堀江貴文氏の「ヴィーガンを徹底的に潰す」発言のホントの意図を考えてみた。

堀江貴文 ホリエモン ビーガン 

ホリエモンこと堀江貴文氏による「ヴィーガンを徹底的に潰す」的なつぶやきが2018年の4月の上旬に大炎上して、一部ではいまだに火が消えずに賛否両論が繰り広げられています。

このブログを書いている僕(@ka__zz)も分類されれば(テキトーな)ヴィーガンなので少なからず関心を持ち、経過を見守っておりましたが・・

この件に関しては、僕的に堀江貴文氏の巧妙な意図が見え隠れしていたので、ブロガーでありベジタリアンな立ち位置にいる僕なりの意見を言わせていただきます!
 

Sponsored link

ホリエモンのビーガンを徹底的につぶす発言の意図を考えてみる。

ことの発端は4月1日、ビジネス系WEBマガジンフォーブスJAPANの記事”世界で進む「肉食離れ」、ミレニアル世代がけん引”をシェアしたNEWS PICKSでのホリエモンのコメントです。

まずはフォーブスJAPANの抜粋から・・

ミレニアル世代は世界のあらゆる産業を揺り動かしている。食肉産業もその一つだ。消費者は急速に従来の食肉から離れ、植物べースの代替肉を選択するようになっている。

これは、数年前から世界的に見られる傾向だ。世界の主要企業およそ4000社を顧客に持つ英調査会社グローバルデータによると、肉を食べない、または消費量を減らしている人は、世界人口の70%に上ると見られるという。

同社のアナリストは、「こうした変化は主に、ミレニアル世代によってけん引されている。この世代の多くは食品の購入に関する意思決定において、供給源や動物福祉の問題、環境影響についてよく考えている」と説明する。

ただ、こうした変化はこの世代だけに見られるものではない。また、各界のセレブリティやアスリートたち、グーグルなどの企業や中国などの国々も、より多くの植物ベースの食品を取ることを支持している。

▼フォーブスJAPANの記事

記事は、世界的に肉食離れが進んでいてベジタリアンが増えてますよ・・という内容で、実際にベジタリアン後進国と呼ばれている日本でも、あちこちにベジ系レストランがOPENしたり、スーパー&コンビニでもベジな商品が増えてきているのは、このブログでも情報を発信しています。

これに対してホリエモンは以下のようにtwitterでつぶやいています。
 


 
このつぶやきに対して、一部のヴィーガンのひとたちが反応しホリエモンに批判的なコメントを寄せ・・さらにホリエモンがヒートアップして「ビーガンを徹底的に潰す!」という宣戦布告宣言をします。

このつぶやきが大炎上を起こし、ヴィーガン対アンチヴィーガンの戦い(論戦)が激化。

twitter社によりホリエモンのつぶやきは削除されましたが、現在でもその戦いは継続しています。

ヴィーガンの言い分とアンチヴィーガンの言い分。

そもそもヴィーガンというのは、お肉お魚、卵、乳製品など動物性の食べ物をいっさい食べずに、身につけるもの(衣類やアクセサリー)も皮製品や羽毛製品を可能な限りさけるライフスタイルです。
 

人類の歴史に強烈なインパクトを与えてきたベジタリアンな著名人たち。
 

また、ヴィーガニズムという言葉があるように、ヴィーガンは非暴力を前提とした生き方として、ヴェトナム戦争が激化して反戦平和主義が盛り上がった1970年代に、アメリカのミュージシャンなどアーティストたちの影響によって一般層にも拡大します。

大きく分けると思想によるヴィーガン、そして宗教での食の制限によるヴィーガンがあります。日本も仏教の教えによって江戸時代までの1000年間は法律で肉食が禁止されていた歴史があります。

近年、インターネットとfacebookやtwitterの普及によって個人が意見を社会に対して(無責任な匿名で)言えるようになり、ヴィーガンに対してアンチヴィーガンが台頭してきます。

ヴィーガン側の意見は、

・肉食は野蛮だ
・肉食は健康に悪い
・感情があり痛みを感じる動物がかわいそうだ
・ベジタリアンのほうが健康にいい

などが主流で、これは世界的に共通したヴィーガンの意見です。

これに対してアンチヴィーガン側は・・

・肉食のほうが健康にいい
・動物がかわいそうなら植物もかわいそうだ
・ヴィーガンはいちいちうるさい
・好きなものを食わせろ

こんな感じの意見が主流で、これも面白いことに万国共通です。
 
今回の堀江貴文氏も、まさにこの内容で「うまい肉を食わせろ!それを邪魔するやつは潰す!」という挑発的な表現は、ネット上では特に珍しい内容ではなく、絶大な影響力があるホリエモンによる発信ということで、大炎上となりました。
 

堀江貴文氏のつぶやきに感じる違和感。

今回の大炎上になった一連のつぶやきはを見ると”徹底的につぶす”を筆頭にバカ、アホ的・・な、およそ小学生の悪口合戦のほうがまだマシだろう・・と思わざるを得ない幼稚な言葉で、相手を煽っていたのが特徴です。

