東京駅で担々麺を食べた僕はカレーの国へ旅立った!「西インド聖地巡りの旅その1」

india

 
インド時間で16:50
 
無事に首都ニューデリー「インディラガンディー国際空港」へ着いた僕(@ka__zz)たち。
 
さあ!
 
ここから国内線に乗り換えて西インドの都市アーメダバードへ移動します。
 

Sponsored link

トランジットでのんびりくつろぐ時間が好きなんです。

インディラガンディー

インディラガンディー空港の名物、印(手の形)のオブジェを今回は水平ラインから眺めながら、国内線ロビーへ歩いて移動です。
 
このオブジェを見ると、インドへ来たなーって気分になれます。
 
 
インディラガンディー

トランジットの時間は1時間50分。
 
ここまでわりとバタバタ感があったのでこのブレイクタイムは本当に助かりました。
 
 
インディラガンディー

国内線の搭乗手続きとボディチェックを完了させて後、出発ロビーにあるカフェで旅の仲間たちとくつろぎのアイス珈琲ブレイク。
 
アメリカンのアイスでミディアムサイズ 210ルピー。
 
インド国内のスターバックスと同じ相場。
 
日本円に換算しても日本のスタバと同じくらいの価格になります。
 
 
角田 イントレ(空港内のカフェでくつろぐ角田さんと保坂氏)

今回も素晴らしい旅の仲間に恵まれました。
 
上の写真右は、去年のインドも一緒だったイントレ講師で作家の角田和将さん。
 
彼が春に出版した本はなんと!10万部を突破して、現在もなお売れています。
 
▼ベストセラーになっている本(一冊目)

国内線でいざ西インドの都市アーメダバードへ。

air india

19時半過ぎ、エアーインディアの国内線に搭乗。
 
 
air india

上の写真をよーく見てほしいのですが、エアコンの吹き出し口から煙が出ています。
 
これ、よくテレビの音楽番組の演出であるような冷気の煙で、肉眼で見ると写真よりもずっとすごくてまるで冷凍庫の中にいるような雰囲気でした。
 
もちろん寒さ対策はバッチリで、出発前日に地元のGAPでパーカーを購入してもってきました。
 
 

機内食

この日、三回目の機内食。
 
当然ながらインド国内なのでカレーです!
 
国際線でも同じですが、インドの航空会社は基本がベジ or ノンベジの2種類を用意してあり、ベジは一部乳製品を使っていて、お肉はチキンです。
 
ぶたさん、うしさんはヒンドゥー教、イスラム教が多い国なので機内はもちろんインド国内のホテルやレストランでもめったに目にしません。
 
 
india airport


▲このブログで使っているテーマ

デリーからおよそ2時間のフライト・・
 
アーメダバード空港に到着したのは現地時間で22時過ぎ。
 
小さいながらもとても近代的で綺麗な空港です。
 
 
india hotel

空港からバスで40分。
 
アーメダバード市内の川沿いにあるホテル「lemon tree」に到着。
 
成田のホテルを出発してからおよそ17時間の大移動が終わりました。
 
 
▼この日宿泊した Lemon Tree Hotel

蓮村誠

インドのホテルはビジネスクラスでも高級感があります。
 
チェックインする時、ホテルのスタッフさんから歓迎でもらった花の首飾りが旅の疲れを癒してくれました。
 
ふかふかなベッドでたっぷり寝て翌日の移動に備えるとしましょう。
 
 
午前1時30分、消灯
 
おやすみなさい・・
 
まだまだ旅はつづきます。
 

▼つづきを読む。

 
インドのホテルを検索する



 
 
【西インド聖地巡礼の旅まとめ】
本記事東京駅で担々麺を食べた僕は カレーの国へ旅立った!
その2カレーをまったく食べずに毎日サンドイッチと焼きそばで過ごした件
その3聖山ギルナール!豪雨のなか9999段の石段を登って礼拝してきた
その4 聖山ギルナールを無事に下山!さらば僕が愛したニューバランスよ
 
 
【関連する記事と本】
さらば日本!搭乗時間ギリギリからの今からインドへ行ってきます。
僕がインドを旅する理由。いったい何を求めてカオスな世界を目指すのか?
これはマジで美味い!インド料理店で革命的なカレーの食べ方を考えた。
インド各地の寺院で撮影したスナップ30枚をイッキにご覧あれ!
 
 

 
それでは皆さん、よい旅を! Have a good trip!
 
 

Sponsored link
india
最新情報をチェックしよう!