イギリスのスーパーマーケットが400店舗で肉と魚の販売をやめた件。

Kazz
子供のころ、給食で肉と魚が出ると、その不味さと気持ち悪さのあまり、どうやって食べずに切り抜けるか?ばかり考えていた好き嫌いが激しい僕(@ka__zz)です、ごきげんよう。
 
そんな僕が実践していた肉と魚を食べない方法は・・①飲み終わった牛乳パックの中に隠して捨てる ②残したパンの中に隠して捨てる ③手の中に隠し持って休み時間に捨てる という食事を粗末にするやり方でした。

ごめんなさいm(_ _)m

まあ、食べても気持ち悪くて吐くので、どっちにしても捨てることになるのでした。

5年生になると率先して放送係になり、給食中に音楽を流すため、放送室で給食を食べることができたのです。先生の監視の目から離れることができたので、もう一人の放送係の友人に肉・魚・ソーセージ・ハムなどをあげていたのでした。

そんな昔話はさておき、イギリスでびっくりする出来事が起きました。

400店舗もある国内第2位の規模のスーパーマーケットチェーンが、精肉と鮮魚の販売をやめたというニュースです。facebookでシェアしたところ、かなりの反響があったので、詳細を調べてみました!
 

Sponsored link

英国第2位のスーパーマーケットチェーンが精肉と鮮魚の販売を廃止。

asda

イギリスから驚くニュースが飛び込んできました!

まずは、このニューストピックを配信したTABI LABOの記事を引用させていただきます。

イギリスのスーパーマーケットで肉や魚が買えなくなるかもしれない。

先日、英国内2番手の大手スーパーマーケット「ASDA」が、精肉と鮮魚コーナーを全400店舗で廃止すると発表。昨年には、イギリス最大手の「Tesco」も同様に、ユーザーニーズと効率化の面から肉やデリの対面販売コーナーをなくすとアナウンスしている。

「ASDA」の既存の生鮮コーナーについては、「Food for Now」と名づけられた新たな食空間へと様変わりする予定。フードコートをはじめ、「Sushi Daily」や「Subway」とパートナーシップを組み、寿司やパイといったすぐに食べられる惣菜も多数ラインナップ。ヴィーガンメニューも豊富に取り揃えられるようだ。

寿司や多国籍料理の人気は高く、消費者の要望を反映させ実現した「Food for Now」。この試みは、既に13店舗で実施されており、2020年末までには150店に拡大する予定。

この流れ、すべては「ユーザーが望んだ結果」ということなのだろうか。

出典:イギリス大手スーパーマーケット「ASDA」が肉と魚コーナー廃止を発表 | TABI LABO

この記事を僕が運営しているfacebookページでシェアしたら70以上シェアされました。

かなりの数字です。かなりの反響です。
 

Sponsored link

記事によれば、イギリスで第1位のスーパーチェーン「TESCO」もすでに鮮魚、精肉の販売をやめている・・ということは、日本で言えば、イオン(1位)とセブン&アイ(2位)になりますから、相当な規模であり、相当なインパクトじゃないですか!

TABI LABOのニュースはざっくりすぎるので少し詳しく調べてみると・・


・ASDAはウォルマート系列のお店
・精肉・鮮魚コーナーをASDA全店舗で撤去
・撤去の理由は顧客のニーズが低くなったため
・代わりに寿司やサンドイッチ、ピザなどのデリ系の販売を強化
・イギリスではとにかく寿司が人気である
・ビーガンフード、ベジタリアンフード売り場の増設
・パック詰めの肉や魚はひきつづき買える

 

もちろん、完全に肉と魚を売らなくなるのではありません。精肉や鮮魚をスーパーで買って、自宅で料理する人が減っていることも理由のようです。
 

出典:undercurrent nwes
出典:Liverpool ECHO
 

▼めちゃくちゃ美味しいビーガンカップ麺

 

ASDAの精肉売り場

ではではイギリスで今、何が起きているかのか?

Sainsbury’sというスーパーマーケットの調査によると・・

・ビーガン製品の顧客キーワード検索が24%増加
・プラントベース製品の売上が65%増加したと報告
・英国の世帯の40%が今年のクリスマスに七面鳥を出さないと報告
・お客の25%が休日はベジタリアン、グルテンフリー、またはビーガンであると回答

出典:One Green Planet
 

うーーん!

プラントベース(植物性)製品の売り上げが65%も増加ってすごい数字です。

日本のスーパーマーケットやコンビニでも植物性や、オーガニックな商品が増えてきたのは、海外のこうした動きが市場に影響を与えているのでしょう。最近では、日清がカップヌードルシリーズ全品をビーガンにしていく宣言や、日本ハムが植物性のハムやソーセージを販売するニュースが話題となりました。

少し前まで、ベジタリアン向けのニッチな市場だったプラントベース食品。

日本でもふつうに買える時代が来ています。
 
僕が最近食べたベジタリアン料理の写真をイッキに80枚ほど公開してみた!
かなりの衝撃だ!日清のカップ麺がビーガンにシフトするって本当なのか?
麺屋武蔵「ヴィーガン塩ラーメン」は時代の流れに逆らう美味さだ!
 

Kazz
僕(@ka__zz)が子供の頃、給食から肉・魚がなくなっていたら、どんなに楽しかっただろうか? 泣きながら無理やり食べさせられたあの日々を思い出します。
 

それでは皆さん、よい一日を!

Have a good day!

and God bless you!!
 

▼かなりオススメのビーガンフード


Sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kazz

カウンセラー・Webディレクター・ブロガー・催眠術士。iPhoneSEとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。