宮崎 駿監督の世界をジオラマ&ペーパークラフトで再現する作家ヒロキくん。

ロサンゼルスで瞑想をして参りまして、人生初のアメリカ本土上陸を果たしてきた僕(@ka__zz)です、ごきげんよう!

英会話ができない・・という高い壁を自分の中で設定しまい、アメリカ=ハワイオアフ島(日本語圏)でしたが、実際に旅してみて実感ことがあります。

それは、やっぱり英会話がある程度できないと大変である!

なので、ちゃんと学ぼう!って決意をしたことでした。

そんなわけで今回は、ネイティブな英会話をこなし、プロのギターリストでもありペーパークラフト作家である、友人のヒロキ君の紹介です。

彼がどんな作品を日々作っているかと・・ジブリの宮崎監督の世界です!

トトロ、千と千尋の神隠し、もののけ姫、魔女の宅急便・・世界中で愛されている名作の数々を、ペーパークラフトによって再現しています。
 

ジブリの世界をジオラマ&ペーパークラフトで表現しているヒロキくんとは?

まず最初に、パーパークラフト作家ヒロキくんとの出会いまで話をさかのぼってみます。

2014〜2017年にかけて当時の僕は群馬県に住んでいながら、瞑想、催眠術を都内で学び、仕事も横浜と都内を中心としていたので、1年365日中、100日は外泊していたのです。

フラフラすることが大好きな僕なので、充実したライフスタイルでした。

そんなある日、浅草で深夜まで仕事をした僕は、旅行サイトでいろいろ検索した結果、イイ感じのゲストハウスを予約しました。ミーティングと作業がおわって深夜、チェックインをしたのですが、その時、宿のフロントで受付をしてくれたのがヒロキくんだったのです。

外国人旅行者にも流暢な英語でスラスラとフロント業務をこなしている彼の姿が、めちゃくちゃかっこよく見えたのは言うまでもありません。

そのゲストハウスは、とてもフレンドリーで居心地がよかったので、年間100泊中20泊くらいはしたのではないでしょうか。
 

宮崎監督が長年住んでいる所沢にある航空公園。

その後、僕がブログで稼いで生活をしていることを知ったヒロキくんから声をかけてもらい、宮崎駿監督の地元である所沢の航空公園で会って熱いトークをしました。

僕自身も彼の活動に興味があったこともあり、いろいろ意気投合して・・現在に至ります。

1mm以下の微細な作業によって織りなすジブリペーパークラフトの世界。

はじめて、ヒロキくんの作品を写真で観たときに、トトロがガンプラでいうと1/144ゴッグくらいの大きさに感じたのです。ところが・・・実際の大きさはかなり小さい!

上記のインスタを観てもらえるとわかりますが、タイガーモス(天空の城ラピュタに出てくる飛行艇)が手のひらにすっぽりと収まるサイズです。先日、ヒロキくんに会ったときに、現物のペーパークラフトを見せてもらったのですが、もののけ姫が指先のサイズでしかありませんでした!

ミリの世界を繊細な感覚と、精妙な技で作りあげる集中力と精神力・・・

子供の頃から、プラモデルを完成させたことがない僕的に、すごい!としか言いようがありません。
 

さらにトトロ、ラピュタ、魔女の宅急便、千と千尋の神隠し・・など宮崎アニメの世界を、ヒロキくんのクリエイティブな感性によって、ひとつの箱庭(ジオラマ)として構築しているのです。

そのジオラマは現在も拡大していて、制作の様子は彼のインスタグラムで見ることができます!

すでにフォロアーは世界中に増えて、趣味を超えたレベルになっています。
 

ヒロキくんが示す未来を手繰り寄せるチカラとは?

先に述べたように、ヒロキくんのフォロワーはインスタグラムによって急増し、世界中で彼の作品を楽しみにしている人がたくさんいます。ジオラマ制作だけでなく、WEBマーケティングに基づいた情報発信をしながら、創作活動をつづけている結果でもあるのですが・・・

ヒロキくんの場合は、マーケティングのようなデータや損得勘定ではなくて、自分としっかり向き合った生き方をしてきて、自分自身をとてもよく理解しているからこそ、作品にエネルギー(魂)が宿っているのだ、と僕(@ka__zz)は考えています。

多種多様な選択肢があふれる自由な社会、そしてインターネットによって、僕たちは莫大な情報にアクセスできるようになりました、いとも簡単に。その反面、他人の価値観やどうでもいい情報に影響されすぎて、自分の本質を見失っている人がわりと多くいます。
 

Sponsored link

そんな中、ヒロキくんは・・・

「何をやったら自分が活き活きできるのか?」

を追求する生き方をしてきたのです。

いろんな葛藤や挫折も経験したと思いますし、失敗も人一倍してきたことでしょう。

それでも自分ができることを、精一杯に表現してきたからこそ、彼の作品には深みがあるのです。

ジオラマ制作をいちばん楽しんでいるのが、ヒロキくん自身であること・・

明確な未来像と目標を設定して、日々コツコツと制作に励んでいること。

 

この記事を書く前のある日、府中駅近くのカフェで一緒に話をしたヒロキくんは、まだ見ぬ天空の城へ向かってまっすぐに歩んでいる、パズー少年のように輝いていました。

これからの活躍がとても楽しみでなりません!
 

Kazz
余談ではありますが、僕(@ka__zz)のなかで好きな宮崎アニメは順に①ルパン3世カリオストロの城 ②風の谷のナウシカ ③紅の豚 ④天空の城ラピュタ ⑤もののけ姫 こんな感じです。そして、好きなキャラクターはナウシカに登場するトルメキア軍の参謀クロトワとです!
 

それでは皆さん、よい一日を!

Have a good day!

and God bless you!!


Sponsored link



共感したらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。