映画化「にがくてあまい」ベジタリアン+ゲイな教師と超肉食系OLの同居生活。

にがくてあまい

完全菜食主義者でオーガニックにこだわるイケメン教師「渚」と、美人でオシャレで仕事もできるが自宅はゴミ屋敷で男運が全然ない「マキ」がひょんなことから同居を始めたら?…
 
 
僕(@ka__zz)も大好きな人気コミック「にがくてあまい」が実写映画となって2016年に公開されることになりました!
 
ということで、映画の詳細をまとめてみました。

Sponsored link

にがくてあまい映画化決定!主演は川口春奈さんと林遣都くん

にがくてあまい

ネット配信コミック「EDEN」で人気となり累計60万部を突破した「にがくてあまい」が2016年公開予定で映画化。すでに撮影は終了しているらしい!
 
配役は、ベジタリアンでゲイな美術教師の片山渚に林遣都くん。広告代理店でバリバリと働く美人キャリウーマンながら、男運もなく家は荒れ放題でだらしない生活を送る肉食系OLの江田マキに川口春奈さん。
 
 
川口春奈「にがくてあまい」主演で肉食系OLに!林遣都はゲイのベジタリアン男子に挑戦:映画.com
 
 

ストーリー

アラサーのマキは、美人でオシャレで、仕事もバリバリ、上司の信頼は厚く、後輩からも慕われるデキすぎる女。しかし、自宅はゴミ屋敷で男運もまるでダメ。そして、男色家である事実を隠しながら男子校で美術教師を務めるイケメン・渚。ふとしたきっかけで出会った2人の奇妙な同棲がスタートする。
 
食にうるさく女に興味がない渚と、食に無頓着で男に恵まれない女――こんな2人に恋愛は生まれるのか?
 
このイケメン、美術教師・ゲイ・ベジタリアン・料理男子という、近頃ハヤリの要素を全部詰め込んだ男なんです。しかも、この手の男子にありがちな、なにかにつけて健康と食の大切さを女に説くという鬱陶しい性質も備えているのも見逃せません。
 
 
29-veg-20150814-vegefood(植物性の材料だけで作られたベジタリアンフード)
 
監督は、映画4作目となる草野翔吾さん(@kusanokid)で脚本監修が上田誠さん、脚本は大歳倫弘さんという製作陣。
 

Sponsored link

草野監督プロフィール

 
1984年生まれ、群馬県出身。早稲田大学社会科学部卒業。在学中より長編監督作が一般劇場で上映される。大杉漣や麿赤児らが脚本を読んで出演を快諾した『Mogera Wogura』は、学生映画ながら上映館のレイトショー観客動員記録を樹立。その後、地方各所で上映。
 
2012年公開の長編映画『からっぽ』は、第4回沖縄国際映画祭パノラマスクリーニング部門や、第27回高崎映画祭“若手監督たちの現在”に選出。海外の映画祭でも上映された。
 
近年では映画のみにとどまらず、ミュージックビデオやCMなど、幅広い分野の映像を手がけている。
 
 
草野翔吾ウェブポートフォリオ
 
川口春奈 川口春奈 写真集 『 haruna3 』
 
個人的に注目したいのは、渚が作るベジタリアン料理とオーガニックへのこだわりっぷり。映画でどれだけ渚のベジ料理が表現されるのか注目したいと思います。
 
原作では各話にベジ料理のレシピが掲載されていて、僕の友人も実際にこのレシピで肉まんもどきを作っていたほど実用性が高いコミックでした。
 
 
ということで、2016年の公開が楽しみですね!
 
 

あわせて読んでみる

 
それでは皆さん、よい一日を!
 
Have a good day!
 


Sponsored link



にがくてあまい

共感したらシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhoneSEとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。