世界ではスロットなどカジノが人気なのに日本は何故パチンコが人気なのか?

新型コロナウイルス蔓延によって発令された緊急事態宣言で、飲食店だけではなく、あらゆるお店が休業に追い込まれていた頃・・・

食料の買い出しのため、ふらふらと外出した時に目にした光景がありました。

ぎっしりと停められた駐車場にはおよそ300台近い車と、行列をつくってOPENを待つ人々の姿です。

県による営業自粛要請もなんのその・・

そのパチンコ店は、パンデミックにもかかわらず大盛況だったのでした。

車のナンバーを見ると、品川、多摩、練馬、足立、八王子・・などなど、県外からわざわざこんな埼玉の田舎まで遠征しにきていたのです。

Sponsored link

感染リスクがあるのにパチンコ店にいく魅力とは何だろう?

メディアでも、パチンコ店こそクラスターが発生する危険性が高い場所であることを、連日のように報じているにもかかわらず、コロナ感染というリスクもなんのその、人々はどうしてパチンコ店に押しかけているのでしょうか?

そこには、僕たちが理解できないメリットが存在するはずです。

しかし、ウイルス感染のリスク(下手すれば感染、さらに重症化!?)をおかしてまで人々が求めるメリットって何でしょうか?正確に言えば、パチンコにハマる人々がメリットと思い込んでいる魅力が、そこにはあるのでしょう。

しかし、世界の流れに逆らっている業界であることは火を見るよりも明らかです。

世界ではオンラインカジノが需要を伸ばしている。

ラスベガスに住んでいる僕の妹の旦那によると、世界有数のカジノ街もロックダウンによって閑散として、まるでゴーストタウンのようだ、という話。

ところが、世界では家に閉じこもった人々が一攫千金を狙えるオンライン上のカジノが大人気となっているとのこと。ウイルスによる社会混乱がつづく欧米では、一般的になっており、さらに日本でも合法で安全なサービスを利用できるようになっています。

興味のある方はぜひ日本でもプレイできるオンラインカジノサイトをご覧ください。例えば、onrainsagi.comでは2020年版の最新情報をチェックできます!
 

オンラインカジノ | ウィキペディア

いずれにしても、僕たちの世界は、新型ウイルスによって大きく変化しています。

生活や仕事だけでなく余暇の過ごした方、趣味にいたるまで、今までの在り方から変わっていく必要に迫られているのは間違いありません。

様々な規制が入り業界全体が縮小しているパチンコ業界の在り方が問われています。

 

▼この記事も読んでみる
・「緊急事態宣言が解除」それは夏休みの終わりに似た寂しい気持ちであった。
・テレワークの気晴らしは合法で遊べるオンラインカジノがおすすめ。

それでは皆さん、素晴らしい人生を

Have a goog day!

and God bress you!


▲このブログで使っているテーマ

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!