南青山のカフェで朝活!「criss cross」木陰のテラス席で全粒粉のトーストを食べる。

カフェ トースト

2016年元旦の目標に、朝カフェ巡りをして朝活を充実させるぞ!と誓いを立てたのに、結局3回しか朝活しなかったすっかり夜型の僕(@ka__zz)です。
 
そんな三日坊主の僕でも毎日5時起きで通ってもいい!
 
と思えてしまうスペシャルに気持ちが良いカフェが南青山にある「criss cross」で朝カフェミーティングをしてきました。新緑の木陰で爽やかに通りぬける風。とにかく都心とは思えないほど、ゆったりとリラックスできて、そしてマイナスイオンが溢れているんです!
 
さらに、充実した朝食メニューと気の利いたサービス・・
 
そんな至れり尽くせりなカフェを紹介します。
 

Sponsored link

南青山のカフェ「criss cross-クリスクロス」は朝、ガーデン席でトーストを食べるのが最高なんです!

カフェ 庭

生活のリズムって人それぞれなんですけど、僕(@ka__zz)の場合、調子いいのが朝なんですよね。
 
理想の暮らしは、
 
4:45 起床
5:00 シャワーを浴びる
5:30 ジョグとヨガ
6:30 瞑想
7:00 朝カフェでスムージー
8:00 読書と仕事
12:00 外でランチ
13:00 仕事
17:00 自炊で夕食
18:00 猫とまったり過ごしてお風呂
20:30 瞑想とワーク
21:00 寝る..zZ
 
こんな感じのリズムで暮らすことを夢見ているわけですが、ここ最近はすっかり真逆の真夜中型になってしまい、日によっては朝日を拝んでから寝ることもあるくらい乱れています。
 
もともと人間は、自然界の一部ですから、鳥や植物たちのように太陽のリズムに合わせて暮らすことで、元氣になるわけですから、ここら辺で再び朝活をしよう!と思い、やってきたのが南青山にあるお気に入りのカフェ「criss cross」です!

▼生活のリズムの大切さをアーユルヴェーダで学ぶ

表参道駅から徒歩3分というアクセス!木陰のテラスがある朝カフェ「criss cross」

表参道駅

表参道、南青山周辺にはわりと朝からOPENしているカフェ、いわゆる朝カフェが多いのです。
 
その街の文化レベルを測る時に、間違いなく朝を有効活用しているお店の数はその指数になります。それは24時間OPENのチェーン店ではなくて、ローカルな地元のお店です。

アクセス

千代田線・銀座線の表参道駅B3出口から徒歩3分。青山通りから路地を入ったところにあって分かりやすいです。初めて来店する人はスマホの地図アプリでナビるといいでしょう。
 

カフェ 庭

新鮮なエネルギーに満ちた朝時間を有効活用して、ミーティングをしたり読書をしたりする朝活が、ビジネスマンを中心に一般的なイメージですが、僕(@ka__zz)が個人的に推進している朝活はひと味ちがいます。
 
アメリカから輸入された頭がクリアな時間に仕事を片付けたり、プランニングするいわゆる出来るビジネスマン的な朝活は、僕から言わせれば時代遅れなんですよね。とか言いながら2016年は朝活したのが3回だけですが(笑)
 
 
小坪真由美

朝カフェ論を話す前に、今回のカフェ「criss cross」なんですが、このカフェを僕に教えてくれた人が編集者でイートコーディネーターの小坪真由美さん。以前、早朝に不動産物件を視察した後に、恵比寿から歩いてやってきたのが最初で、居心地の良さにすっかりハマってしまい通っているのでした。
 
