至福の旨さだ!湯島の名店「醍醐-だいご」で稲庭うどんを食べた。

稲庭うどん

《2016年10月追記・・残念ながら店主様の都合で閉店しました。》
 
 
先日、湯島天神をお参りした帰りに稲庭うどんの名店「醍醐-だいご」でランチをしてきた僕(@ka__zz)です!
 
 
いやー相変わらず美味しかった!味だけでなくここで流れる時間が素敵なんですよね。座席はカウンターの7席のみで味わう至福の時..
 
ということで、日本全国のうどんを食べ歩いている僕にとってベスト5に入るこのお店を自信を持って紹介します。
 

Sponsored link

稲庭うどん「醍醐」で過ごす至福の時間

湯島天神

新宿でアポイントがあった僕(@ka__zz)は突如思い立って千代田線の湯島駅で途中下車。この日の最高気温は35℃、ギラギラと照りつける太陽、吹き出る汗..
 
特に受験をするわけではないのだけどせっかくこの地に来たのだし、まずは湯島天神の神様にご挨拶。
 
 
湯島

神社参拝の後は美味しいものを食べるのが僕の流儀(笑)、さあお店に向かおう!
 

醍醐は湯島天神から徒歩3分

 
湯島天神の表参道を下り、路地裏へ入る。そして急な階段を下っていくと閑静な住宅街にあるビルの1階に僕が大好きな「醍醐-だいご」があるのです!
 
 
稲庭うどん

オトナの隠れ家的たたずまいの醍醐。
 
中が見えないので最初はこの暖簾をくぐるのに勇気がいります。
 
ちなみに「醍醐」の本来の意味は10世紀の日本で作られた乳製品でそれはたいそう高級な食べ物のことだそうです。
 
 
ウィキペディア→醍醐の意味
 
 
稲庭うどん

椅子はわずか7席のみ

やや緊張しながら暖簾をくぐると、テキパキと働く女将さん。
 
わずかカウンター7席のみのプレミアムな椅子に座る僕。よく効いた冷房ですーっと汗がひいて気持ちいい。
 
そして美味しそうにうどんをすするお客さんたち。
 
 
稲庭うどん

注文は最初から決めてきた、というか醍醐ではコレしか食べない。
 

僕が注文したもの

・稲庭うどん(冷)高菜ご飯付き 700円
・大盛り 100円

 
 
稲庭うどん

トッピングは自由!

カウンターに並べてあるお椀には、うどんのトッピングが数種類。鰹節、布海苔、山菜、お揚げ..など。それを自由に食すことができるのが醍醐のシステム。
 
端っこに座った僕のためにわざわざお椀を流してくれたご常連さん。忙しい女将さんのためにフォローする気配り。素敵なお店です。
 
 
稲庭うどん

Sponsored link

うどんが出来る前に出される高菜ご飯、これがじつに美味しい!
 
これにうどんのトッピングをのせて食べるのがまた楽しいのです。
 
 
稲庭うどん

稲庭うどんが出来上がりました!
 
メニューはこの他に温かいうどん、鶏のつくね汁につけて食べるうどん、納豆うどん..こんな構成です。
 
 
稲庭うどん

稲庭うどんは冷やしでこそ堪能できる

個人的に稲庭うどんの美味しさをいちばん堪能できるのが、この稲庭うどんの冷やし。通ぶってみますと、シンプルな食べ方だけにうどんそのものを味わうことができるのです。
 
つゆをつけて食べるタイプと、ぶっかけタイプを選択できます。
 
 
稲庭うどん

醍醐のうどんをひと口すすった瞬間、全身にひろがる幸福感..
 
うどんてこんなに美味いんだ!ありがとう女将!
 
うどん大好きな僕が全国各地を食べ歩いた中で(そんなに件数は多くありませんが)醍醐の稲庭うどんはベスト5に入ります。
 
 
稲庭うどん

おろした山葵を麺にからめて食べるのも美味しい!
 

醍醐

 
場所:東京都文京区湯島3-19-4 第一カネコビル 1F
電話:03-3835-3139
平均予算:700〜1000円
営業時間:11:30~14:30
定休日:日曜・祝日・第1第3土曜日
駐車場:
アクセス:千代田線湯島駅5番出口から徒歩3分
 

 
稲庭うどん(食後に黒豆茶をいただきながら余韻にひたろう)
 

僕(@ka__zz)的あとがき

たった7席という贅沢な空間でうどんを食べていると、違いが分かるオトナになった気分になれる(笑)それはこのお店に独特の品格があるからだろう。
 
個人的にオススメが湯島天神を参拝して心を落ち着けてからの醍醐で稲庭うどん。そんなゆとりがあるとなおのこと美味いうどんを食べることができる。
 

イチオシのうどん屋

▼博多でごぼう天うどん

▼群馬の桐生で冷やしたぬき

▼首都圏のうどんを食べ歩く!

 
それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!!


Sponsored link



ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhoneSEとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。