《大阪の街をiPhoneで撮影》写真を一挙に33枚公開!裏なんばやビーガンカフェとか。

うらなんば

 
一泊二日の大阪取材。
 
2日目は、宿泊したゲストハウスの取材を終えて、近くにあるタリーズへ。
 
タリーズ

南海線のガード下にあるこのタリーズ。
 
今まで行った全国のタリーズでダントツに素晴らしい空間なのでした。
 
 
カフェ 内装

午後2時前、徒歩と地下鉄で移動してやったきたビーガンレストラン「パプリカ食堂」
 
 
カフェ 内装

関西を代表する、いや日本を代表する美味しいベジタリアンのお店です。
 
 
ビーガン 

この日食べたロコモコ丼、彩り豊かな野菜が美しいですよね!
 
iPhoneのマクロ機能は後ろがほどよくボケてくれるのでそれっぽく撮れます。
 
 
ビーガン

標準カメラも僕が使っているアプリCamera+も、食べ物については後からホワイトバランスを補正するといい感じになります。
 
ちなみに、僕のiPhoneは5Sです。
 
現在はiPhone7ですから二つ前の機体となります。
 
 
ビーガン ケーキ

Hipstamaticはレンズにもよりますが、僕が愛用している”Jane Lens”は色はくっきり、画質はソフトで、奥行きがある写真にしあがります。
 
 
パプリカ食堂

Hipstamaticで2番目に愛用しているのが上の写真を撮ったレンズとフィルムの組み合わせです。
 
“Lucifer VI Lens+Blackys XF”
 
 
大阪 カフェ

Sponsored link

3軒目の取材先は巨大はロースターを併設した焙煎場カフェ。
 
 
大阪 カフェ

“Brooklyn Roasting Company”
 
 
南海

丸い窓が目を引く南海線の特急電車。
 
何年か前に、熊野を旅した時に乗りました。
 
 
関空

関空に到着・・
 
忙しくも短い旅でしたが、とても充実できました。
 

KAZUAKI tani
iPhoneカメラは、画質と表現力こそ一眼レフに劣りますが、その代わりにポッケに入る携帯性と、撮りたいと思った時にサッと素早く取り出せるスピード感は何より楽しいのです。iPhoneでしか切り出せない瞬間。

それこそがiPhone写真の最大の魅力ですね。

 
▼僕が使っているカメラアプリ

Hipstamatic カメラ

(2016.10.11時点)
posted with ポチレバ
Camera+

Camera+ (¥360)
(2016.10.11時点)
posted with ポチレバ
 
【関連】
iPhoneのトイカメラアプリ「Hipstamatic」で撮影した写真@九州編
iPhoneでモノクロ写真「Hipstamatic」がプロになったと勘違いできるレベル!
iPhoneアプリ【Hipstamatic】で撮影しながら新宿副都心〜大久保まで歩いてみた。
 
 
 
それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!
 


Sponsored link



うらなんば

共感したらシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。