いちおう紹介しないと怒られるので書いておきました。

▼小坪真由美さんが運営するメディア「うれしごはん」

女子的にテンションがあがる充実した朝食メニューとパンケーキが美味しいカフェ@南青山

カフェ メニュー

朝食メニューはパンケーキにグラノーラ、フレンチトーストなど”都会的”なラインナップ。
 
パン、小麦、グルテンラバーな僕にとっては天国なんですけど・・
 
なんですけど・・
 
肉類、魚類、卵類をいっさい食べない僕的に本当の意味で小麦を食べるカフェです。
 

▼美味しい野菜ごはんで痩せるんです

表参道の朝食に200%おすすめしたい全粒粉のトーストwithバターとジャム

トースト カフェ
Sponsored link

僕は食べ物でも何でもハマるとそれしか注文しなくなります、飽きるまで。
 
それが・・
 
・自家製トースト 500円
・トマトジュース 200円

 
トーストは基本パンプキンバター、アーモンドバター、ベーコンジャムが付属します。
 
ですが、オススメは常連の裏メニューとして用意されているバター&いちごジャム。じつは一時期、ブレックファストメニューからトーストが消えていたのです。ところがクリスクロスのトーストを愛していた数多くのお客さんが注文をして、裏メニューとして出していたのです。
 
その後、無事に自家製トーストが復活したものの、バター&ジャムが消えていて、このオーソドックスかつ王道の組み合わせを通は注文するのです。
 
LOVE! butter&jam!
 
そして濃厚すぎるトマトジュースとトーストの組み合わせも宇宙レベルで美味しいのです。

敷地内にあるパン屋「breadworks」の焼きたてパンも食べられるんです!

トースト カフェ

クリスクロスの最大の楽しさとして、
 
隣にあるパン屋(敷地内)breadworksで買ったパンもカフェの席で食べることができてしまうのです!これが、本当に楽しくて美味しくて、ぜひとも体験して欲しいのです。
 
僕はいつもトーストに使っている全粒粉のパンを一斤購入します。
 
つまり・・パンのお代わりなんですが、これをお店のオーブンで焼いていただき、テーブルまで運んでもらいます。焼きあがるまでの時間が本当に待ち遠しくて、まるで恋人とデートの待ち合わせのように麗しい時間の流れを味わうことができるのです。
 

朝カフェは仕事をする場所ではなくて自分に戻るところ。

さあ、話は朝活にもどりまして、アメリカ的ビジネスの成功術とかで、できる男は朝仕事をかたずける的なメソッドが流行りましたが、僕的にはすでに時代遅れもいいところなんですよね。
 
手帳やノートパソコンを開いて朝カフェで仕事をしている人は、いますぐそれをカバンにしまうことをオススメします。そして、3回ほど深く呼吸をして、静かに目を閉じてみましょう・・
 
そうなんです。
 
朝カフェは思考と感情の動きを止めて・・本来の自分に戻るところなんです。
 
美味しい珈琲をのみながら、深く息をすって吐いて、リラックスしながらただぼんやりと、今を生きている感覚や喜びを感じながら、ゆったりと時間の流れを味わう。
 
その意味で、クリスクロスの木陰席(僕の席!)は自分に戻れるパワースポットです。
 
もちろん、たまには仕事をするのもいいですけどね、気分転換に。
 
 
カフェ 水

KAZUAKI tani
そうそう!トーストをお代わりする人は、最初に注文した時のバター&ジャムを残しておくといいですよ。もちろん追加でも注文できます。その辺の柔軟性とスタッフさんたちの細やかな気配りも素晴らしくて、本当に気持ちのいい朝時間を過ごすことができます。
 
あとはクリスクロスにひとつ注文があってどうか朝7時からOPENしてください!

criss cross

場所:東京都港区南青山5丁目7−28
電話:03-6434-1266
平均予算:1000〜2000円
営業:8:00~21:00
定休日:無休
駐車場:無(近くにコインP有)
公式ページ:https://www.tysons.jp/crisscross/

【関連記事】
【朝カフェのすすめ】SASAYA CAFE でオーガニックに朝を過ごしてみた@墨田
僕は思う「Bill’s」七里ヶ浜で朝7時台の爽快さを一度は体験しておくべきだと。
【たまな食堂】南青山の路地裏にあるカフェで草食ランチ、濃厚な大豆ミートが美味かった!
 

それでは皆さん、よい朝時間を!
 
Have a good day!
 

Sponsored link


カフェ トースト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。