ホリエモンの煽りでさらにヒートアップしたヴィーガンの人たちはtwitterやfacebookで反論し、ベジタリアン業界全体だけではなく一般人(ネット上ですが)を巻き込んだ騒ぎとなったわけですが・・

ここで、大きな違和感が僕のナカで湧いてきたのです。

僕(@ka__zz)は特にホリエモンを良く知っているわけではありませんし、テレビで時々見ていたくらいで、頭が良くて面白い生き方をしている人だな・・そんな印象しかもっておらずtwitterもフォローしていませんでした。

Livedoor社の粉飾決算騒ぎが事件に発展し、起訴→逮捕→裁判→あっという間の判決からの収監・・は、政治と裏社会が絡んだ日本の闇を見せてもらい、それでもまた社会の第一線で活躍するタフな人・・そんなイメージです。

そんな人が子供でもしないような幼稚なケンカをしかけたことに違和感を感じたのは、きっと僕だけではないはずで、何か裏がありそう・・と思っていたので、大炎上の最中は2歩ほど引いた位置で経過観察をしていたのでした。
 

大炎上の仕掛け人ホリエモンの目的を推測してみた。

ヴィーガンを徹底的に潰す!

強烈なインパクトもった発言によって、ネット界全体を巻き込んだ大炎上に対する僕の見方は・・

ホリエモンによる意図的な炎上です。

つまり、なんらかの目的を持った仕掛けが今回の騒ぎにはあるのではないか?

そんな想いを持っていたある時・・twitterを見ているとフォロワーの誰かが堀江氏の著書をシェアしていました。タイトルが面白くて興味がそそられたのでリンクをクリックしたのです。

Amazonのページに飛び本の紹介を読んでいると、下の方にレコメンド(他の本の紹介)があったので目を移したのです。するとそこにはホリエモンが書いた「健康の結論」というタイトルの本がありました。

ほう!って思った僕は“健康の結論”をクリックしてみると・・

タイトル通り健康についての本でした。

紹介文がコレです。

★いま「健康」は、究極の資産である――。次世代のライフスタイル革命論★

で? 結局、何をすればいいの?

本当の「結論」だけがききたい人へ。

本書では医師に取材して見えてきた、これからの時代の「合理的な生き方」を提案する。多くの人は「防げる死」で命を落としてしまう現実がある。

メンタル管理、がん対策、自殺予防、突然死リスク…etc.働きざかりの人に降りかかるさまざまなリスクから身を守り、仕事や人生のパフォーマンスを高める技術とは?

「多動力」を支えるメンタルと体力の秘訣がここに!

発売日は・・

2018年6月28日!

この記事を書いているのは2018年5月・・
 

 
・・・・・!

なるほど!!

この本を売るための炎上だったのか!!!
 

ヴィーガンを徹底的につぶす! という根拠があるのかないのか分からない、自信だけはありそうな傲慢かましたホリエモンのつぶやき。この本の紹介文を見る限りは、ホリエモンなりの絶対的な健康であるための持論と根拠があったのでしょう。

炎上によって、ヴィーガンの人たちは数多くの反論合戦をあちこちで繰り広げ、アンチの人たちもホリエモンに加勢するかのようにあちこちで論戦を繰り広げ・・結果としてホリエモンが食と健康の分野に多大な影響を及ぼすポジションを作り上げた・・

そして「健康の結論」を発売。

こりゃ売れますわ、笑。

と、一連の騒動を眺めていて僕(@ka__zz)は思っております。
 

Sponsored link

ヴィーガンでもお肉大好きでも美味しく楽しく食べれば健康になる。

最後に、ヴィーガンが身体に良いのか悪いのか?

僕の答えとしては・・

“人によるんじゃなの”です。

僕(@ka__zz)自身はベジ生活15年目に突入しましたが、その間風邪はひきますが医者にかかったことなし、薬を飲んだこともなし、頭痛もなし、腹痛もなし、気持ち悪いのも目眩もなし・・と、わりと絶好調に健康です。

しかし・・

菜食が合う人もいれば合わない人もいて、お肉ガッツリで健康の人もいれば不健康な人もいます。

コンビニ飯だけで健康な人もいますし、オーガニック生活をしながら病気になる人もいたりします。食べ物が細胞と肉体を作りますが、健康を作るのは呼吸と、その人の考え方や心の持ち方が大事だと考えています。
 
ただし、肉食には殺戮が伴いますからアヒムサー(非暴力)の視点では100%反対です。。
 

13年つづけているベジタリアンを辞めることができない理由を語ってみた。
100%菜食生活でも健康で活力がない人はベジタリアンではありません論。
半年で10kg減した「ベジタリアン式ダイエット」をベジ歴13年の僕が教えます。
 

それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!
 
and God bless you!!

 


Sponsored link



堀江貴文 ホリエモン ビーガン 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。