全人類が活用して欲しいmarikoさんのヴィーガンチーズのレシピ本。

先日、フィリピンの山奥で恒例となったヒーリング&瞑想のリトリートに参加して、身もココロもすっきりしてきた僕(@ka__zz)です、ごきげんよう。

 
旅の食事は、機内食もふくめてすべてプラントベース(植物性)100%で、ふつうにお腹いっぱいに食べていたのに(1日3食&夜はお菓子も)、帰国したら体重が減っておりました。

そして体調も抜群にいい!

ベジ飯って最高です!

そんなわけで、今日はヴィーガンチーズのレシピ本の紹介です。

L.A(ロサンゼルス)で活躍をされているヴィーガン&ローフードの料理家marikoさんの著書「乳製品を使わないヴィーガンチーズ VEGAN CHEESE」は、はっきり申し上げてビーガンチーズのバイブルとなるほど素晴らしい内容でした。
 

Sponsored link

乳製品を使わないヴィーガンチーズ VEGAN CHEESE

振り返ること2018年、代々木上原にある庄司いずみベジタブル・クッキングスタジオで行われたイベントで知り合ったmarikoさん。ふだんはロサンゼルスで活躍されている料理家で、ヴィーガン&ローフードが専門です。
 

野菜料理を習うなら庄司いずみ先生のクッキングスタジオがオススメな理由。
 

ヴィーガンとは?植物性100%の料理のことで、

ローフードとは?48℃以下の非加熱な料理のことです。

そんなmarikoさんが出版したレシピ本「乳製品を使わないヴィーガンチーズ VEGAN CHEESE」が、感動的なまでに素晴らしい内容だったので、レビューというよりも激推しさせていたきます!
 

なにが素晴らしいのかというと・・・

・レシピ本自体がスタイリッシュで美しい!
・なのでもう一冊保存版で買いたくなる!
・ふつうのスーパーで売っている材料で作れる!
・ヴィーガン料理の本場L.A仕込みの美味しいレシピ!
・誰でも簡単に作れるシンプルなレシピ!

などなど実用的かつテンションがあがる一冊です。

チーズ好きな人には500%の自信を持ってオススメできる内容です。
 


marikoさんのインスタアカウント。ぜひフォローをしてください。

marikoさんプロフィール

アメリカ・L.A在住。ローフード・プラントベースシェフ・講師。日本女子大学文学部英文学科を卒業後、2005年に渡米。ハリウッドでメイクアップアーティストとして、広告、CM、雑誌、映像等の仕事に携わる。

長年プラントベースの食事法を実践してきたが、L.Aでローフードに出会い、ダイナミックな味だけでなく美肌、健康効果に魅了され、ローフードの虜に。2014年に自身のローフード、グルテンフリー、ヴィーガンのブログ「mariko sakata」を立ち上げ、アンジェリーの達から絶大な支持をうける。

またハリウッド映画「アバター」の続編4作の撮影現場で話題になった業界初となるオールヴィーガンケータリングが導入されたが、そのクルーの一員として携わる。

アメリカのビーガン、ローフード界の重鎮、マシュー・ケニー氏が設立したローフードシェフスクール「マシューケニーカラナリー」で1年半講師を務める。常に満員のビーガンチーズクラスはプラントベースクラスでも指名が殺到するほどの人気に。

メディア取材用のクラスも任され、雑誌「VOGUE」や大手テレビ局などのメディア取材を受けもつ。現在はローフード・プラントベースシェフ、講師、ケイタリング、フードスタイリスト、メイクアップアーティストとして幅広く活動している。

出典:乳製品を使わないヴィーガンチーズ VEGAN CHEESE
 

ヴィーガンチーズを誰でも簡単に作れてしまうのです。

さてさて、本の中身を少し紹介しましょう。

チーズにはいろいろな種類がありまして、チェダー、モッツァレラ、パルミジャーノ(粉チーズ)、クリームチーズなどなど。それらを牛乳や添加物をいっさい使わずに、植物性の材料だけで作ることができます!

それらのチーズを使って、ケーキやタルト、ピザやパスタ、スープやサラダ・・僕たちが大好きなチーズ料理を作れるレシピが満載です。
 

▼ビーガン粉チーズに使う材料(近所にある阿里山オーガニックセンターのもの)

宇宙レベルで美味しいオーガニックなベジバーガー「阿里山カフェ」@埼玉県日高市
 

僕の周囲でもベジタリアン・ビーガンが多数おりまして、みんなチーズ的な味が大好きなんですよね。この頃では、自然食品店やスーパーでも植物性のチーズを買えたりしますが、値段が高かったり、添加物が入っていたり・・なかなか満足できるベジチーズに出会えません。

それならいっそのこと自分で作ってしまいたい!

チーズを心置きなくガッツリ食べてみたい!

って思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。
 


▲このブログで使っているテーマ

昨年(2019年)の夏、ロサンゼルスで瞑想修行の旅をしまして、合間にベジ飯を何軒も食べ歩きました。L.Aは世界的にもビーガン料理の最先端の街であること自分の舌で実感したのです。

ビーガンチーズなのに、まんまチーズの味!

そんなL.Aで活躍されるmarikoさんのレシピですから、その価値は絶大です。

もう一度、言わせていただきますと・・

このレシピ本は間違いなく家宝になるでしょう。

チーズ好きなベジタリアンだけでなく、ダイエット中の女性、カロリーを気にするメタボ予備軍なビジネスマン、そして乳製品アレルギーのお子さんがいるママ。

ぜひ、買ってみてください。
 

 

最後に、このレシピ本で実際にチーズを作ったkazさんのインスタを紹介します!
 

ある研究によると、人間はチーズを食べると幸福ホルモンが分泌されて「しあわせだなあ」って気持ちになるそうです。ところが、よく考えてみるとチーズの原料である牛乳のために牛たちが犠牲になっています。そして地球環境も・・。

幸福の裏にある不幸な現実。美味しいビーガンチーズが世界に広がることこそ、真の平和への近道ではないでしょうか。

 

それでは皆さん、よい一日を!

Have a good day!

and God bless you!!

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!