【武蔵国一之宮 氷川神社】をお詣りしてきた!大宮アルディージャのホームタウンさいたま市。

 
16日午後、川崎の先輩宅で「宇宙戦艦ヤマト」を鑑賞、美味しいワインや野菜料理で宴も催されて気分よく酔い、気づくと群馬へ帰る終電を逃してしまった草食男子(僕のこと)..
 
 
ともに参加した先輩ご夫婦のご好意でさいたま市大宮の自宅に宿泊させてもらい翌17日、仕事もなかった草食男子は朝の散歩もかねて「武蔵国一之宮-氷川神社-」をお詣りしてきました。
 

Sponsored link

19-veg-20130517-hikawajinjya

今シーズン首位を突っ走る大宮アルディージャのホームタウン埼玉県さいたま市大宮区
 
午前9時半過ぎ、お世話になった先輩宅を後にした僕はふらふらと散歩をスタート。
 
01-veg-20130517-hikawajinjya

ここ最近、神社参拝をしてなかったこともあり先輩宅から徒歩15分..
 
氷川神社までやってきました。
 
16-veg-20130517-hikawajinjya

鎮座地:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
電話:048-641-0137
御祭神:須佐之男命・稲田姫命・大己貴命
社格:武蔵国一之宮
創建:孝昭天皇3年(紀元前5世紀)と伝承されている
参拝時間:春秋期(3.4.9.10月)5:30〜17:30・夏期(5〜8月)5:00〜18:00・冬期(11〜2月)6:00〜16:30
アクセス:大宮駅から徒歩20分
駐車場:
 

大きな地図で見る
 
10-veg-20130517-hikawajinjya

五月晴れの光がさし爽やかな風がふく、長い長い参道を歩いて鳥居を2つくぐると..
 
朱塗りの楼門が見えてきます。
 
03-veg-20130517-hikawajinjya

門をくぐると正面には舞殿、その奥に拝殿が見えます。
 
午前10時過ぎ..静かな空気につつまれる境内、僕のココロも自然と静まります。
 
02-veg-20130517-hikawajinjya

舞殿から楼門を見たところ..
 
うっとりするほど美しい建築です。
 
07-veg-20130517-hikawajinjya

Sponsored link

舞殿から拝殿を眺めたところです。
 
氷川の神様に参拝をすませた草食男子は境内散策をスタート..
 
 
Hipstamatic App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥200
この記事は、iPhoneトイカメラアプリで撮影しています。
 
04-veg-20130517-hikawajinjya

巫女さんが扉の前に立ったままずっと動きません。
 
どうやら中で何かの儀式を行っている雰囲気…
 
05-veg-20130517-hikawajinjya

巫女さんの後ろ姿に見とれていると(笑)謎の儀式が終わった様子。
 
なんと!結婚の儀式が行われていたようです。
 
美しい白無垢をまとった花嫁さんと凛々しい花婿さんが歩いてきました。
 
08-veg-20130517-hikawajinjya

ご一同の記念撮影をするみたい。
 
どうか末永くお幸せに、とココロの中で祈る草食男子。
 
僕にもキレイな花嫁さんをください、と神様に祈ったとこで移動です。
 
12-veg-20130517-hikawajinjya

つづいてお稲荷さんにお詣りです。
 
このブログのページビューがもっともっと増えますように、とお願いしました(笑)
 
15-veg-20130517-hikawajinjya

お稲荷さんの反対側にある摂社「宗像神社」にもお詣りです。
 
多紀理毘売命(読めませんw)という女神さまがご祭神だそうです。
 
13-veg-20130517-hikawajinjya

宗像神社は大きな池の中にあります。
 
公園みたいに楽しくて景色がきれいな氷川神社です。
 
14-veg-20130517-hikawajinjya

池にはたくさんの亀たちがいて、
 
仲良く甲羅干しをしていました。
 
17-veg-20130517-hikawajinjya

昨日先輩宅で観た宇宙戦艦ヤマトの興奮からうって変わって、穏やかな気持ち。
 
自然の中に神を見て敬い、自然と調和してきて生きてきた日本という国..
 
09-veg-20130517-hikawajinjya

産まれたばかりの赤ちゃんが優しそうなお父さんに抱かれて初宮参り。
 
とても美しい光景に感動します。
 
18-veg-20130517-hikawajinjya

気づけば午前11時半、そろそろお昼ご飯でも食べようかしら。
 


Sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。