【群馬県の肉類消費が日本で最下位】の結果に「もっと肉を食え!」と県が叫ぶ。

ソラノイロ

総務省の統計によると、どうやら群馬県民の肉類消費量が全国でも最低レベルらしい。
 
 
こんなニュースを今朝の読売新聞で見た。あまりにも意外な統計に我が目を疑ったのだが、どうやら本当のようだ。ということでこのニュースの詳細と、この件を草食男子的に考えてみた。
 
 

Sponsored link

読売新聞

■まずは2014年8月15日の読売新聞朝刊より

 
 
県民の皆さん、お肉をもっと食べましょう。
 
全国最低レベルにあたる県内の肉類消費を改善しようと、県と畜産関係団体が手を組んで「肉食のすすめ!推進委員会」を発足させた。県産の牛肉や野菜で全ての具材をまかなえる「すき焼き」などをアピールし、県内での消費拡大を図る。
 
委員会は7月中旬、県農畜産物販売戦略協議会の部会の一つとして新設された。背景には県産豚肉やブランド牛「上州和牛」が市場で評価される一方、県内であまり肉が食べられていないことへの懸念がある。
 
総務省が2013年、47都道府県庁所在地と5政令市を対象に実施した家計調査(2人以上世帯)によると、前橋市は、牛肉と鶏肉に対する支出額、鶏肉の購入額はいずれも52都市中、最下位だった。特に1世帯あたりの牛肉の支出金額8386円は1位の京都市(40643円)の約5分の1にとどまった。
 
 
読売新聞
 
肉の消費が低迷している原因について、推進委事務局の県畜産課は「県民に根付いた粉食文化が少なからず関係しているのではないか」と分析している。小麦粉を使った伝統的なおきりこみやうどんのほか、パスタやラーメンなどが好まれ肉料理が敬遠されがちになっている、という見方だ。
 
推進委は県内の旅館に県産食肉を使った料理を提供するように働きかけることにいており、消費拡大を目指したイベントやシンポジウムの開催も検討している。
 
 
出典:読売新聞群馬版
 
 
野菜

Sponsored link

■記事の要点はこうだ

 
・前橋市が47都道府県中、鶏・牛肉の消費が最下位
・要因は粉ものをたくさん食べるから
・群馬県と畜産業界が肉食推進を始めた
・肉食推進のイベントを開催していく
 
 
野菜

■僕(@ka__zz)はこう思う

現在僕は群馬県と横浜のデュアルライフをしているので、首都圏と地方都市の食文化を体験しています。例えば外食だったりスーパーマーケットについても両者の違いを日々の生活で見ることができます。
 
首都圏と群馬の食生活でもっとも違うと感じるのは麺類(蕎麦、うどん、パスタ、焼きそばなど)の麺の量です。群馬県のお店はとにかく麺の量が多く、例えばイタ飯屋でパスタを注文すると、それだけでお腹いっぱいになるくらいドカ盛りのお店がたくさん存在します。
 
焼きそばにしてもうどんにしてもそうです。つまり、麺類を一品注文すると他の料理を食べなくてもお腹が満たされてしますのです。ということは、この食のスタイルを家庭に当てはめると、麺類をがっつり食べて主菜となるお肉を食べていないのではないでしょうか。
 
群馬の麺類に慣れて他県にいくと、あまりの量の少なさにガッカリすることもしばしば有ります(笑)
 
“パスタの街”群馬県で本当に美味しい有名店5選 | MERY [メリー]

 
 
野菜

群馬県がお肉をたくさん食べましょう運動をスタートしたわけですが「非暴力」を掲げるベジップルズとしては、群馬県もまったく余計なことを始めてくれたもんだ、と思います(笑)肉類の消費が低いということは時代のトレンドであり世界が向かう食のスタイルですから誇るべきことです。
 
肉類の消費が増えて喜ぶのは病院だけでしょう。肉食が花盛りの昨今、人間がかかる病気も花盛りになり、そのおかげで病院のベッドは空きがないほど大繁盛しています。
 
畜産は長い目で見ると持続可能ではなく、いずれ無くなる産業であるとビル・ゲイツも自身のブログで話しているように、地球環境においても人間の健康においてもデメリットしかありませんから、群馬県は世界に先駆けて畜産と肉食禁止にするくらいの大胆な政策をとってほしいものですね(笑)
 
 
ビル・ゲイツとTwitter創設者が出資して作ったベジタリアンミートが肉すぎる!と米国で話題に。

 

Sponsored link


ソラノイロ

2 件のコメント

  • 私も群馬出身ベジで今は首都圏在住なので、当事者として共感し書き込ませていただきました。
    長くなってしまったので、おヒマでもし気が向いたときにでもお読みください。

    皆が食べているからもっと食べよう!なんて、前時代の典型的「右へ倣え」発想ですね。
    前時代の典型的おじさま達が、今の風潮を見ずにおじさま達とだけ話し合って決めた政策でしょうね 笑
    肉の消費量が少ないのは、私も実家で感じています。
    粉ものも確かに食べますが、それと家庭菜園やっている人や、半農半Xの暮らしをしている人が比較的多いからではないでしょうか?
    自分で作らないまでも、頂いたり、近くに取り立て野菜を売る八百屋があったりします。
    畑に今あるものを中心に献立を考える自然な暮らしをしていると、わざわざ出かけて行って肉を買い込むという発想になりにくそうです。

    肉の消費量が少ない、と言うことは逆に言えば、肉料理以外の地元メニューが豊富にあるということではないでしょうか?
    そしてもしかしたら、自分をベジだとは思わずにベジ的食生活を送っている「潜在的ベジ」人工も多いのではないでしょうか?
    (うちの母は、「体の為」に無理して肉を食べようとしています。)
    そこで、潜在的ベジを顕在化し、自覚的ベジと手を組み、地元のベジ料理を飲食店や旅館に「ベジ」と明記してメニュー化してもらうよう働きかけ、観光客や外国人にアピールする。
    野菜の多い体に優しい和食だけど、まだまだベジが食べられるものが日本の外食には少ないです。特に地方では。
    ベジに優しい群馬県!!で観光誘致です。
    富岡製糸に人も集まっているようですし、温泉も人気のようですし、食事さえ困らなければ行ってみたいベジの人もたくさんいるでしょう。
    個性をアピールするなら、肉の消費量が少ないのは利点です。
    はっきり言って、「お肉の消費量が少ないから、もっとお肉を食べよう!」キャンペーンでは、個性を潰すだけでなく、自分たちより強い者がたくさんいる戦場にわざわざ出かけて行き負け戦をしかけているのです。
    そこで、群馬県の自覚的ベジ・潜在的ベジを募って署名、群馬県の特産物を使った地元名物や新メニュー、世界のトレンドなどをまとめて企画書を作り、ベジに優しい群馬県キャンペーンを県に働きかけてみるのはどうでしょう?
    まあ、畜産協会の「もっとお肉食べましょう」キャンペーンは、それはそれでやって頂いて。
    県は県で地元の畜産業を支援しないわけにはいかないでしょうし。
    非暴力を目指すヴィーガンの私には気持ちの良い物ではないですが、おっしゃる通り持続可能な食生活ではないので、放っておけばいずれ消滅するでしょう。
    上手く行けば、このベジキャンペーンで将来的には「群馬県は畜産・酪農・養鶏に関する残虐を禁止」する条例が出来るかもしれません!
    なんて思いつきで書き込みましたが、まんざら思い付きだけでもありません。

    長々と最後までお読みいただきありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。