フェイクか真実か?!SEの後継機「iPhone XE」が年内発売の噂とやら。

iPhoneSEという、個人的にはiPhone史上最高の機体の後継機種が、出るぞ、出るぞ・・・そんな噂に振り回わされて早2年の僕(@ka__zz)です、ごきげんよう。

2018年末にはとうとうSE2は出ない・・・と噂をばらまいていた人たちによって結論づけられてしまいまして、その瞬間iPhone7から最新のⅩSにはいかず、SEを購入したのでした。

iPhoneSEが発売されてすでに3年がたち、手の平にすっぽりおさまるコンパクトなサイズ、エッヂがきいた美しいデザイン(背面は残念すぎますが)、必要最低限しかし便利な機能・・・僕にとっては数あるスマホの中で唯一テンションが落ちないのがSEなんですよね!

そんなSEの後継機種であろう小型なiPhoneⅩEが年内に発売される!

という、今度こそはマジで発売してくれよ!という期待をこめて噂を検証してみました。
 

Sponsored link

SEの後継機な小型スマホiPhone ⅩEが年内発売の噂を検証してみる。

僕の愛機iPhoneSE

2011年10月にアップル社CEOのスティーブ・ジョブズがこの世を去ってからiPhoneデザインの劣化が始まってしまった・・・

ミニマム&独特の美的センス、そして超ウルトラ完璧主義者だったジョブズがたずさわったiPhone4は現在でも史上最高のスマホデザインとして高い評価を得ております。

そんなiPhone4のデザインが劣化したのがiPhone5で、背面のデザインを初めてみた時に泣きましたよ、僕は。ところがiPhone6と7ではさらに劣化、8になって背面がガラスに戻ったものの、全体にぼやけた感じのデザインはそのままで、最新のⅩSでも僕の心はいっさい動くことがありませんでした。

そんな中、スマホへのテンションがぎりぎり保てていたのがiPhoneSEでした。

SEがリリースされる前に7plusを買ってしまった僕でしたが、つい先日メルカリで新品のSEを購入しまして、現在のiPhoneよりも機能が劣るのにもかかわらず、あまりの使い勝手の良さに、スマホは小さいほうが正義だ!と改めて感じたわけです。

SE2が出る噂は、2年ほど前からtwitterで流れており、本物かと思われるコンセプトモデルの画像とともに、興奮をした僕でしたが、すぐにそれは落胆に変わったのでした。
 

Sponsored link

2018年末にはSE2は出ない、ガセネタだった・・という結論になり、すっかり諦めていた頃・・!

iPhone ⅩEが年内に発売か!?

という記事をfacebookで見かけたのでした!

SEではなくiPhoneⅩE(テン・イー)!

コンセプトは、iPhoneⅩの機能をiPhoneSEの機体サイズに詰め込んだ!というもので、これが事実であれば歓喜を通り越して感動レベルじゃいですかッ!

スマホの巨大化は滅亡のきざしであった流れを断ち切れるのか?

iphone ⅩE 小型スマホ XE

恐竜が滅んだ理由は、巨大化したことによって環境の変化に対応できなかったことが定説としてあるように、何ごとも大きくなりすぎたり複雑になりすぎると、それが衰退いずれは滅亡の原因になるのは宇宙の法則です。

会社や組織も同じで複雑になりすぎると、そこから歪みが出て倒産します。

iPhoneをはじめとするスマートフォンは、世界的に大型化していき、中国などの新興国市場のニーズに合わせたことがその原因であると言われています。iPhoneが大型化しはじめたのは、ジョブズが没した後にリリースされた5からで、人間の欲がそのままカタチになったかのように大きくなっていったのでした。

ところが世界を制覇するかにiPhoneも、リリースから10年が経過し・・

販売台数で韓国のサムスンにぶっちぎりで抜かれ、中国のファーウェイにも抜かれ、衰退の一途をたどっています。ちなみに、日本の家電メーカーはスマホ市場では勝負さえさせてもえらない悲惨な状況で、ガラケーではありませんが、日本国内で細々と生き延びているのが現実です。

このままの流れで進めば、スマホに明るい未来はない・・・

もしかするとスマホにかわる革新的なデバイスの登場か?

そんな時に、iPhoneⅩEのニュースが飛び込んできたわけで、このタイミングで複雑&大型化からシンプル&コンパクトにシフトができれば、iPhoneが息を吹き返す可能性も大いにありそうです。
 
ただし・・・・!

このニュースがフェイクでなければです。
 

いま出ている噂はこんな感じです。

・2019年内に発売されるのではないか。
・2020年に発売されるのではないか。
・4.8インチのOLEDディスプレイを採用する。
・フェイスIDが搭載される可能性がある。
・iPhoneSEと同じサイズである。
・サイドはSEと同じアルミになる。
・カメラは12MPセンサーとf/1.8レンズを搭載
・3レンズのカメラになる(たぶんこれはフェイク)
・インドのFoxconnという会社が製造する。
・値段は600ドル(66000円)くらいになる。
・5Gに対応する(個人的には電磁波がやばいので不要な機能)

僕(@ka__zz)たちiPhoneSE派は、フェイクニュースに失望されつづけてきました。

画像や映像をまじえて、発売日の予測までして、いかにも本当に発売されるかのうように期待を持たしておきながら、アップル社のカンファレンスが終わると、SEファンの気持ちは海の底に沈んでしまう・・

つまり、この手のニュースは狼少年ではありませんが、ほとんどのユーザーが話半分かそれ以下で捉えるようになっています。

そう。

冷静に・・・。

しかし、冷静になりながらもiPhoneⅩEのコンセプトがそのままカタチになることを、心の奥底では期待してしまっている自分がいます。なぜなら、あまりにも魅力的なので。

夢が現実となるのか、またフェイクで終わってしまうのか・・・

これから先が楽しみです!
 

▼ニュースとコンセプト画像の配信元

 
▼コンセプト映像がこれ。レンズは僕的にイマイチでひとつで良いと思うのですが・・・

iPhoneⅩEについては、今後も情報を続報として記事にしますのでどうかお楽しみに!

それでは皆さん、よい一日を!

Have a good day!

and God bless you!!


Sponsored link



共感したらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。