ジェットスターは払戻し出来ないのか!?フライトを変更する時に損をしない方法。

先日、ジェットスターの航空券をSALEで予約したのですが、計画が変わってしまい旅に出れなくなってしまった僕(@ka__zz)
 
 
SALEで手に入れたチケットとはいえ、ただの紙切れになるのはもったいない!ということでコールセンターに電話をして「払戻しにすいて」や「損をしない方法」など、いろいろと教えてもらった情報をわかりやすくまとめてお届けします!
 
 

Sponsored link

旅の日程が変更になった時、さあどうする?

 
「予定は未定」昔のひとはよくこう言いました。はりきって立てた旅の予定はもろくも崩れ去ってしまった僕、アーメン( -3-)y-~
 
緊急の仕事だから仕方ないものの予約をしておいた航空券、レンタカー、ホテル..の変更の手続きをしなければ!
 
 
成田空港

さあ、こうなるとSALEで手に入れたジェットスターの航空券をどうするか?ということになり、最初は手数料を支払えば払戻しをしてもらえるだろう..と安易に考えていたのですが、これがどうして..ジェットスターは「ある条件」を満たしていないと払戻し出来ないのです!
 
それが、下の図になります。
 
 
JETSTAR

LCCのフライト変更はかなり高くつく

 
これはジェットスター国内線をネットで予約する時に、オプションを選択する画面です。
 
解説すると、オプションは「プラス」と「マックス」の2つがあります。図の赤枠をご覧下さい。「払い戻し可」と書いてあります。そうです、このマックスというオプションを予約時に選択しておけば払戻しは可能なのですが..オプションの値段を見てビックリ(´Д`)!
 
 
なんと、13390円!
 
 
これじゃLCCの意味ないじゃん(笑)ということで、推測ですがこのオプションを選択する人は99%いないのではないでしょうか。つまり、ジェットスターは基本払戻しが出来ない!ということになります。その分、安く乗れるのですからヨシとしましょう。
 
 
*「プラス」は1480円で様々な特典があるので人気があり、頻繁にジェットスターを利用する人や、旅の日程が変更の可能性が高い場合は、このオプションをつけておきましょう。
 
 
01-veg-20120925-jetstar

ということで、予定変更になってしまった航空券をどうしたらいいのか?をまとめてみました!
 

不要になった航空券をどうしたらイイ?

 

1・旅の日程を変更して、航空券の日時を変更する→手数料3240円(片道)+運賃差額

 
この方法がいちばん妥当といえます。変更は空港のチェックインが開く時まで、ご出発日と出発時刻を変更することができます。セールでチケットを手に入れた人は、ここでなるべく金額を抑えたいでしょう。なので、変更をするには、再びセール期間中に変更をすると運賃差額が安くあがります。(セールが運良く開催されればラッキーです)
 
*変更の手続きはジェットスターのWEBサイトから出来ます。
*変更できる日程は当初フライト日の約4ヶ月先まで出来きます。
 
 

Sponsored link

2・友達や家族に声をかけて転売する→氏名変更手数料3240円(片道)

 
せっかくゲットした航空券、ムダにするのはもったいない。もし、旅行自体に行けなくなった場合はせっかくなので友達や家族にチケットを譲るという選択肢もあります。この際、航空券の氏名変更手数料がかかります。(日程を変更する場合はさらに上記の手数料3240円追加)ここで、考えないといけないのは日程と氏名を両方変更すると、セールで買うより高くなってしまう場合があります。なので、友達に譲る場合はしっかりと金額の比較(譲る場合 or ふつうに買う場合)をしましょう。
 
*変更の手続きはジェットスターのWEBサイトから出来ます。
*予約変更についての詳細は→ ここをクリック!
 
 

3・オークションで売る→氏名変更手数料3240円(片道)+オークション手数料

 
僕自身もオークションで転売した経験があります。出発と到着の空港名、出発日時をタイトルに明記しましょう。出発まで時間がたっぷりあれば多少高値でも落札される可能性はありますが、出発がせまっている場合は金額を安めで設定しましょう。オークションは「ヤフオク」と「楽天オークション」のふたつに同時出品すると落札される確率が上がります。
 
*先日、楽天市場オークションに出品しようとした、規定によって出来なくなってしまいまいた。ご注意ください。
 
 

4・facebookやTwitterなどで情報を拡散して買い手をみつける→氏名変更手数料3240円

 
ソーシャルネットワークを利用して買い手を見つけるのも有効です。この場合、のちのちトラブルにならないようにチケットの引き渡し方法(通常は、予約番号を買い手にメールなどで送る)と代金の受け取り方法をしっかりと告知文に明記しておきましょう。情報が拡散できればオークションよりも確率が高い方法かもしれません。
 
 
02-veg-20140429-jetstar

僕(@ka__zz)(@ka__zz)的あとがき

 
ジェットスターに限らず他のLCCを利用する人は、SALEで購入するのが基本になりますから、いずれにしてもフライトの変更は余分な出費になってしまいます。予定変更になった場合はなるべく早め早めの行動によって手を打つしかありません。
 
せっかく買った航空券をムダにしないようにがんばりましょう!
 
 

初めてジェットスターを利用する人はこちらも参考に

 

それでは皆さん、よい旅を!

Sponsored link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。