台湾代表スイーツ「マンゴーかき氷」をビーガン仕様で食べてきた@台北

bigtom

今や台湾を旅する人が求めてやまないスイーツとなった「マンゴーかき氷-芒果冰-」
 
 
先日台北市内を食べ歩いた僕(@ka__zz)。人生初のマンゴーかき氷は想像をはるかに超える美味しさで、2泊3日の旅で2回も食べてきました!
 
今回は、ビーガンでも食べられるマンゴーかき氷とお店の情報をレポートします。低カロリーなのでダイエット中の人にもおすすめです(´¬`)♪
 

Sponsored link

地上101階、高さ509mのビル「台北101」は初めて台湾を旅する人たちにとって必ず行く台北市のランドマーク。
 
 
taipei 101

まずは、マンゴーかき氷をいちばん手軽に食べられるのが89階の展望フロアーにあるアイスクリームカフェ「Bigtom」です。
 
Bigtomは英国生まれ、アメリカ育ちのナチュラルアイスクリームカフェのチェーン店で、台北市周辺だけでも6店舗を展開しています。
 
 
*各店舗の場所はこちら→http://www.bigtom.us/Ourstores01
 

bigtom

通常、マンゴーかき氷はマンゴーが収穫される4〜10月の期間限定スイーツですが、Bigtomでは年中無休で食べることができます。
 
もちろん、収穫時期に食べたほうがフレッシュで美味しいのは言うまでもありませんので、マンゴーかき氷目当てで台湾へ行かれる方は時期を選んでください(´¬`)
 
*マンゴーかき氷の老舗「Ice Monster」→http://www.ice-monster.com/
 
bigtom

・マンゴーかき氷 250元/約1000円→1元3.96円(2015/3現在)
 
今回は一緒に旅をした9人全員がベジタリアン(うち8人がビーガン)だったので、英語通訳の仕事をしているシホちゃんに色々と確認してもらって「練乳抜き」で注文です。
 
 
相当量が多いので3人でシェアしてちょうどいい感じでしたが、あまりの美味しさに秒殺で完食です(´Д`)!
 
 
taxi

というわけで、2日後に再びマンゴーアイスを求めて今度は台北101の近くにあるBigtom翠湖店にやってきました!
 
宿泊したホテル「王朝大酒店」からタクシーで10分、台北101から歩いて12〜13分の場所にあります。
 
 

bigtom

中山公園に面したこのお店、静かで落ち着いて食べられるのでかなりオススメです。
 

Sponsored link

Bigtom 翠湖店

場所:台北市光復南路306號對面(國父紀念館-光復南路出口) 電話:(
電話:02-2345-4213
平均予算:150〜300元(600〜1200円)
営業時間:9:30~22:00
定休日:不定休
駐車場:
アクセス:台北101からタクシーで2分、MRT台北101駅から徒歩12分
 

 
bigtom

店内はこんな感じで落ち着いたカフェになっています。
 
午前10時前、僕らが行った時は店内でドラマのロケをしているところでした。
 
 
mango ice

この日も、練乳抜きで注文。
 
値段は台北101の89階と同じ250元です。
 
ちがいはイートインなのでお皿に盛られていること。
 
*お店によっては氷自体にミルクが入っていて、それをかき氷にしたものがありますから、ベジタリアンの方は注意が必要です。
 
mango ice

ここで僕(@ka__zz)的、マンゴーかき氷の美味しい食べ方を伝授しますと..
 
 

mango ice

マンゴーの果肉、マンゴーかき氷、マンゴーアイスをいっぺんに口に放り込んでください!
 
至福の美味さが全身に広がります(´¬`)
 
 
taipei

旅の最終日、台北の街は雨..
 
マンゴーかき氷を食べて大満足な僕らは美味しいものを求めて次のお店へ。
 
 
taipei101

まだ台湾でマンゴーかき氷を食べたことがない人、だまされたと思って食べてみてください。
 
それでは皆さん、どうかよい旅を!
 
 

Sponsored link


bigtom

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カウンセラー・ライター・ブログ講師・ブロガー・催眠術士   iPhone7plusとMacBookPro11を持ってカフェや旅に出かけたり、インドの聖地巡りをしている。   野菜・穀物・果物・ときどきお菓子で生きる偏食な暮らし。宇宙の真理と気持ちのイイ生き方を追求している。