜が収穫できる。
 
そんな条件を逆手にとって県鮨組合が、県内の寿司屋に野菜すしのレシピ本を配布。増えつづけるベジタリアンや外国人旅行者という新たな顧客を開拓しようと立ち上がりました!
 
野菜系のお寿司といえばカッパ巻きにかんぴょう巻きにお新香巻き・・など、僕(@ka__zz)も大好きな定番巻物がどこのお店にもありますが、今回はなんと40種類を開発したそうです!
 
ということで、ニュースの詳細をレポートします。
 

Sponsored link

ベジタリアンやインバウンドを獲得するために埼玉の鮨組合が野菜すしのレシピ本を配布!

野菜寿司 埼玉

お寿司といえば魚ですが、海がない埼玉ですから当然ながら漁獲量はゼロ、つまり他県に頼らないと寿司屋が成立しないのが県なんです。
 
そして、地方都市は安価な回転寿司屋の出店があいつぎ、個人がやっている昔ながらの粋な寿司屋は、厳しい状況に追い込まれているお店も少なくありません。
 
さらに世界を見渡すと、日本人が大好きなマグロが絶滅危惧種に指定されたり、近年の乱獲によって魚の価格が高騰しているのが実情です。そんな、ネガティブな寿司業界ですが・・
 
なんと! 埼玉県の”県鮨商生活衛生同業組合“が野菜さをネタに使ったお寿司のレシピを開発して、県内の寿司屋に配布を開始したとニュースが入ってきたのです!

海はないけれど野菜の産出額は全国7位。すし店にとっては弱みとも言える埼玉県の特色を逆手に取り、新しい顧客を獲得しようと、県鮨商生活衛生同業組合(長島威理事長)は、県産野菜を使った「野菜すし」のレシピ本をまとめた。

 レシピはプロのすし職人向けで、同組合が研修会を通して約3年かけて完成させた。県内130店のすし店に配布。要望のあった新潟や長崎など県外にも配布し、県内外での普及を目指している。

 外食産業が多様化する中、すし業界では新しい顧客にアピールできる新メニューの考案が検討されてきた。同組合は県内で野菜の生産が盛んなことに着目。ベジタリアンが多い外国人観光客や健康志向が強い女性客にも対応したメニューだとして研究・改良を進めてきた。

引用:埼玉新聞

ベジタリアン、そして寿司業界関係者の人はぜひ、埼玉新聞のリンク先の全文を読んでいただけたら幸いです。正直、僕はこの記事を読んで感動しました!
 
だってプロジェクトXばりの勇気ある決断と行動力じゃないですか。
 

野菜 鮨

庄司いずみ先生のベジタブルクッキングスタジオで開催された野菜すしレッスンで作ったもの。

野菜フリークな緑黄色男子の僕(@ka__zz)としては、大歓迎のビッグニュースなんです!
 
ニュースの主旨をまとめると、
 
・県内130店の寿司屋に野菜寿司のレシピ本を配布!
・埼玉県産の野菜を使ったお寿司のレシピが40種類!
・ベジタリアンや外国人旅行者にも対応できる!

 
埼玉といえば、個人的にはうどん県(全国2位のうどん生産量と消費量)ですが、野菜の生産量が全国7位という素晴らしい県だったのです。海がないという寿司屋としては大きなハンディキャップから視点を変えて、野菜に目をつけたその眼力と決断は、本当に素晴らしいことです。
 

Sponsored link

世界中の誰もが美味しく食べられる野菜寿司は世界的にニーズ増えている。

料理教室

2016年に開催したプロ向けの野菜すし講座の様子。

実は、ベジタリアンである僕(@ka__zz)自身も3年前から野菜すしに仕事で関わってきました。
 
パーティ専門のケータリングで野菜寿司を提供したり、プロの料理人向けに、野菜料理家の庄司いずみ先生とコラボして、江戸前寿司の職人さんによる野菜すしレッスンを開催したり・・。
 
現場で実際にお客さんが食べている様子を見たり、プロの料理人さんたちの感想を聞くと、確実に今後は野菜すしの需要が高まっていくと確信を持つことができます。
 
2020年には東京オリンピックをひかえて、今後さらにインバウンドが増加します。
 
ベジタリアンが多い外国人旅行者が日本へ来て食べたいもの、それがお寿司であることは間違い無いですし、健康意識の高まりによって国内でもベジタリアンが増加しています。
 
ネガティブな要素ではありますが乱獲による漁獲量の不安定さと共に、食の安全という観点から現在進行中の原発事故によって、魚を避ける人も増えています。
 
野菜すしは、安定して供給ができる持続可能なグルメです。
 
そして、食のグローバル化とも言える、世界中の誰もが食べることができるのが”野菜すし”です。
 
 
そんなわけで、埼玉のお寿司屋さんを全面的に応援していきます!
 

▼プロ向け野菜すし講座のレポート

▼埼玉の野菜すしレシピを開発した日進の寿司店「山水」

▼庄司いずみ先生が全世界で出版した野菜すしのレシピ本(英語版)

それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!
 


Sponsored link



*初心者向けオンライン投資講座キャンペーン*

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・Wordpressエディター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。